2010年7月10日 1344号

7ページ

賑わいの広場創出プロジェクト立ち上げへ

富山・グランドプラザを手本に
福山の元町協栄
29日にプロジェクト勉強会
福山市元町地区市街地開発事業に参加し、1984年に天満屋福山店を共同建設した元町協栄梶i福山市元町1-1・天満屋福山店2階、高田信吾社長=褐ユ屋本舗社長、電084・927・2280)は、福山の中心市街地を活性化させる目的から、福山駅前の再開発組合や商業施設に呼び掛けて「賑わいの広場創出プロジェクト」(仮称)を立ち上げる準備を進め、7月29日〔木〕午後4時−6時に福山商工会議所(福山市西町)304会議室で同プロジェクトの勉強会を開く。



10ページ

徳山福山市議会議長に手渡す

福山オンブズマン
3項目の質問状
小川前議長の辞任など質問

 税金の無駄遣いを監視するため市民らで結成した「福山市民オンブズマン会議」(福山市北美台、大戸博史代表、電084・927・7253)は6月29日、福山市議会議長室を訪ね、徳山威雄議長に質問状を手渡した。





11ページ

37期の純売上げは386億円

外林
経費増の改善が課題
38期経営方針発表会を開催

菓子卸大手の滑O林(福山市卸町2-6、佐藤治男社長、電084・920・3777)は7月2日、福山ニューキャッスルホテルで「38期経営方針発表会」を開いた。同社会長・社長と社員、及び関連の潟Gヌエス、潟Gヌエス・シーエス、潟Gヌエスインターナショナル、潟Gヌエス物流の社員や、ロッテ商事梶A潟uルボン、江崎グリコ梶A春日井製菓梶Aカバヤ食品梶Aカルビー梶A兜s二家など大手菓子メーカーの社長・営業統括責任者らが参列した。








12ページ

断熱効果の高さで受注が急増

売り上げ10倍増を目指す
HANDWAY
生コン車向けカバー

芥ANDWAY=ハンドウェイ(府中市高木町258、藤田広志社長、電0847・44・0025)の開発した生コンミキサー車向け断熱カバーが売れている。太平洋セメントグループの潟Nレオ(本社・東京)を通じて販売しているが、品質の劣化を防ぐ効果の高さが生コン、建設業界に広まり、注文の急増で生産に追われている=写真左。




13ページ
和紙糸の商品開発を積極化
肌着や農業用ネットも
備後撚糸
5年後、年商1億超に
 撚糸業地場大手の備後撚糸梶i福山市芦田町福田872、光成 猛社長、電084・958・3355)は、紙を撚(よ)った「和紙糸」の商品化に本腰を入れている。綿糸に比べて軽く、吸・放湿性や保温性に優れ、染色しやすく風合いもいい−といった特徴を生かし、衣料・生活雑貨、農業資材など多方面で新商品を開発中という。



 

14ページ
カサセイ
古材を再利用した家具も
 木材販売、住宅リフォームの潟Jサセイ(笠岡市富岡172、吉本勝男社長、電0865・67・0011)は、創作家具の製作、販売を本格化した。創作家具は今までも木工芸作家と提携して作っていたが、今回、作家に専任として入ってもらい事業部を新設した。









 

15ページ
「安心・快適に暮らせる居住施設に」
誠和が介護付き有料老人ホーム
と適合高齢者専用賃貸住宅開設
 叶ス和(尾道市新浜1-9-22、開原洋示社長、電0848・23・7134)は高齢者向け賃貸住宅の新たなモデルとなる適合高齢者専用賃貸住宅の建設計画を進めている。



 

17ページ
「診療待ち時間を大幅に削減できます」
予約システム「ピッタイム」開発
コアシステムズ
ワイキューブと提携し販売
 携帯電話メール活用の情報配信システムを全国展開しているソフト開発会社、潟Rアシステムズ(福山市南蔵王町3-5-10、都築邦昭社長、電084・927・3550)は、病院で問題化している患者の診療待ち時間を大幅に削減できるという、順番待ち予約システム「pittime(ピッタイム)」を開発した。


 

19ページ
須波・沖浦・鷺浦地区へ拡大
三原市の情報基盤整備
CATVの幹線広げる
 三原市(五藤康之市長)は情報基盤整備事業で今年度は須波、須波西、登、沖浦、鷺浦各地区を整備する。






20ページ
双子のシンガーソングライター
hiMe story
Hi−Fuを売り出す
紅白歌合戦出場が目標
 芸能トータルプロデュースの「hiMe story(ヒメ・ストーリー)」(福山市伊勢丘8-1-16、津川今日子代表、電084・948・4808)はこのたび、所属タレント・双子のシンガーソングライター「光と風Hi−Fu」のCD「ヒトコトバ」を制作し、福山を拠点として本格的なタレント活動を始めた。津川代表は「Hi−Fuの紅白歌合戦出場と世界デビュー、出身地愛媛県での武道館6千人コンサートを実現したい」と話している。