2011年4月1日 1370号

7ページ

来年、矢掛町にイオンが進出か

矢掛町川面地区が活性化へ
近隣にマルナカやコメリ

流通大手のイオン梶i千葉市美浜区中瀬、岡田元也社長、電043・212・6061)は来年を目途に国道486号線沿い、小田郡矢掛町西川面地区=写真=にスーパー「イオン」を出店するもよう。地元食料品スーパー「マルナカ」やホームセンター「コメリ」、ダイヤクリーニングなどがあり、この地区の活性化が期待される。

8ページ

“欧州の貴婦人”でお越し下さい
豪華な送迎バスを導入
南蔵王町のジラソーレ 4月中は3割引に

美容室ジラソーレ(福山市南蔵王町1-8-20、中村 元店長、電084・927・0080)がユニークな集客作戦を展開している。送迎用に導入したサルーンバスがそれで、“欧州の貴婦人”と呼ばれるオリエント急行をイメージした車体やゴージャスな内装から、「お姫様気分になれる」と女性客に受けている=写真左。

9ページ

8日からバートルに社名変更

ブランド力で市場開拓
クロカメ被服 カジュアル感が受ける

作業服主力のユニホームメーカー、クロカメ被服梶i府中市鵜飼町19-1、大崎勲一社長、電0847・45・1611)は4月8日、潟oートルに商号変更する。カジュアル需要も開拓している人気の自社ブランドを社名に用いることでイメージを一新し、売り上げの増大を図る。


12ページ

木材がエネルギー源の燃料ガス生成装置

東根製作所が開発しひろしま
ベンチャー交流サロンで発表

ベンチャー企業支援などを行っている〔財〕ひろしま産業振興機構(広島市中区千田町3-7-47、電082・240・7701)は3月23日、広島県情報プラザで「ひろしまベンチャー交流サロン」を開き、本誌の関係地域から尾道市の挙訣ェ製作所(尾道市向島町5198、東根秀幸社長、電0848・44・1393)が参加して「木材をエネルギー源とした燃料ガス生成装置」=写真上=について発表した。
3ページ
「安視ん君・進化版」を開発
プロテック 東京のショーでも強い関心
防災・防犯システム設計・施工の潟vロテック(福山市南蔵王町6-17-8、永井健三社長、電084・943・6444)は東京、大阪、福岡など8都道府県に計500台以上設置されている録画一体型防犯用カメラ「安視ん君(あんしんくん)」の「進化版」を開発、3月8日−11日に東京ビッグサイト(東京)で開かれた「SECURITY SHOW(セキュリティ・ショー)2011」でも強い関心を集めたという。
 

13ページ
加計学園50周年記念館の資料館をプランニング
ハイテクとアナログ手法駆使
アートテレビ 企業資料館の企画・制作も
 映像・通信・マルチメディアの制作会社、潟Aートテレビ(福山市港町1-13-8、丸川眞佳社長、電084・920・1122)は、学校法人加計学園(岡山市北区理大町1-1、加計孝太郎理事長、電086・256・8404)が同所で建設中の「創立50周年記念館」の目玉となる1階の資料館の総合プランナーとして携わり、企画・施工・展示・映像制作を担当している。
14ページ
広島県内の若者の就業を支援
2カ月の研修を経て派遣
パソナ岡山 紹介予定派遣の形態で
 総合人材サービス大手の潟pソナ(東京都千代田区大手町、南部靖之社長)は広島県(湯崎英彦知事)が主体となって進める広島県在住の若者の就業支援のため、県内の大学や高校、専門学校などの今年3月の卒業予定者や卒業3年以内の若者の就業支援事業を受託した。備後エリアは主にグループ企業の潟pソナ岡山(岡山市北区駅元町1-6・岡山フコク生命駅前ビル、炭田信明社長)が担当し、県内企業への就業支援体制を強化している。

15ページ
「街ごと歴史博物館プロジェクト」スタート
福山城や駅前の歴史など表現
福山駅前商店会 「あかつき」店頭に写真展示
 4月1日〔金〕にグランドオープンする複合大規模ビル「アイネスフクヤマ」に対応しながら、10年後の駅前西地区街づくりについて方向性を考えるプロジェクト「未来につなぐ街づくり」に取り組んでいる福山駅前商店会(三宅國裕会長、会員約60人)は、その第一弾として「街ごと歴史博物館プロジェクト」をスタート。このほど「本格的理容室あかつき」(福山市三之丸町8-20、オーナー・横溝誠さん、電084・926・1500)の店頭に福山城や福山駅前、同店の歴史を写真で表現した展示(3m×0・9m)を公開した。

17ページ
地震発生1週間で保護者約65万人に発信
連絡網システム「ラインネット」
コアシステムズ 首都圏などで威力発揮
 潟Rアシステムズ(福山市南蔵王町3-5-10、都築邦昭社長、電084・927・3550)が開発した生徒、学校・塾、家庭間の携帯電話メール連絡網システム「ラインネット」が、「東日本大震災」の影響を受けた首都圏などで大きな威力を発揮した。

19ページ
18日から「会社にお金が残る経営塾」
池永経営会計
業種別の具体的セミナー
対象は会社経営者・幹部
 税務・財務相談、経営サポートを手掛ける「池永経営会計税理士法人」(福山市王子町1-2-24、池永 章所長、電084・931・1428)は4月18日〔月〕から、会社経営者・幹部のための業種別「会社にお金が残る経営塾」を、同事務所向かいのソクラテスホールで開く。時間は午後6時半から8時まで。会費は1回3千円(同事務所顧問先は千円)。定員20人。