2010年4月1日 1334号

3ページ

「ヘブンリー・コンポート・ワッフル」展開

ワッフル専門店を東京都内で
マーベラスジャパン
「エビちゃん」がPR

 マイナス16℃の大理石上でアイスクリームと果物などを混ぜ合わせる「マーベラスクリーム」のアイスクリームショップを国内外で50店舗FC(フランチャイズ・チェーン)展開している潟}ーベラスジャパン(福山市曙町4-5-12、伊藤慶太社長、電084・981・5337)は、直営のワッフル専門店「ヘブンリー・コンポート・ワッフル」の展開を本格的に開始した。

8ページ

「鞆の浦『鯛匠の郷』」に名称変更

16日にリニューアルオープン
阿藻珍味「うをの里」が完成20周年

 「酒肴本舗」として60年の歴史がある活「藻珍味(福山市鞆町後地1567-1、阿藻盛之社長、電084・982・3333)の本社工場「うをの里」=写真上=が6月20日〔日〕に完成20周年を迎える。同社は「うをの里」を2カ年計画でリニューアルしており、最終ステージを機に、このほど全容を公開した。「瀬戸内うをの国 鞆の浦『鯛匠の郷(たいしょうのさと)』」に名称変更し、4月16日〔金〕にオープンする。



9ページ

4月上旬「炭火珈房ピトン」蔵王店オープン

旧「らんぶる庄屋」を改造
レ・ユニオンコーヒー
潜在需要掘り起こしに注力

 コーヒー豆の焙煎(ばいせん)加工と卸販売の地場大手、レ・ユニオンコーヒー梶i福山市春日町5-2-32、北山 明会長・北山英司社長、電084・943・6644)は、4月上旬にコーヒー専門店「炭火珈房ピトン」蔵王店(同市南蔵王町5-18-34、電同940・5105)=写真=をオープンする。


10ページ

ディナー女性1千円、男性1200円に

ワールドビュッフェ
平日ディナースペシャル企画
4/5−7/31まで

外食産業・給食事業を手掛ける潟zーミイダイニング(福山市南蔵王町6-20-20、岡崎雅廣社長、電084・944・4115)は4月5日〔月〕から7月31日〔土〕まで、ワールドビュッフェ福山蔵王店(同市南蔵王6-20-20、電同944・9900)、倉敷堀南店(倉敷市堀南782-1、電086・436・9922)、岡山下中野店(岡山市北区下中野364-106、電086・805・0665)の各店で「平日ディナー『スペシャル価格』」キャンペーン=写真・ポスター=を実施する。

11ページ
屋上をバラで緑化のプロジェクト来春開始
ラックス
「エアーローズシステム」
「ばらのまち福山」を発信
 ビルやマンション、工場専門の建物改修業の潟宴bクス(福山市曙町4-3-18、山田哲矢社長、電084・957・5038)は福山の市花・バラを使った屋上緑化サービスのプロジェクトを進めている。近く、大学と連携し、屋上緑化に耐えられる薄層土壌で生育できる品種開発に着手、人工軽量土壌製造会社などにも打診するなど、産官学の連携体を築く。サービス開始は来春の見込み。さらに地方自治体や経済団体に働きかけ、「ばらのまち福山」を全国発信させる。

 

12ページ
東京ビッグサイトで注目集める
次世代自動車開発に欠かせぬ技術
レニアスの野尻秀智開発室長が講演
 東京ビッグサイトで3月18日、19日の両日「国際自動車素材・加工展」があり、地元の潟激jアス(三原市沼田西町小原200-76、前田定男社長、電0848・86・1137)が出展。専用ブースに「硝子を越えたガラスへ進化」と記したサインボードを掲げ、ガラスに替わる素材として期待されているポリカボネート樹脂ウィンドウの性能を紹介して注目を集めた=写真上。


 

14ページ
若者に畳の良さを知って欲しい
携帯ストラップが人気
迫井兄弟製畳
販路の拡大にらむ
 畳製品を製造販売する迫井兄弟製畳求i府中市父石町884-1、迫井康仁社長、電0847・41・5129)の開発した携帯電話向けストラップ「畳っち」が人気を呼んでいる。ノスタルジックな畳型が幅広い層に受け、1月の発売から約3カ月間で200個を売り上げた。

 

15ページ
油を分解し、悪臭も除去
油脂分離器向け洗浄剤
引野町
Y・S・Sが売り出す
 空調、環境、衛生設備工事などの該・S・S(福山市引野町3-19-26、山田篤典社長、電084・946・6747)は、酵素の力でグリストラップ(油脂分離阻集器)の油脂を乳化・分解する業務用洗浄剤を売り出した。7年前に同市春日町の潟Lュームと共同開発し、商品化を進めていた。効果が高く、備後一円の学校給食センターや保育所、高齢者施設、病院などで導入が相次いでいるという。

 

17ページ
パレット 100円レンタカーを始める
いろいろな利用、見込む
 自動車販売、板金塗装の泣Iートファイル(福山市南蔵王町2-15-13、大賀伸二社長、電084・924・1682)が経営する「パレット福山店」(同町5-15-8、電084・982・8010)は、3月14日から「100円レンタカー」を始めた。
20ページ
ジュニア野菜ソムリエが20人に
他社と差別化、体質強化
こだま食品1社合格者数は記録更新

 乾燥野菜メーカーのこだま食品梶i福山市駅家町法成寺1575-9、児玉昌造社長、電084・972・7777)は、経営体質を強化する一環から社員19人が一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(東京都渋谷区)認定の「ジュニア野菜ソムリエ」を取得した。さらに、新商品開発など他社と差別化を図る。

21ページ
わが町で社会貢献しませんか?
企業と地域を取り持つ
神石高原町
過疎地の活性化図り

 神石高原町は、企業の社会貢献活動を通して過疎地域の活性化を図るユニークな協業事業に乗り出した。過疎化の進む5地区と社会貢献に前向きな企業の仲を取り持ち、活動費も最大8割を助成する。

22ページ
小説「かんざし灯籠」を発表
10月全国有名書店に特設C
時代小説家の今井絵美子さん
来年「夢の夢こそ」単行本化

 時代小説作家の今井絵美子さん(福山市御門町1-9-21、電084・926・6697)はこのほど、全国雑誌「問題小説」(鞄ソ間書店刊)4月号に小説「夢の夢こそ」の第4回目「かんざし灯籠」を発表した。隔月連載で12月号(11月発売)までの計8回掲載、来年を目途に単行本化される。