2010年11月20日 1357号

5ページ

「福山が世界の中心となる年が来る!」

地方JC初のJCI会頭に
福山JCの原田憲太郎さん
本誌7月20日号で報じた通り、〔社〕福山青年会議所=福山JC(事務局=福山市西町2-10-1・福山商工会議所7階、石井宏和理事長、電084・922・5992)のメンバーで、国際青年会議所=JCI(本部=アメリカ・ミズーリ州セントルイス)常任副会頭の原田憲太郎さん(原田鋼業梶%ッ市大門町5-6-35、電同941・3111=社長)は、11月5日に大阪市で開催された2011年度のJCI会頭選挙に立候補、見事当選を果たした。日本人の立候補者は4人目で16年ぶりで、西日本を含め地方JCからの当選は初。

8ページ

「不要になった車買います」

高年式車を高額買い取り
井原自動車
経済成長著しい国に輸出

中古車販売の地場大手活芟エ自動車=isグループ(福山市南蔵王町3-17-33、井原博幸社長、電084・920・7373)が運営する中古車買い取り部門「アイエスキング(isKING)」(同所)は、事業所などで不要となった自動車の買い取りを本格化する。

9ページ

ミラノ座で初のシネマウエディング

フューレック
出会いからプロポーズまで
恋愛ドラマ風に編集大型スクリーンで

映画館・飲食店、駐車場経営の潟tューレック(福山市笠岡町4-4、藤本慎介社長、電084・924・1820)はブライダル事業に参入し、11月14日、同社が経営するシネフク「ミラノ座」(同市笠岡町3-9)で初の「シネマウエディング」=写真=を行った。


10ページ

都市計画道路4路線や公園、調整池も

川南地区の区画整理事業前進
福山市神辺町
21年完成、大手量販店も食指

福山市が同市神辺町川南地区に計画している「備後都市計画事業 川南土地区画整理事業」が事業化に向けて前進することになった。

11ページ
「東北地方の焼肉料理が楽しめます」
12月「昭和ホルモン亭」開店
天霧フランチャイズ
りんご苑とライセンス契約
全国40カ所に出店する、うどん店「天霧」のフランチャイザー事業、さらに福山市内にラーメン店「中村家」「味の蔵」を展開する天霧フランチャイズ梶i福山市南本庄4-2-2、電084・928・5151)は営業体制強化の一環として、焼肉店など展開の鰍閧ご苑(山形県東置賜郡)と広島、岡山、山口県内のライセンス契約を締結し、12月上旬、山形県産の国産牛を主体にした焼肉店「昭和ホルモン亭東深津店」(福山市東深津町1-10-5、渡辺裕恭料理長)をオープンする=完成予想図。この出店を皮切りに3県での焼肉店の多店舗化に乗り出す。

 

12ページ
市長夫人のクリスティーナ市議ら7人
福山市
タクロバン市友好使節団来福
30日商業施設ココローズに植樹
 福山市の親善・友好都市「タクロバン市」(フィリピン)から11月27日〔土〕、ロマルデス・タクロバン市長夫人で同市市議のクリスティーナさんら友好使節団一行7人が来福する。福山市議が参加する歓迎会、駐c福山市長の表敬訪問や、記念植樹などを計画している。
 

13ページ
アサムラサキ
創業100周年迎える
記念にかき醤油プレミアム発売
26日には感謝の集い開催
しょうゆ、調味料メーカーの潟Aサムラサキ(笠岡市茂平989、藤井直彦社長、電0865・66・2727)は、11月26日〔金〕に創業100周年を迎える。これを記念して「かき醤油プレミアム」を限定発売。26日には福山ニューキャッスルホテルで得意先らを招いて感謝の集いを開く。
 

14ページ
特産のレモン使い新製品
レモンピール・がじゅり!
JA三原産学連携で開発
 JA三原(國川剛平代表理事組合長)は尾道市瀬戸田町で育ったレモンを使用した新商品を発売した。
 

15ページ
入所者の精神的な自立を期待
施設内に「DO笑店」開店
岩藤 12月1日、三吉町南に新事業所
介護事業の糾笂。(福山市駅家町倉光31、岩藤幸治社長、電084・976・8607)は経営体質強化の一環として、運営する多機能ホーム「顔晴って(がんばって)」(同市赤坂町赤坂1237-5、柳井信子管理者、電同944・5701)内に、地元住民と通所者が喫茶や物販などを通じコミュニケーションが図れる店舗「DO笑店(どうしょうてん)」(田中恵子代表、電090・7973・0389)を開店した。さらに12月1日〔水〕、同市三吉町南2-13-25に訪問介護施設「喜んでっ」(石丸敏弘管理者、電同924・3714)を開所する。

17ページ
電子化の推進で効率性高める
データ、運行管理に注力
土井商事 コンプライアンスも強化
 廃棄物処理などの挙y井商事(福山市新市町新市915-7、土井克也社長、電0847・51・4282)は電子化に力を入れている。効率性の向上やコンプライアンス(法令遵守)の強化が狙いで、最新の計量管理システムを備えたバキュームカー2台を導入する傍ら、携帯端末の機能も拡充。併せて、全25台の営業車両を集中管理するGPS対応の運行システムを稼働させ、運転者の安全意識を高める。