2010年5月20日 1339号

7ページ

エクセレントハウス西日本が営業スタート

建築面積約70u、3LDKが
888万円で施工可能
注文住宅販売業の潟Gクセレントハウス西日本(福山市駅家町江良80-6、吉元友浩社長、電082・297・1511、資本金1千万円)はこのほど、低価格の注文住宅の販売を始めた。建築面積約70u、3LDKの住宅が888万円で建築できると、滑り出しも順調という。


11ページ

福山暁の星学院理事長に石井節子さん

援助マリア会総長などを経験
「決して共学の道に進みません」

 ミッション系の進学校、福山暁の星女子中学校・高等学校(福山市西深津町3-4-1、朝廣絹子校長、電084・922・1682)などを運営する学校法人・福山暁の星学院の理事長に、かつて両校の校長を務め、カトリックの女子修道会である援助マリア会(本部・フランス)の総長だった石井節子さん=写真=が就任した。



12ページ

腫瘍の摘出率100%に近づける

大田記念病院
手術中に検査できる
オープン型MRIシステム導入

社会医療法人・祥和会「脳神経センター・大田記念病院」(福山市沖野上町3-6-28、大田泰正理事長、電084・931・8650)は、脳腫瘍の摘出率100%を目指しオープン型の「術中MRIシステム」(日立メディコ製)を中四国地区で初めて導入した。本体・周辺機器を含めた投資額は約2億円。





13ページ

カーボンオフセットフィルター販売

アサヒフィルターサービス
森林事業支援と交換に
企業のCO2排出を相殺

各種フィルター製造販売の泣Aサヒフィルターサービス(福山市駅家町万能倉393-1、宮崎基社長、電084・949・3580)は、カーボンオフセット付きフィルターの販売を始めた。創業15周年キャンペーンとして5月1日にスタートした、来年3月31日まで販売する。


14ページ
笠岡駅前商店街
6日に「百縁笑店街」実施
100円商品で「縁」づくり
 笠岡市内の商店街などでつくるまちおこし組織「ドラマチックかさおかネットワーク委員会」(笠岡商工会議所内、平井輝太委員長、電0865・63・1151)は、商店街の活性化対策として、笠岡駅前地区の商店街を対象に6月6日〔日〕午前9時−午後3時に100円商店街を実施する。


 

15ページ
「潮風を感じ、くつろぎのひとときを」
尾道駅前の海岸緑地にサロン
まちづくりファンドで整備
 「みなとオアシス構想」を打ち出し、その計画を進めている尾道市は新たに“まちづくりファンド”を活用した整備に乗り出した






 

17ページ
ディスカウントに業態変更
7割増の集客を目指す
ゆめタウン
松永店の食品売り場
 潟Cズミ(本社・広島市、山西泰明社長)が運営する総合スーパー「ゆめタウン松永」(福山市柳津町1-5-7、上田賢治店長、電084・934・8855)は地域で激化する価格競争に対抗し、食料品売り場をディスカウント型に業態変更した。
 

19ページ
辰川会が沼隈町に透析専門クリニック開設
9/1、山陽ぬまくま腎クリニック開院
小規模多機能ホームなど併設
 医療法人辰川会(福山市野上町2-8-2、辰川自光理事長、電084・926・9105)は9月1日〔水〕、同市沼隈町中筋草深2031に「山陽ぬまくま腎クリニック」(辰川自光院長)を開院する。運営する外来透析専門施設「山陽腎クリニック」(94年開設)の透析患者数が飽和状態となっており、沼隈町などの遠方からの患者の増加が予想されることを受けた。透析外科や透析内科を診療科に掲げ、透析療法を専門にする。さらに小規模多機能ホームやデイケアサービス施設を併設するなど、透析患者を総合的にケアする。

 

20ページ
海事都市構想推進に追い風
主要港湾都市を巡る海フ
ェスタを来夏尾道で開催
 全国の主要港湾都市で開催している「海フェスタ」が来年尾道市で開かれることになり、平谷祐宏市長は「国や県、近隣市、海事関係団体などとともに成功させたい」と意欲を見せている。



23ページ
備後絣をハワイでアピール
12日「備後ステージ」に出演
FBA
ファッションショー形式で披露
 「備後からハワイへ」と銘打って国際ビジネスコンサルタント・小川久志さん(泣Iガワインターナショナル社長=福山市延広町7-16、電084・922・0909)の呼び掛けで実現した「第31回まつりインハワイ」(ホノルルで6月11日−13日に開催)の参加の中で、専門学校のファッションビジネス・アカデミー福山=FBA(同市霞町1-2-33、後藤代子校長、電同923・0376)は、備後絣をハワイでアピールする。