2010年5月1日 1337号

9ページ

本誌コラム執筆者・奥村昭和さんらが提案

弁当「瀬戸の玉手箱」登場
ニューキャッスルH
和食堂「鞆の浦」
コンセプトは「野趣と雅び」
福山ニューキャッスルホテル(福山市三之丸町8-16、美能千寿総支配人=潟xッセル常務、電084・922・2140)は5月1日〔土〕から地下1階の和食堂「鞆の浦」でランチタイム(午前11時30分−午後2時)に地元の食材を使った弁当「瀬戸の玉手箱」を提供する。


10ページ

本格タイ料理をバイキングで

パーパイタイ
5/10ビアガーデンオープン
低料金で飲み放題・食べ放題

 タイ料理レストラン「パーパイタイ明治町店」(福山市明治町2-29、平木三千人オーナー、電084・971・8810、www.phaapaithai.jp)は昨年9月、国内最高のタイ料理店を選ぶ「タイセレクト1! 究極のタイ料理決定戦」(タイ政府商務省輸出振興局ほか主催)で優勝した。決定戦で評価されたスープ「トムヤンクン」など本格的なタイ料理が味わえて、生ビールなどアルコール類が楽しめる「とびきり贅沢なビアガーデン」が5月10日〔月〕、スタートする。



11ページ

「心を光らせて成功と幸福を掴む」

ALM企画
23日に「4色の人」セミナー
真珠のピアニスト慎純コンサートも

イベント・講演会などを企画する晦LM企画(福山市松永町340-1、杉原典子社長、電084・930・4198)は5月23日〔日〕と6月27日〔日〕午前11時半から午後3時まで、福山ニューキャッスルホテル(福山市三之丸8-16、電084・922・2121)内のフレンチレストラン・ロジェで、「光クラブ・4色の人『仕事の業績アップ』『幸せな家庭を築く』ためのセミナー」と「真珠のピアニスト慎純」のコンサートを開く。会費はランチ付き6千円。講師は、「潜在能力点火法」を提唱している杉原早織さん。




12ページ

ジャンボ野菜が勢ぞろい

万田びっくりファーム
万田酵素25周年でオープン

健康食品「万田酵素」の製造元で知られる万田発酵梶i尾道市因島重井町5800-95、松浦良紀社長、電0845・24・3555)は創業25周年の記念事業として本社敷地内に「万田びっくりファーム」を造り、4月13日、市内の幼稚園児らを招きテープカットで開園を祝った=写真上。


13ページ
全国の稲作地域から視察相次ぐ
もみ殻を固形燃料にする機械
因島のトロムソが開発
 潟gロムソ(尾道市因島重井5265、橋本俊隆社、電0845・24・3344)は、稲作で出る「もみ殻」を燃焼力の優れた固形燃料に変える画期的な製造機を開発。同社の実演展示スペースにはもみ殻の処理に困る農家が多い新潟、秋田など、全国の稲作地域から視察が相次いでいる。

 

14ページ
世羅町初の児童デイサービス
集団、個別療育に対応
のとテック
すずらんを開所
 携帯電話ショップや高齢者向けデイサービスなどを展開する鰍フとテック(尾道市久保2-25-13、能登哲夫社長)は、世羅郡世羅町青近に同町初の児童デイサービス事業所「すずらん」(林美恵子園長、電0847・24・1500)を開所した。昨年3月に閉じた東保育所を改修、自閉症など発達障害のある2歳からの未就学児を1日10人まで受け入れ、集団・個別の療育を通じて食事や衣服の着脱、トイレといった日常生活での自立を促す。




 

15ページ
「皆がやる気になってきた」
企業OBの指南が奏功
福山北商工会
製造現場の支援事業
 福山北商工会(福山市駅家町倉光417、甲斐敬文会長、電084・976・3111)の「ものづくり現場支援フォローアップ事業」が軌道に乗っている。会員事業所の製造現場を改善するため、企業OBらでつくるNPO法人ビジネスサポートBingo(略称BSB、藤本徳樹理事長)の協力で駅家町商工会時代の07年度にスタートし、最終の09年度は2社で一定の成果を上げた。これを踏まえ、今年度からは商工会独自に事業展開する方針で、近く関与先を募集する。

 

17ページ
「べルばら」の池田理代子さんが出演
「千の風」の秋川雅史さんも
福山シティオペラ
8/30に「真夏の第九」開催
 福山シティオペラ(福山市大門町2-1-25・専光寺内、藤井文子さん主宰、電084・941・0642)は、8月30日〔月〕午後6時30分からリーデンローズ(同市松浜町大ホール)で恒例の「ばらの街ふくやま真夏の備後ベートーベン『第九』」を開催する。



 

21ページ
「飲んで・食べて、不景気を吹き飛ばそう」
10日からビアホール2010
福山ニューキャッスル
本格的な料理と豊富なアルコール類
 潟xッセル(福山市南本庄3、澁谷 誠社長)が経営する福山ニューキャッスルホテル(福山市三之丸8-16、美能千寿常務取締役総支配人、084・922・2121)は5月10日〔月〕から9月15日〔水〕まで、恒例の「元気の出るビアホール2010」を開く。


22ページ
粉体塗装の前処理を化成被膜処理に
前処理室、新工場を建設
協同精機大型の部品塗装も可能に
 粉体塗装(パウダーコーティング)専門の機械器具塗装業、協同精機梶i福山市草戸町1-11-15、新川政夫社長、電084・923・7757)は、塗装を行う前処理の新しい技術を確立し、大型の部品や薄手の物など、対応品目の幅を大きく拡大した。それに伴い、隣接地を借り受け粉体塗装の前処理室と新工場を建設した。