2011年11月10日 1392号

14ページ

駅家町服部に農業のテーマパーク
「ほたるの里ファーム」開設
はっとりほたるの里
「夢笛」創業者の桐島氏が設立

農産物生産、自然をコンセプトにしたテーマパーク運営の、はっとりほたるの里梶i福山市駅家町服部本郷1266、桐島正充社長=顔写真、電084・978・0236)が本格稼働を開始した。

15ページ

震災後、太陽光温水器の受注増加
昨年比2倍の受注量に
寺田鉄工所 福山市などは補助金も

産業機械製造の且專c鉄工所(福山市新浜町2-4-16、寺田雅一社長、電084・953・0556)は真空管式太陽熱温水器の販売が増加傾向にあるという。東日本大震災で再生可能エネルギーが再度着目され、福山市が太陽熱利用の温水器の購入費に補助金を出すなどを背景に、昨年比2倍の売れ行きを示した。

16ページ

バリアフリーで広い治療室

得意の義歯などで活況
ひらち歯科が開業1周年

ひらち歯科医院(福山市木之庄町1-12-38、平地正茂院長、電084・924・3718)は11月に開業1周年を迎えた。女性や高齢者に対する配慮が行き届いている−と評判で活況を呈している。

17ページ

地元企業と協力して独自の縁起物を作成
境内の土で染めた帆布袋など
シンコー
佛通寺特別拝観の23日まで販売

衣類の染料や木工の接着剤などを販売するシンコー梶i福山市胡町2-6、岩瀬茂揮社長、電084・923・0656)は、紅葉と達磨大師で有名な臨済宗の名刹・大本山佛通寺(三原市高坂町許山22、電0848・66・3502)の縁起物を作成=写真。11月23日〔水・祝〕までの秋季特別拝観に合わせて境内で販売される。
18ページ
高齢者福祉の総合デパート
誠和が高齢者総合ケアC「き
ららラポール西御所」開設
尾道市で高齢者福祉事業を総合的に展開する叶ス和(尾道市新浜1-9-22、開原洋示社長、電0848・23・7134)は、新たな施設である「高齢者総合ケアセンターきららラポール西御所」(西御所町13-30)を12月オープンに向け準備を進めている。
 

19ページ
跡継ぎは元プロ野球選手
「サイクルハウスケンズ」
スタッフの清水章夫さん
 跡継ぎは元プロ野球選手−。10月7日、福山市西町から三吉町1-4-6に移転した「サイクルハウス ケンズ」(電084・922・2082)に、横井謙児代表(63)の義理の息子で、プロ野球・北海道日本ハムファイターズ、オリックスバファローズで技巧派左腕として活躍した清水章夫さん(36)がスタッフとして加わった。1955年頃創業の福山市内の老舗自転車販売店で、清水さんは、ゆくゆくは3代目店主となる。

20ページ
カラス撃退装置と苗植えスコップを開発
カラスの天敵ハチに着眼
内海園芸の金高代表が発明
 内海園芸(福山市内海町イ1889、金高良樹代表、電084・986・2348)はカラスに対する農作物被害防止の装置や、苗植えが容易にできるスコップの2商材を開発した。同園芸はアヤメ科「ジャーマンアイリス」の栽培・販売が中心だが、将来的に主力商材の1つに育てる方針。

21ページ
「JAPANブランド育成支援事業」に認可
保命酒を海外マーケットに提案
12日までフランスと韓国視察
 日本最古のリキュールと言われている福山市鞆町の漢方酒「保命酒」を世界ブランドに−。福山商工会議所が中心となって保命酒と、その関連商品を「保命酒商品群」として、海外マーケットに積極的に提案するため、11月4日−12日にハーブや漢方とリキュール文化のあるフランス・パリと韓国・ソウルで視察事業を実施、成果が期待されている。

25ページ
神辺店をフジグラン南側に移転
12/1リニューアルオープン
洋菓子の白ばら 旧店舗は15日まで営業
 洋菓子の株窒ホら(福山市御門町2-3-19、三好浩章社長、電084・922・0811)は、神辺店(同市神辺町十九軒屋253-2、電同963・7452)を12月1日〔木〕に、フジグラン神辺店南側の同町新道上3-21-1(電同)に移転リニューアルオープンする。

29ページ
ウィーンフィルの首席奏者らが来福
17日に妙政寺の本堂で演奏
1600年代初期に建立
 二代目福山藩主、水野勝俊公の菩提寺「香華院 中本寺」として1573年頃に創建された日蓮宗「長久山 妙政寺(みょうしょうじ)」(福山市北吉津町1-6-7、宇根海静住職、電084・923・6917)は、世界最高峰・ウィーンフィルハーモニーのクラリネット首席奏者、ペーター・シュミドールさんらを招き、11月17日〔木〕午後2時から本堂で「ウィーン・ピアノトリオ演奏会(大震災チャリティー演奏会)」を開く。