2012年12月01日 1429号

14ページ

衣料や食品ブランド「おはよう」を創設
府中市の恋しきで先行発売
夢笛 FC展開も積極化

福山や尾道、世羅郡や京都市に飲食店10店舗を運営する竃イ笛(福山市霞町1-4-23、橋英樹社長、電084・973・9988)は、備後エリアの素材を使ったユニホームや食品などを「おはようブランド」として売り出す。

15ページ

衆院選出馬の小林氏後援会長に大田泰正氏
大田記念病院の理事長
総括責任者に宮沢洋一議員 

12月4日公示、16日投票の総選挙で広島7区(福山市)から立候補を予定している自民党公認の新顔、小林史明氏(29)の後援会長に大田泰正氏=写真=(46、社会医療法人祥和会・脳神経センター大田記念病院理事長=同市沖野上町)が就任した。

16ページ

「お湯対応カートリッジ」レンタル開始
ダスキン福山
50度までの湯を通せる浄水器
家庭用で11種の不純物除去

ダスキンフランチャイズチェーンの潟_スキン福山(福山市卸町4-15、高橋良太社長、電084・953・6116)はこのたび、家庭用の浄水器で、50度のお湯を通しても、従来の浄水器と同じ除去効果が得られる「おいしい水+お湯対応カートリッジ」=写真=のレンタルをスタートした。


19ページ

facebookをマーケティングに活用
情報の拡散に効果的な方法を研究
福山市立大 渡邊明教授
マッチングの場の提供目指す

福山市立大学(福山市港町2-19-1、稲垣 卓学長、電084・999・1111)都市経営学部の渡邊 明教授(66)=写真=はこのほど、世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)facebook(フェイスブック=FB)をマーケティングで活かす研究を進めている。情報の拡散に効果的な方法を確立することで、広範囲での企業・研究者のマッチングの場を創り、新商品の開発や地域経済の活性化に寄与したい−と意気込んでいる。
21ページ
15日に福山駅前で「まちづくり」の社会実験
「福山の未来づくりワー
クショップ」メンバー
さらに空洞化が懸念される福山中心市街地に、賑わいを創出しようと市が企画した「福山の未来づくりワークショップ」(事務局=福山市役所内商工課、084・928・1037)の参加者約60人は、12月15日〔土〕に駅前活性化に向けて出し合ってきたアイデアを試験的に発信する、まちづくりの“社会実験”を行なう。このワークショップをサポートしているのは、市から依頼を受けた京都造形芸術大学教授で、慨tudio-L代表・コミュニティデザイナーの山崎亮さん。

 

23ページ
衆院選6区は前回と同じ顔ぶれ?! 
新党の亀井、自民党の小島、
共産党の花岡3氏で争う
12月4日告示、16日開票の衆院選で広島6区は亀井静香、小島俊文、花岡たみよの3氏の争いになりそうだ。

26ページ
アジア圏の建築家としてゴールドメダル
大阪府箕面市の建築物で受賞
UID一級建築士事務所
地方の建築家としては唯一
 UID一級建築士事務所(福山市木之庄町3-10-20、電084・927・0136)の前田圭介代表(37)はこのほど、アジア地域17カ国の建築家協会で構成されるARCASIA(アジア建築評議会)主催の「第11回2011−2012ARCASIA建築賞」の一戸建住宅部門でゴールドメダルを受けた。国内7人が受賞し、地方都市の受賞者は前田代表だけ。

29ページ
クリスマスや正月向け商材を拡販
衛生用品のアドバイスにも
モダン・プロ福山店 26日まで特売フェア開催中
 業務用品卸・小売業の潟c_ン・プロ(倉敷市西中新田、佐藤芳之社長)福山店(福山市東深津1-18-45、古城竜次店長、電084・983・3489)は、クリスマスや正月用品の販売に注力する方針を明らかにした。クリスマスケーキ用の焼き型=写真=や、おせち料理向けのプラスチック製重箱などのほか、飲食店向けにインフルエンザの感染や食中毒の防止のため、全店で衛生用品の拡販にもあたる考え。