2010年9月1日 1349号

9ページ

太陽光発電Sの一貫したサービス実現

京セラの認定技術代理店に
福山電業
県以西の中国地方で唯一
一般住宅から事業所まで幅広い分野で太陽光発電システムの販売を展開している福山電業梶i福山市昭和町6-1、島田斉社長、電084・922・6361)はこのほど、同システムメーカーの最大手、京セラ梶i本社・京都)の「認定技術代理店」となった。広島県以西の中国地方では同社だけ。








12ページ

笠岡JC

12日に「JCフードフェスティバル」開催
食と風土で笠岡の郷土愛深める

 〔社〕笠岡青年会議所(事務局=笠岡商工会議所内、栗尾泰訓理事長、電0865・63・1151)は9月12日〔日〕午前10時−午後3時に、笠岡湾干拓地内の太陽の広場で「JCフードフェスティバル」を開く。雨天中止。小雨は決行。








13ページ

個人出版、地域情報、一般企業に分ける

ドリームネッツ
電子書籍サービスをリニューアル
「wook」が利用しやすいサイトに

インターネットアプリケーションを企画開発する潟hリームネッツ(福山市春日町1-6-51、井上一成社長、電084・940・6735)は8月18日、同社が開発した電子書籍出版販売ASPサービス「wook(ウック)」のサイトをリニューアルし、出版するユーザの用途に分けた「個人出版」「地域情報」「一般企業」の3つのポータルサイトに分けてサービスを開始した。













14ページ

カメルーンの診療所に医療機器と義援金

チャリティー演奏会に530人
松岡病院
創立90周年を記念し開催

既報の通り、医療法人・賢仁会「松岡病院」(福山市宝町5-32、松岡 嚴院長、電084・923・0385)は8月19日に県民文化センターふくやま(同市東桜町)で創立90周年の記念チャリティーコンサートを開催、満員の約530人が福山シンフォニーオーケストラの弦楽アンサンブルとデュオ三木、それに「松岡ファミリー」が演奏する名曲を心ゆくまで楽しんだ。








15ページ
高齢者も安全にエクササイズ
バランスボールで身体機能回復
尾道の鮓本英治さんが補助具開発
 ベンチャー企業支援などを行っている〔財〕ひろしま産業振興機構(広島市中区千田町3-7-47、電082・240・7701)は8月25日〔水〕、広島県情報プラザ(広島市中区千田町3-7-47、電082・240・7700)の4階癒合化センターで「第25回ひろしまベンチャー交流サロン」を開き、本誌の関係地域から尾道市のいきいきサポート(尾道市高須町4805-2、鮓本英治代表、電0848・38・7800)が参加。高齢者らに向けた運動プログラムの開発などについて発表した。






 

17ページ
指輪、ネックレス、ピアス、金製品買います
麻生
「金」含有量正確に測定、高く買い取る
「蛍光X線検査装置」「特定計量器」導入
 時計・宝石販売の竃ヰカ(福山市船町1-1、麻生政幸社長、電084・923・0528)は、金製品の買い取りを正確にかつ円滑に進めるため、田中貴金属工業梶i東京都千代田区)の金買い取りシステム「RE:TANAKA(リ・タナカ)」に加盟し、田中貴金属工業が開発した鑑定計量機「蛍光X線検査装置」と「特定計量器」を導入した。正確に査定できるので「高く買い取ってもらえる」といった依頼者の声があがり、査定に持ち込む量が増えてきた。












 

19ページ
瀬戸の養豚場にプラントを導入
食品残さを液体飼料に
日本畜産
コスト抑え、肉質も向上
 精肉販売、食肉・総菜加工の日本畜産梶i福山市引野町東沖浦山654-122、小林茂之社長、電084・946・6950)は、パンや麺類、野菜などの食品廃棄物(残さ)を生かした液体飼料の製造プラントを同市瀬戸町の瀬戸牧場に導入、8月から豚の飼料として使い始めた。中四国では初めての試みで、事業費は3千万円。計画では10社余りの食品製造業者から廃棄物を引き取り、日量最大15tを製造する。





 

20ページ
2日にミラノ座でコンサート開催
「ドン・ジョバンニ」上映記念
シネフク
24日にビジネスセミナーも
 デジタル映写機「DLP」や、立体映画「3D」システムを導入するなど、従来の映画館から脱皮した「総合エンターテイメント館」を目指す潟tューレック(福山市笠岡町4-4、藤本慎介社長)経営のシネコン(複合映画館)「シネフク」(同所)は、9月にコンサートやビジネスセミナーを開く。





 

21ページ
ホームページ活用と営業強化セミナー
福山商工会議所
9/7IT経営力UPセミナー
10/8中堅営業社員強化研修
 福山商工会議所(福山市西町2-10-1、林克士会頭、電084・921・2345)は9−10月、IT経営力UPセミナーと中堅営業社員強化研修を開く。





22ページ
広島市の会社役員が大賞射止める
尾道ものたがたり賞の選考会
全国から363編の応募
 尾道文化協会(石田克彦会長)などが「文学の町・尾道から新たな作品を」と願って公募した「尾道ものがたり賞」に全国から321人、363編の応募があり、このほど開いた選考会で広島市佐伯区の会社役員木下訓成さん(75)の作品「猫と少女と坂道」が大賞(賞金30万円)に輝いた。