2010年7月1日 1343号

11ページ

さようなら、奥村昭和先生

本誌コラムを30年間執筆
ダンディズムを貫いた生涯
本誌「奥村教授の散歩道」の執筆者で、福山大学・福山平成大学名誉教授、元・神戸新聞編集委員の奥村昭和(おくむら・あきかず)さんが食道がんのため、6月17日神戸市の病院で逝去した。享年81歳だった。葬儀・告別式は19日「セレモニーホール三宮」で行われ、喪主は妻・宏子(ひろこ)さん。自宅は同市北区東大池1-8-23。
 葬儀・告別式の会場には福山大学の校旗や奥村さんが青春時代を過ごした旧制・松江高校の思い出の品、神戸パイプクラブの名誉総裁だった関係から愛用のパイプなどが飾られた。



12ページ

全国初!!キューピーで町おこし

バラを絡め、普及図る
企業家らで団体を結成

 彦根市のゆるキャラ「ひこにゃん」のように各地でキャラクターによる町おこしが盛んだが、福山では、世界的なキャラ「キューピー」を使う全国初のプロジェクトが始動した。主催するのは地元の企業経営者ら14人でつくるキューピータウン福山(事務局=福山市神辺町十九軒屋15-1・商売繁盛研究所内、有吉伸一事務局長、電090・1335・2590)で、6月25日の初会合で会長に中川理・拠川塗装社長(48)を選出、市花のバラを組み込んだ普及活動の具体策などを話し合った。





13ページ

ストレスかけて不良品を検出

世界初の機能を備える
タツモ
基板検査機売り出す

液晶、半導体関連機器メーカーのタツモ梶i井原市木之子町6186、鳥越俊男社長、電0866・62・0923)は、プリント配線基板の高精度検査機「IPCRテスター(温度印加基板検査装置)」を開発した=写真。基板に人工的なストレス(負荷)をかけることで、標準的な導通検査では見つけにくい不具合が検出できるという。6月初旬に出展した東京・国際電子回路産業展では多くの企業が注目、うち数社と商談を進めている。







14ページ

松葉畳店

最新機の導入で生産力アップ
「事業承継を視野に」

畳製造、販売の松葉畳店(福山市駅家町中島1141-8、松葉洋次代表、電084・976・0825)は、畳製造機の最新機を導入し、生産能力を引き上げた。



15ページ
新タイプのグラス・ホルダー
メガネ補聴器の麻生
ラ・ループの販売開始
ニューヨークのセレブから広がる
 メガネ補聴器の竃ヰカ(福山市船町1-3、麻生政幸社長、電084・926・3473)は、ネックレスのようにチェーン(皮ひも)を首にさげ、メガネ・サングラスをその先端に取り付けてある金属のリングにぶら下げる「La・Loop(ラ・ループ)」の販売を始めた。



 

18ページ
地産「福山コーラ」を発売
トゥエニーワン
地名入ったコーラは全国初
 「福山コーラ」はいかが−。酒小売業の泣gゥエニーワン(福山市昭和町5-11、板野誠二社長、電084・932・6339)は炭酸飲料製造販売の齋藤飲料工業梶i同市北本庄5-7-6、齋藤廣明社長、電084・924・6442)と共同で、清涼飲料水「福山コーラ」を開発、発売した。大手を中心に清涼飲料水の代表格・コーラの開発販売が進む中、同社によると、地名が入った“地産のコーラ”の開発は全国初という。








 

19ページ
大阪府箕面市の大規模住宅団地に140基設置
青色・白色複合LED防犯灯
広島化成
全国でトップクラスの実績
 LED(発光ダイオード)照明灯を積極的に展開している広島化成梶i福山市松浜町2-2-11、宮地治夫会長・西浩一社長、電084・922・7200)はこのほど、大阪府箕面市にある大規模住宅団地「箕面森町(みのおしんまち)」に「青色・白色複合LED防犯灯」140基を設置した=写真。これほど多数の同防犯灯が設置された例は全国的に珍しいという。


 

20ページ
不動産業からライブハウス経営へ
曼荼羅
地域文化の発信基地にしたい
カラオケ大会、パーティーにも活用
 不動産業一筋に歩んできたが、50歳を前に人生を振り返り、好きな音楽を仕事にしたい−。不動産仲介業のライフブレインズ梶i福山市新市町戸手248-1、電0847・40・3188)田上数久社長は昨年12月28日、ライブ&カフェバー「曼荼羅(まんだら)」(同市新市町戸手46-1、電同40・3778)をオープンした。毎月地場のミュージシャンが出演しており、ピアノ教室、ボイストレーニング教室開設の計画を進めるなど、地域の文化発信基地として、音楽家、文化人に支持されるようになってきた。

 

21ページ
忘れまい四十一連隊の「レイテ戦史」
交流支援センター
15日にアルセで慰霊祭
8/19にタクロバン市訪問
 福山歩兵第四十一連隊が1945年7月15日にフィリピン・レイテ島で全滅した「レイテ戦史」の風化を防ぎ、福山とレイテ島にあるタクロバン市の発展的な交流を支援する「タクロバン福山交流支援センター」(福山市草戸町5-11-6・ユニバーサル開発設計内、三谷干城センター長)は、7月15日〔木〕午前11時からアルセ(同市沖野上町)で開かれる「四十一福寿会」主催の慰霊祭の参加を呼び掛けている。





23ページ
いっとく、ぐんけい、めだかが「焼酎祭り」
酒のゆたか屋が協力19日に
会場はトライアングル広場南
 福山市の中心街で飲食店を経営する汲「っとく(尾道市土堂町1-11-16、山根浩揮社長、電0848・29・5109)、鰍ョんけい(福山市元町13-6、東森由倫社長、電084・973・4129)、鰍゚だか(同市船町3-3、村田 剛社長、電同922・8840)の3社は、7月19日〔月・祝〕午後3時−8時に「トライアングル広場・南側特設会場」(同市元町)で「焼酎祭り」を開く。