2011年5月10日 1374号

5ページ

駐車場照明を積極的にLED化

家庭や企業の屋外照明も受注
タムラ産業 マンション駐車場メンテも

無人駐車場システム装置の設置・管理で地場大手のタムラ産業梶i福山市御門町1-12-3、田村敏治会長、電084・925・3525)は、昨年から自社運営の「TSパーキング」「iパーク」(25カ所、計280台収容)で進めている照明のLED(発光ダイオード)化を積極的に行う一方、一般家庭や企業向けに屋外照明の受注も開始した。

9ページ

市場規模見込み、海外戦略を積極化
中国富裕層に青汁の需要増
こだま食品 モンドセレクションで金賞

乾燥野菜メーカーのこだま食品梶i福山市駅家町法成寺1575-9、児玉昌造社長、電084・972・7777)は中国や欧州に向けた青汁などの販売に力を入れる。
 既に中国の現地法人・中国上海児玉食品有限公司(本社・上海市、児玉達朗董事長)が中国のテレビショッピングを通じ、粉末青汁の販売を開始、さらに欧州に向けても商談会などを活発化させる。国内市場が縮小する中、大きなマーケットとされる中国、ベトナムなど東アジア諸国を中心に、欧州など海外に活路を見出した。

12ページ

「激しい揺れに、観念した」

名取市で大地震に遭う
創建ホーム社長の山本さん

カープ選手のCMで知られる住宅メーカーの創建ホーム梶i竹原市中央4-7-3、電0846・22・8555)。社長で竹原商工会議所会頭を務める山本静司さん(64)=写真=は宮城県名取市で東日本大震災に遭遇した。恐怖の体験とその後の顛末を語ってもらった。
 同社は名取市相互台東に宅地500区画を整備。団地内に仙台支店を設け、営業などの人材確保に努めている。3月11日は支店で来春卒業予定の学生80人に会社説明していた。その最中の午後2時46分、突然、グラグラッと来た。


13ページ

ジェラートで所得の倍増目指す

移動販売と卸売を展開
神辺 障害者作業所のバク

多機能型事業所「ゆめサポート・バク」(福山市神辺町東中条末友301-6、池田真吾施設長、35人、電084・960・2256)は、オリジナルジェラート(氷菓)の製造販売に乗り出した。佐世保バーガー「カーネギー55神辺店」(同町十三軒屋)での移動販売=写真=や飲食店への卸売を通じてファンを増やし、通所作業者の所得倍増を図る。
17ページ
ワウハウス 屋上庭園付き木造住宅を展開
木之庄町にモデルハウス完成
14、15、21、22日に見学会開く
分譲住宅建築、販売のワウハウス梶i福山市南蔵王町6-12-22、藤井義男社長、電084・940・5570)は、屋上庭園を備えた木造住宅「SOLAE(ソラエ)」の販売展開を始める。手始めに、同市木之庄町5丁目の分譲地「ワウタウン木之庄」内に、モデルハウスを建築しており、5月14日〔土〕、15日〔日〕、21日〔土〕、22日〔日〕に完成見学会を開く。
 

20ページ
県内初、仙養ヶ原にオープン
災害救助犬の訓練施設
ドッグランや喫茶室を併設
 広島県初の災害救助犬訓練センターが4月13日、神石高原町上豊松の仙養ヶ原ふれあいの里にオープンした。愛犬を放せる「ドッグラン仙養」やペットを同伴できる喫茶室「ドッグカフェ シモンズ」を併設、運営するピースウィンズ・ジャパン(PWJ、本部・東京都、大西健丞代表理事)ではペット愛好家に利用を呼びかけている。

22ページ
ベッチャーラーメンが連続金賞
モンドセレクションでY
MGのつけ麺も同時に受賞
 弁当、介護食製造の戯MG(尾道市東尾道15-13、井口友稀社長、電0848・20・2586)が尾道の新たな名物として08年11月に発売した「尾道ベッチャーらーめん」が昨年に次いでモンドセレクション金賞を受賞した。さらに同じブランドで販売している「ベッチヤーつけ麺」が新たに金賞に輝いた。

23ページ
「初代社長が守り続けてきた伝統の味を継承」
磯辺和孝氏が社長に就任
洋菓子のドルセ 本場・ベルギーで研鑽積む
 洋菓子の泣hルセ(福山市三吉町3-9-25、電084・925・3840)は、このほど行った役員交代で磯邊敬子社長は会長に就き、シェフパティシエの磯辺和孝氏(36)が社長に就任した。

26ページ
藍の葉を叩き染めしたハンカチ
福山ばら祭で実演販売
サンクチュール 叩き染めの新技法を確立
 繊維製品縫製業のサンクチュール求i福山市神辺町新徳田2-272、原田新作社長、電084・963・8913)はジーンズの染料の一種・藍の葉を使った独自の染色技術を確立し、商品化に向けた動きを活発化させている。

29ページ
地域活性化めざし独自の活動を開始
元町協栄や福山駅前商店会
カフェなどの出店者を募集
 大震災発生と景気低迷という逆風の中、福山の中心街では今春、複合型商業ビル「アイネスフクヤマ」のオープン、宮通りの電線地中化工事・道路整備工事が完成した。それらの動きを受けて、天満屋福山の地権者で構成する元町協栄と、福山駅前西地区の商店主らでつくる福山駅前商店会が地域活性化をめざして独自の活動を開始した。