2013年1月10日 1433号

24ページ

笠岡でシーガルズ応援宿泊プラン
笠岡友の会
2月9、10日のVリーグ
割引特典や市内観光など

岡山シーガルズと河本監督を応援する笠岡友の会(事務局=NPO笠岡島づくり海社、電0865・68・3741)は、2月9日〔土〕、10日〔日〕に笠岡総合体育館(笠岡市平成町)で開かれるV・プレミアリーグ女子バレーボール笠岡大会=ポスター=に合わせて市内への宿泊を誘致しようと、宿泊プランを企画した。

25ページ

おかやま山陽高校
自律館、創生館が完成
創立90周年事業で

おかやま山陽高校(浅口市鴨方町六条院中2069、原田一成校長、電0865・44・3100)は、創立90周年事業として男子寮とスポーツ棟を兼ねる「自律館」と、音楽棟・機械棟の「創生館」を完成した。それに合わせ、12月19日に落成式を開催。1月から使い始めた。

28ページ

カニが具材の恵方寿司を発売
タラバガニの入った「特上」も
福山甲羅本店 節分に向け注文受付開始

潟Pイコーポレーション(浅口市鴨方町六条院中、惠谷龍二社長)が経営するカニ料理店「福山甲羅本店」(福山市南蔵王5-1-8、若杉健太郎店長、電084・971・9188)は、2月3日の節分に向け、具材にカニが入った巻き寿司「恵方寿司」の販売を始めた。今年はオホーツク海産のタラバガニの脚が1本入った「特上恵方寿司」も販売し、注文を受け付けている。


30ページ

大型観光バスも駐車できるかき小屋
クニヒロが尾道の山波
に1月20日オープン

 尾道市に広島県産の牡蠣(かき)を手頃な値段で味わえるかき小屋が1月20日〔日〕オープンする。牡蠣の加工大手、クニヒロ梶i尾道市東尾道15-13、川ア育造社長、資本金9千万円、電0848・46・3994)が、尾道市山波町の大新バス停付近、広島マツダ尾道山波店の東斜め向かいの敷地(約990u)に「かき小屋尾道店」(122u)として開設する。

29ページ
10月に福山で「全日本合唱コンクール全国大会」
中学・高校の75団体が参加
スタッフ含め約5千人が来福
 全国合唱コンクールの最高峰、第66回「全日本合唱コンクール全国大会(中学校・高等学校部門)」が10月26〔土〕・27〔日〕の両日、福山市松浜町の「ふくやま芸術文化ホール・リーデンローズ」で開かれる。各県大会、支部大会を勝ち抜き、優秀な成績をあげた合唱団が一堂に会して日ごろの練習成果を発表する大会で、福山開催は初めて。

 

31ページ
澁谷昇医療優功賞を受賞
福山通運渋谷健康財団
福山医師会・元井センター長
医療・福祉分野で貢献した人顕彰
福山通運の創立者で福山市名誉市民の澁谷昇氏が資金を供出した「福山通運渋谷健康財団」(福山市明神町2-5-22、大田浩右理事長、電084・922・9757)は財団創立20周年を記念しこのたび、医療・福祉分野で貢献した人を顕彰する「澁谷昇医療優功賞」と「澁谷昇福祉功労賞」を設け、第1回目として福山市医師会・診断病理学センター、元井信センター長を医学優功賞に選出した。福祉功労賞は該当者がなかった。

33ページ
尾道流通団地の1工区で35社目が稼働
神明精米の工場完成
中四国地方への供給体制強化
 尾道市北部の尾道工業団地(美ノ郷町)に建設していた叶_明精米(本社・神戸市、資本金4億1700万円、藤尾益雄社長)の中四国工場が完成し12月13日操業を開始した。

38ページ
豊田地所が神辺町に本社移転
フジグラン神辺のサテ
ライト店との連携強化
 不動産業の許L田地所(豊田裕之社長、電084・965・6401)はこのほど、福山市草戸町2から、同市神辺町字道上607-1に本社移転した。昨年6月、同市神辺町の大型SC「フジグラン神辺」に不動産情報提供のサテライト店「スタッフレスショップ福山」を開設しており、利便性の向上で顧客の囲い込みを強化する。