2011年11月20日 1393号

7ページ

iPadを利用した販促システム
動画とのリンクも可能
青葉印刷 印刷物など総合的な提案も

印刷、広告業の青葉印刷梶i福山市曙町2-11-25、松浦秀明社長、電084・957・2222)は潟Cー・ネットワークス(岡山市北区大内田、柚木久生社長)と共同で、アップル社の携帯端末・iPadを利用した営業販促支援サービスを開発、販売を始めた。従来、iPadを使ったカタログ書籍の電子化サービスはあったが、商品写真と説明用の動画をリンクさせるなど、営業ツールとして、幅広い業種からの需要を見込む。

10ページ

12/11にサンパルHで「夢の弦楽三重奏演奏会」
N響の第一コンマスらが出演
約20年間地元オケを指導

約20年間、アマチュア・オーケストラ「サンパルオーケストラ」を通じて福山市沼隈町民と交流を深めているNHK交響楽団(N響)などの団員による「夢の弦楽三重奏演奏会」が12月11日〔日〕午後3時から「福山市沼隈サンパルホール」(同市沼隈町草深1890-4)で開かれる。同所にある福山勤労福祉・文化振興会(駐c 皓代表=福山市長、電084・987・1866、)が福山市制施行95周年を記念して企画。

11ページ

京都市内に「魚々家むてき」を出店

主要ブランド店のFC視野に
夢笛 他県への進出を積極化

福山や尾道、世羅郡に飲食店を展開する竃イ笛(福山市霞町1-4-23、橋英樹社長、電084・973・9988)は11月10日、京都市中京区に、鮮魚料理をメーンにした居酒屋「魚々家むてき京都店」(電075・253・0280)をオープンした=写真。直営店としては初の他県進出。

12ページ

歯元曲げ強度・歯面強度に優れた新型歯車を開発
日本発明振興協会が高評価
府中の宮奥エンジニアリング
軽量小型化・長寿命・低騒音で高効率

船舶艤装設計に携わってきた宮奥エンジニアリング(府中市元町445-1府中商工会議所3階、宮奥 勉社長、電0847・61・3739)は広島県立東部工業技術センターと共同で新歯形歯車を開発した。09年に国内、今年米国の特許を取得。08年にひろしまベンチャー育成賞(金賞)を受賞、日本発明振興協会からも発明研究奨励金が交付されるなど注目されており、同歯車を機器に使用する、もしくは歯車を製造する企業を探している。
14ページ
自社サイトを「かぐや堂本舗」に
デザートや防寒グッズも販売
ケンソニック 楽天サイトもリニューアル
工業用刃物、竹関連雑貨製造販売のケンソニック梶i井原市木之子町5267-12、河合俊道社長、電0866・63・0818)は、竹の入浴雑貨などを販売する自社サイトを「かぐや堂本舗」にリニューアルした。新たにデザートや防寒グッズなどもラインナップに加え、充実した商品群で需要の開拓を目指す。
 

15ページ
ショールームを地域住民のイベントに開放
カーズ店西側に展示場開設
ABC 27日にイベントを開催
 自動車販売業の晦BC(福山市津之郷町津之郷13-1、佐藤和由会長、佐藤和伸社長、電084・952・3003)が「ABCカーズ店」(同所)西側に整備を進めていたショールーム(68u)と新車展示場(350u)が11月27日〔日〕にオープンする。

17ページ
27日に不動産オーナーのためのセミナー
池永経営会計
財産の守り方など伝授
講師は「不動産のプロ」と「税理士」
 税務・財務相談、経営サポートを手掛ける「池永経営会計税理士法人」(福山市王子町1-2-24、池永 章所長、電084・931・1428)は11月27日午前10時から正午まで、不動産の有効活用を考えている人、不動産収入がある人を対象とした「不動産オーナーのための財産の守り方、残し方」セミナーを開く。

19ページ
シネコン対応の自動券売機を備後初導入
smoovie(スムービー)
エーガル8シネマズ
8スクリーンにD映写機設置
 潟tューレック(福山市笠岡町4-4、藤本慎介社長)が経営しているシネマコンプレックス=シネコン(複合映画館)「エーガル8シネマズ」(同市神辺町新道上2-10-26・フジグラン神辺3階、石井照久支配人、電084・960・0084)はこのほど、シネコン対応の自動券売機「smoovie(スムービー)」を備後で初めて導入し、2台を設置した。

21ページ
「低被ばくで鮮明な画像を」
世界最先端のCTシステム
三原市の土肥病院が導入
 〔医〕清幸会土肥病院(三原市城1-14-14、土肥俊一郎院長、電0848・64・1212)は「AIDR 3D」と呼ばれる最新鋭のCT画像診断システムを導入した。

22ページ
金属の代替できる高強度樹脂製品を開発
フルオートメーション化で高効率化実現
府中プラ多品種・小ロットからの生産も
 府中プラ梶i府中市鵜飼町800-132、宮奥章治社長、電0847・41・3659)はこのほど、最新モデルの射出成形機を導入。これにより、宮奥 哲専務(41)が思い描いてきた高効率的生産管理システムが構築できた。