2010年5月20日 1339号

9ページ

中古ディーラー等から要望が急増

「トータルリペア」事業好調
ガレージワークス ホイールやシートを補修
新車、中古車販売の泣Kレージワークス(福山市新涯町6-6-39、海野康之社長、電084・957・1999)が手掛けているクルマのホイールやシートの補修サービス「トータルリペア」事業に最近、中古車販売のディーラーやユーザーなどからの要望が急増しているという。


10ページ

尾道の新情報ステーション

しまなみ交流館にスタジオ
尾道ケーブルテレビが稼働

 尾道ケーブルテレビ梶i尾道市西御所町14-15、田邊耕造社長、電0848・24・0050)がしまなみ交流館(JR尾道駅前)に開設した「マリンスタジオ」が本格稼働へ体制を整えた。



11ページ

最適な分散(オンサイト)型エネルギー

ガス+太陽光発電のメリット
青木プロパンが提案・普及

LPガス卸・販売の青木プロパン梶i尾道市向島町2038-1、青木 透社長、資本金2千万円、電0848・44・0011)は分散(オンサイト)型エネルギー「ガス+太陽光発電」を普及するため、社屋にそのモデルとなるソーラーシステムを設置。事業の柱としている従来からのLPガスの良さもアピールしながら、顧客にベストマッチのエネルギー供給を提案する。




12ページ

きれいな水、肌に優しい水を生成

エムシー
電子波処理装置TeOを導入
ナノレベルの振動で水質向上

潟Gム・シー(広島市富士見町8-22、山本攻社長、電082・245・0730)は、同社が経営するホテル123福山(福山市東桜町1-41、電084・932・3939)と同倉敷(倉敷市老松町2-12-15、電086・430・3939)及び、複合商業施設のエムシー福山ビル(福山市東桜町1-41)に、「きれいな水」「肌に優しい水」を生成するため、ナノテクノロジーの先端技術を活用した電子波処理装置「TeO:テオ」を導入した。


13ページ
「歴代カープ坊や」イラストを印刷
三和綜合印刷
カープ坊やコースターを販売
UV印刷技術を駆使し商品化
 オフセット印刷、UV特殊印刷・企画提案の三和綜合印刷梶i福山市曙町6-1-11、近江良晃社長、電084・953・1969)は、「歴代カープ坊や」のイラストをコースターにした「カープ坊やコースター」(クリアケース入り5枚530円)を商品化し販売を始めた。広島県東部は同社で扱い、西部地区はマツダスタジアムが販売する。


 

14ページ
ギミックアサヒ
多機能塗料「ガイナ」を扱う
遮熱性、耐久性などに優れる
 塗料の販売、塗装施工の泣Mミックアサヒ(福山市引野町1-26-17、磯山富士夫社長、電084・946・5077)は、遮熱性や耐久性などに優れるという多機能塗料「ガイナ」の取り扱いを始めた。





 

15ページ
29・30日オープン1周年感謝祭
東手城ヘルスケアモール
健康セミナーやアートまつりなど
チャリティー野外ライブも
 医療と健康施設の東手城ヘルスケアモール(福山市東手城1-3-11)は5月29日〔土〕(午前10時午後4時)、30日〔日〕(午前10時ー午後3時)の2日間、同所で1周年感謝祭を開く。
 

17ページ
福山薔薇人ブランドが始動
食用バラで特産品づくり
物産協 3社で計3千本を栽培
 福山物産協会(福山市東深津町3-2-13、児玉達朗会長、電084・924・4654)の新商品開発部食用バラ部会は、無農薬栽培の食用バラを使った新商品開発に乗り出した。ブランド名「福山薔薇人(バラード)」を特許庁に登録申請する一方、今年度は香りの強いブルガリア産の「ダマスクローズ」「ミスター・リンカーン」を計3千本栽培。花びらでアイスクリームやジャム、ケーキ、リキュールなどを試作し、将来的には福山の特産品として売り出す。



 

19ページ
「鞆の浦の観光振興に寄与したい」
鞆スコレが「對山館」を取得
高級感打ち出し今秋オープン
 福山市は09年度の鞆の浦の入り込み観光客を182万1700人と発表、08年の107万2千人より60%以上上回る急増ぶりを見せている。そのさなか、ホテル欧風亭=おうふうてい(福山市鞆町鞆136、電084・982・1123)と、景勝館漣亭=さざなみてい(同町鞆421、電同982・2121)を運営している願ロスコレ・コーポレーション(村上正高社長)は、関連会社亀Mクロック・ワークを通じ、昨年秋に経営会社が破産した老舗旅館「對山館(たいざんかん)」(同町鞆629)の土地と建物を取得し、今秋、改装オープンすることになった。



21ページ
29日に大門町で日本卓球リーグ前期大会
原田鋼業がシチズンと対戦
キャプテン川口選手らに期待
 日本卓球リーグ1部で実力を発揮している原田鋼業梶i福山市大門町5-6-35、原田弘人会長・原田憲太郎社長、電084・941・3111)の男子卓球部(原田大司郎部長、工藤光年監督、川口陽陽主将、部員15人)は、5月29日〔土〕午後2時からJFE健康組合旭が丘体育館(同市大門町津之下)で開かれる「平成22年度日本卓球リーグ前期大会」で名門、シチズン(本社・東京都西東京市)と対戦する。シチズンと福山での対戦は昨年6月に続き2回目。