2011年1月10日 1362号

4ページ

「不要車を海外販売してみませんか」

車両の海外輸出事業を展開
アップルパワーデザイン 「一種の財テク」と需要

車両販売、ホームページ制作、写真撮影事業などの潟Aップルパワーデザイン(福山市春日町6-2-33、藤井 昌社長、電084・983・0038)は経営体質強化の一環として、国産中古車の海外販売事業に力を入れている。既に海外20カ国に販路を確立し、車両を保有する一般消費者に向け、海外へ向けた車両販売の仲介業務を推進している。同社によると、先進国へはスポーツカー、後進国にはファミリーカーなどの需要があり、国内の消費者は一種の財テクになるという。

28ページ

社員自ら社歌を制作、レコーディングも

「社員のための応援歌」
ミムラ時計店 イトーヨーカドー店を改装

会社のイメージアップや、社員を鼓舞するための歌「社歌(しゃか)」。2013年に創業100周年を迎える時計・宝石販売の老舗、潟~ムラ時計店(福山市笠岡町1-10、三村真二社長、電084・923・0899)はこのほど、社員自ら社歌「ミムラ社員のための応援歌」を制作、さらに社員が歌うCDも完成させた。社員が集まるイベントや研修会で歌い、社内の一体化を図る。

33ページ

ミズノオープンの開催決まる

石川遼くんも来る?
JFE瀬戸内海GC 開催記念特別企画も

JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(笠岡市鋼管町19-2、今岡逸朗支配人、電0865・66・4570)=写真=で、6月23日〔木〕−26日〔日〕の4日間、ゴルフの男子プロトーナメント「2011〜全英への道〜ミズノオープン」が開かれることが決まった。


38ページ

故郷・福山へ強い思いを込めた活動を展開

公共施設に装飾合わせガラス
野田正明さん 世界で活躍する現代美術家

国内外で活躍する福山市新市町出身の現代美術家、野田正明さん(61)は、4月に福山市内の公共施設に設置される作品を手掛けるなど、今後、故郷福山に対して強い思いを込めた活動を展開する。

29ページ
10年度備後地区
企業の破産は減少へ
中小企業金融円滑化法の影響大も
緊急課題は景気浮揚策
08年秋に発生したリーマンショックの影響が今だ企業業績に影を落としており、先行き不透明感が広がっている。官報に公告されている07年度に掲載された備後地区の破産企業は36件、08年度は39件、09年度は51件と大幅に増加したが、10年度は減少して33件となった。
 

31ページ
「子供が成人したら受けよう」
池永経営会計
「相続と住まいのあんしんセミナー」
午後は「相続税はこう変わるセミナー」
 税務・財務相談、経営サポートを手掛ける「池永経営会計税理士法人」(福山市王子町1-2-24、池永章所長、電084・931・1428)が運営する「相続手続支援センター」は1月29日〔土〕、同事務所南にあるソクラテスホール(同市港町1-26-2)2Fで「第4回相続と住まいのあんしんセミナー」と「相続税はこう変わるセミナー」を開く。
 46ページ
カニが具材の「恵方寿司」販売
カニ料理店として差別化
福山甲羅本店 注文の受け付けを開始
 飲食店経営の潟Pイコーポレーション(浅口市鴨方町六条院中、惠谷龍二社長)経営のカニ料理店「福山甲羅本店」(福山市南蔵王5-1-8、惠谷俊彦店長、電084・971・9188)は節分に向け、具材にカニが入った巻き寿司「恵方寿司」の販売を始めた。