2011年1月20日 1363号

3ページ

一部分譲面積1uに分割、価格も17万円〜

「福山市内で一番低価格」
箕島霊園メモリアルパーク
シャワートイレも完備

「岡田石材グループ」の「石のオカダ」(福山市新涯町5-4-39、岡田聖会長、電084・953・3224)は、昨年夏に完成した公園墓地「箕島霊園メモリアルパーク」(同市箕島町南丘399-53、電同953・4194)を求めやすくするため、300区画のうち一部を分譲面積1uに分割、価格も17万円からにした。福山市内で一番低価格だという。

7ページ

一般家庭や工場でもイチゴの栽培OK!

水耕栽培と専用基盤材を利用
ブレイン
異業種からの参加も呼び掛け

イベント、展示会などの企画・運営会社、潟uレイン(福山市春日町吉田999-1、定藤玲紫社長、電084・941・0514)は「ストロベリー事業部」(プロジェクトリーダー=大久保裕美・取締役、同マネージャー=水田真衣子さん)の事業を本格的に開始した。一般家庭や工場でもイチゴが栽培できる技術を確立したためで、異業種からの参加など幅広い企業とのタイアップも求めている。

8ページ

大田市会議員夫妻が元遊郭「清月」を取得

鞆の将来を考える交流の場に
2月に新施設としてオープン

昨年11月、福山市鞆町鞆にオープンした話題の高級旅館「汀邸(みぎわてい)遠音近音(おちこち)」の向かいにある元遊郭「清月」が改築され、2月末にも新施設としてオープンする。


9ページ

3/7紅白ものまねバトルディナーショー

ニューキャッスルホテル
ダンシング谷村、しのぶちゃんら
そっくりさんタレント7人が一堂に

ホテル、飲食、不動産、印刷業の潟xッセル(福山市南本庄3-4-27、澁谷 誠社長、電084・920・1155)が経営する「福山ニューキャッスルホテル」(福山市三之丸町8-16、山足ョ道執行役員総支配人、084・922・2121)は3月7日〔月〕、福山初となる「爆笑紅白ものまねバトルディナーショー」を開く。

10ページ
世界初!! もち麦こだわり石鹸
無添加で保湿力が高い
アグリ
関連商品を積極開発
農業生産法人の泣Aグリインダストリー(福山市川口町1-16-35、岡田吉弘社長、電084・953・2817)は、こだわり石けん「もち麦モチッと洗顔」を開発した。もち麦の高い保湿力を活かした石鹸は世界初という。
 

12ページ
尾道駅前にもお目見え
オイスターロード構想に
沿ってカキ小屋がオープン
 カキ加工の業者クニヒロ梶i尾道市東尾道15-13、川?育造社長、資本金9千万円、電0848・46・3994)が、広島県(湯崎英彦知事)が推進する「瀬戸内・海の道構想」の実証事業として開設したもので「県内の特産品であるカキを手軽な値段で食べてもらい、その食文化を郷土に広めよう」との狙いで、オイスターロード(カキ街道)構想に沿って道の駅のように各地に開設中である。
13ページ
電気自動車のカーシェアリング
尾道では丸和石油が充電設備
と車を導入してサービス開始
 丸和石油梶i尾道市東尾道5-10、横山 洋社長、電0848・20・2158)は電気自動車(EV)のカーシェアリングサービスを始め「EVの性能を身近に感じてください」と利用を呼び掛けている。
14ページ
福山ピカデリー劇場
アニメのグッズ店オープン
京アニのキャラ商品を販売
映画との相乗効果狙う
 潟tューレック(福山市笠岡町4-4、藤本慎介社長、電084・924・1820)が経営する映画館、福山駅前ピカデリー劇場(同市伏見町4-33、よし國由美子支配人、電同923・6800)は1月15日、館内にアニメのキャラクター商品を販売する「アニキャラショップ ピカ☆ニメ」をオープンした。

17ページ
2/17を「千切り大根の日」に制定
料理レシピコンテストを開催
こだま食品
主力商材を「広告塔」に
 乾燥野菜メーカーのこだま食品梶i福山市駅家町法成寺1575-9、児玉昌造社長、電084・972・7777)は主力商材の千切り大根のさらなる普及を目的に、日本記念日協会(長野県)へ2月17日〔木〕を千切り大根の日と申請、認定された。認定を記念し、千切り大根の料理レシピを競うコンテストを開催するなど、主力商材を広告塔に他製品との相乗効果を期待する。

19ページ
適切なリハビリで生活動作改善
あしたばの家
終末期ケアに取り組む
通所介護、訪問介護も受付
 NPO法人・ミニ介護ハウス「あしたばの家」(福山市神辺町東中条2429、佐藤純子代表、電084・967・0480)はこのたび、ターミナルケア(終末期ケア)に本格的に取り組む。