2010年6月10日 1341号

7ページ

「10年後を見据えた街づくりに取り組む」

プロジェクトを立ち上げへ
福山駅前商店会
まず3カ年計画を具体化
JR福山駅西地区の商店など約60人でつくる福山駅前商店会(三宅國裕会長)はこのほど、今年度の総会を開催し、福山市東桜町に来年度完成するマンションや商業施設、ホテルなど備えた複合大規模ビル「ines FUKUYAMA(アイネスフクヤマ)」に対応しながら、10年後の駅前西地区街づくりについて方向性を考えるプロジェクト「未来につなぐ街づくり」の立ち上げを明らかにした。


8ページ

「ヨーロピアンスタジオ」がオープン

14講座の中からセレクト
ファシオールワンダーランド
割安なトライアルチケットも

 潟<fィカルマインド(宇田政信社長)の新しい本店「ファシオールワンダーランド」(福山市松浜町3-7-42、宇田ユミ代表、電084・927・5848)1階に6月1日〔火〕、「ヨーロピアン スタジオ」=写真=がオープンした。




9ページ

LED照明や監視カメラシステム導入

駐車場は25カ所、280台を収容
タムラ産業
本社を御門町1丁目に移転

無人駐車場システム装置の設置・管理で地場大手のタムラ産業梶i福山市卸町9-16、田村久美子社長)は、5月末に本社を営業本部のある同市御門町1-12-3に移転した。電話は以前の084・925・3525と変わらず、旧本社は支店となった。






10ページ

ディスカウント避ける店舗運営

創意・工夫に満ちた売り場に
ニチエー
経営方針発表会で確認

潟jチエー(福山市南松永町2-19-31、坂本憲秀社長、資本金8千万円、電084・934・9090)は5月26日、福山ニューキャッスルホテルで第49期経営方針発表会を開き=写真、社員と取引先から270人が参加。今期の業績と来期のチャレンジ目標を確認した。


11ページ
「はっさく大福」の発売元に決定
因島大橋下の旧レストハウス
尾道市が新たな使用者迎える
 尾道市(因島総合支所しまおこし課、電0845・26・6212)が公募した「因島レストハウス」(因島大浜町、因島大橋記念公園内)に島内で製菓業「はっさく屋」(尾道市因島田熊町竹長4862-10、電0845・22・2755)を営む柏原伸亮さん(57)が応募し審査を経て決定。11月のオープンを目指して準備を進めている。


 

12ページ
サンキョウハウジング
エコ住宅「カーサソーレ」の販売始める
太陽光発電を標準装備
川口、木之庄町に分譲地も用意
 住宅建築のサンキョウハウジング梶i福山市南蔵王町2-4-5、中川克之社長、電084・973・3030)は、太陽光発電の標準装備をはじめ、環境性能を追求したエコ住宅「casa sole(カーサソーレ)」=イメージ=の販売を始めた。






 

13ページ
「真剣にお付き合いできる人見つけよう」
4色の人講演とミスティライブ
コミュニケーションパーティー開催
本誌とALMの共同企画
 本誌・経済リポートと、イベント・講演会などを企画する晦LM企画(福山市松永町340-1、杉原典子社長、電084・930・4198)は6月27日〔日〕午前11時半から午後3時まで、福山ニューキャッスルホテル(福山市三之丸8-16、電同922・2121)で、パートナーを見付けたい、恋愛したい人を対象にした、光クラブプレゼンツ「4色の人&ミスティコラボ・コミュニケーションパーティー」を開く。会費は男女とも3500円(オシャレなランチ、テキスト付き)。

 

14ページ
処女脚本がいきなり佳作に
本業の傍ら、プロめざす
府中
石岡眼鏡店の3代目
 巨ホ岡眼鏡店(府中市府中町661-2、電0847・41・2516)の3代目店主、石岡潤一さん(39)が脚本家への道を踏み出した。石岡志動のペンネームで応募した処女作「ハルノヤ!」が平成21年度第18回橋田壽賀子新人脚本賞の佳作に選ばれた。今回の入選作は他にないため、事実上の受賞作といえる。

 

15ページ
廃棄物を質の高い炭に再生
水分の多い汚泥も処理
ID
炭化炉販売に乗り出す
 有限責任事業組合IDマーケティング(府中市出口町228-2、松本昭登代表組合員、電0847・43・1007)は、仙台市の潟Kイア環境技術研究所が開発した「還元滅菌炭化加工機SUMIX」=写真=の販売に力を入れている。福島県三島町で5月から本格稼働し、自治体や企業から問い合わせが増えているという。




17ページ
総合的な医療・介護サービスの体制を構築
在宅療養支援病院に認定
辰川会・山陽病院
運営する介護事業所と連携
 医療法人辰川会(福山市野上町2-8-2、辰川自光理事長、電084・926・9105)が運営する山陽病院(同所)=写真=は、このほど、在宅療養支援病院に認定され、福山市中心部をエリアに在宅医療サービスに力を入れる。従来、在宅療養支援診療所といった指定があったが、病院とは認められていなかった。辰川会は在宅医療と併せ、運営する介護事業所と連携し患者の生活面でのケアなど、総合的な医療・介護サービスを提供する。