2011年10月10日 1389号

10ページ

「ピンクリボンキャンペーン」を実施

乳がん予防の食事もアドバイス
ファシオール スタジオで無料受講も

「美と健康の総合ビル」の「トータルビューティスパ・ファシオール」(福山市松浜町3-7-42、電084・927・1848)は、10月を乳がん早期発見の啓発と予防アドバイスの強化月間として、オーガニックのトップブランド「アヴェダ」とタイアップし、「ピンクリボンキャンペーン」を実施している。

11ページ

「ビデオコンペティション」でグランプリ
欧州白内障屈折手術会議で受賞
三好眼科院長と副院長
周南市広田眼科院長と共に

白内障の手術で世界レベルにある医療法人節和会・三好眼科(福山市大黒町2-39、電084・927・2222)の三好輝行院長と吉田博則副院長は、山口県周南市にある広田眼科の広田 篤院長と共にこの9月、オーストリア・ウィーンで開かれた第29回「ヨーロッパ白内障屈折手術会議ビデオコンペティション」でグランプリ(最優秀賞)を受賞した。

12ページ

テンパル機の部屋にフリータイム導入

マージャンクラブ会議室
開店16周年特別企画
昼零時から深夜零時が一室8千円

泣eィムスコーポレーションが経営している、完全個室の「マージャンクラブ会議室」(福山市曙町3-5-30、電084・957・1666)はこのたび、開店16周年を迎えた。周年特別企画として昨年、普通機の部屋にフリータイム制を導入したが、今年は、点数の自動計算システムが付いた「テンパル機」を設置した部屋に、フリータイム制を導入した。

13ページ

オーダースーツ販売会・採寸フェア
タンデム
15、16日ザート店内で開催
イタリア直輸入生地使い国内縫製

アパレル生産・企画の潟^ンデム=TANDEM(福山市春日町5-2-44-204、電084・945・0722)は10月15日〔土〕、16日〔日〕、オーダースーツの店「ザート(ZART)」(同市笠岡町4-1-2F、坂本真実店長、電同926・0088)と「ジャンパブロ」(広島市八丁堀)合同の「オーダースーツ販売会・採寸フェア」を、ザート店内で開く。
14ページ
「防音機能に優れている調音パネル」と評判
「ルームクリエータ」を販売
サンエイ 正規代理店として登録
OA機器販売の潟Tンエイ(福山市手城町2-1-19、武田聡樹社長、電084・922・6190)はこのほど、防音機能に優れているという調音パネル「ルームクリエータ」の販売に乗り出した。従来の防音・遮音材と異なる構造による特殊な機能や設置費用も安く済むことなどから、多くの事業所・施設から強い関心が寄せられているという。
 

15ページ
中国地方初の路面自転車店を福山に開業
「イオンバイク春日店」
ウェアやパーツなども充実
 イオングループはこのほど、自転車専門店「AEONBIKE(イオンバイク)春日店」(福山市春日町3-2-28、小野裕雄店長、電084・948・6070)を中国地方初の路面店として開業した。同店を足がかりとして、今後、中四国で40−50店舗を展開する計画。

17ページ
男の料理教室が生んだ男の料理酢
ゆきひろ主催の教室で
開発し直営店舗で販売
 鰍艪ォひろ(尾道市栗原町5378、行廣貞子社長、電0848・24・0123)は「男の料理酢」と名付けたユニークな商品を開発し、この秋から自社が展開するスーパー「ゆきひろMATE店」などで販売する。

20ページ
塾などを併設した学童保育所
来年初旬、福山市内に開設
ジョイナス11、12月に市内で説明会
 小学生を対象にした学童保育施設運営の潟Wョイナス(福山市神辺町湯野289-2、岡崎芳己社長、資本金800万円、電084・960・0051)は来年1・2月を目途に、福山市内で、塾とカルチャースクールを併設した民間学童保育施設「ジョイナス」を開設する。小学生を対象に、最長午後9時まで学習習慣や礼儀、コミュニケーション力などの指導をするほか、算数や国語、武道などのカルチャー教室も開講する。塾とカルチャースクールを併設する学童保育施設は県内では初めてという。

21ページ
高齢者専用賃貸住宅などを開設
「デイサービスあ〜むす」
オックスリバー 総合的なケア体制を拡充
 介護事業のオックスリバー梶i福山市神辺町下御領1348-10、渡辺忠三社長、電084・965・1188)は事業規模拡大で、10月3日、同所1階部分に、高齢者向け専用賃貸住宅と居宅介護支援事業所、デイサービス事業所を開設した。3年前から、同所2階部分で、小規模多機能型居宅介護施設を運営しており、新たに設けたケアプラン作成などの居宅介護支援事業所で、高齢者向け賃貸住宅や小規模多機能サービスなど、利用促進を図っていく。

22ページ
東手城HCMに昭和レトロなデイサービスC
大浴場に鞆の浦の壁画完成
サンキ・ウエルビィ 13−16日に内覧会も開催
 居宅介護サービスなどを展開するサンキ・ウエルビィ梶i本社・広島市、木村 博社長)は、医療と健康の複合施設「東手城ヘルスケアモール」(福山市東手城町1-3-11)の医療テナントに、「昭和レトロ」をテーマにしたデイサービスセンター(電084・953・6301)を開設。「昭和の湯」と名付けられた大浴場(12u)にも銭湯らしく壁画を描こう−と、日本に2人しかいない銭湯背景画家の中島盛夫さん(66)を招き、9月末に公開ペインティングを催した。