2012年09月10日 1421号

7ページ

薬剤師が患者の元に薬を配達
「在宅サポート薬局」スタート
「にこぴん薬局」療養上の管理・指導も実施

調剤薬局「にこぴん薬局」を福山市内で12店舗運営している潟Vントミ(福山市田尻町2416、浦隅俊明社長、電084・968・0250)はこのほど、久松台店(同市久松台2-2-13、電同924・0251)に「在宅サポート薬局」を設置し、薬剤師が自宅や施設で療養している患者の元に薬を専用車で配達するなど、薬に関する総合的なサポート業務を本格的に開始した。

10ページ

「生徒や入所者の似顔絵を描きます」
顧客の囲い込み戦略を強化
eライフワークス 松尾社長はキャリア20年


パソコン教室と人材派遣を組み合わせた事業所「ぱるキャリアスクール」やデイサービス事業所を経営している各ライフワークス(福山市神辺町新徳田43-1、松尾泰弘社長、電084・966・8000)は、生徒や入所者の似顔絵サービスなどで顧客の囲い込み戦略を強化する考えを明らかにした。新サービスの英会話講座や、60歳以上のシニア向けパソコン教室、同市向陽町の民家型デイサービス事業所「木漏れ日」での高齢者の泊まりのサービスなどで顧客満足度(CS)を上げ、受注量の拡大を視野に入れる。

11ページ

尾道・浅口両市にメガソーラーを建設
計5メガWで今年度中に操業
福山電業 メガソーラ―部門に進出

太陽光発電などで生み出された再生可能エネルギーを20年間電力会社が固定価格(1kW当たり42円)で買い取る「全量買取制度」が7月1日からスタートし、各地で「メガソーラ―(大規模太陽光発電所)」が稼働・計画されているさなか、産業用太陽光発電システムの販売を展開している福山電業梶i福山市昭和町6-1、島田斉社長、電084・922・6361)がメガソーラー部門に進出し、尾道市浦崎町満越地区と浅口市寄島町新開の2カ所に合計5メガWとなる発電所の建設を計画、今年度中の操業開始をめざす。

14ページ

アクセがパリゴ広島店をリニューアル
15日に国内外のモデル招き
ファッションショーなど催す


広島、岡山県内でセレクトショップ「PARIGOT=パリゴ」を展開する潟Aクセ(尾道市久保1-8-1、高垣圭一朗社長、資本金2千万円、電0848・37・3629)は9月14日〔金〕、パリゴ広島店(広島市中区新天地4-2、電082・504・8411)をリニューアルオープンする。
13ページ
9−10月に「自分力アップセミナー」
穴吹カレッジキャリアアップスクール
やる気が持続する「コーチング」
実学教養講座を開催
穴吹カレッジキャリアアップスクール(福山市三之丸30-1福山駅構内さんすて福山3F、電084・991・0250)は9−10月、実学教養講座を開く。
 

15ページ
ビジネスフェアへの参加募る 
しまなみ信金など県内4
信金が11月に広島で開催
 しまなみ信用金庫(三原市港町1-8-1、出雲 智理事長、電0848・62・7113)は11月13日〔火〕に広島グリーンアリーナ(広島市中区基町)で「第7回信用金庫合同ビジネスフェア」を開催するのに合わせ、来場(商談予約)企業を募っている。

17ページ
椅子に腰かけたままで全紙が書ける
紙をローラーで送り出す新発想
小川工芸 大都市圏の展示会で注目集める
 木工家具製造の小川工芸求i府中市父石町61、小川 晃社長、電0847・41・6474)はこのほど、全紙のサイズでも椅子に腰かけたままで書ける机「楽に書(らくにしょ)」を開発し、全国の書道家から注目を集めている。

19ページ
共著で「ラオス成長企業」を出版
有望25社を厳選して紹介
中川秀彦さん「原石」が眠っている可能性大
 07年に浅口市鴨方町からベトナム・ホーチミン市に一家6人で移住し、経営コンサルタントとして活躍している中川秀彦さん(本誌「なかさんの基礎講座」執筆者)はこのほど、コンサルタント会社の潟uレインワークス(本社・神戸市)と共著で「ラオス成長企業」を鰍ゥなりあ書房(本社・東京)を通じて出版した。

20ページ
学生が手掛ける結婚式のカップルを募集
穴吹ビューティ専門学校
「プレシャスウエディング」計画
来年2月に企画・運営
 学校法人穴吹学園・穴吹ビューティ専門学校(福山市入船町2-2-3、電084・973・3448)は、2013年2月にブライダルコーディネーター学科の学生たちが企画・運営する結婚式「プレシャスウエディング」を計画している。そこで挙式するカップルを募っている。

21ページ
岡本知高や錦織健が出演
今秋、ソロプチミスト福山と
ローズ福山がコンサート開催
 女性の国際的なボランティア奉仕組織、国際ソロプチミスト福山とローズ福山は、それぞれ今秋、日本を代表する声楽家のコンサートを福山で開く。
、小島光信社長、電084・953・5391)はこのほど、広島−横浜線の高速乗合バスの1往復を増便し、新型車両2台を導入した。夜行バス「ドリームスリーパー」(愛称)と名付け、完全個室制で従来にない快眠性や居住性を重視しており、翌早朝から勤務に向かうビジネスマンやプライバシーを重視したい女性客など新規需要の掘り起こしを狙っている。