2010年3月10日 1332号

11ページ

ペット用の畳を開発

わんにゃんスマイル畳」
畦崎畳商工将来的に1つの柱に

 畳やふすま張替え工事業などの畦崎畳商工梶i福山市東町3-5-5、畦崎 貢社長、電084・922・2664)はペット専用の畳を開発、発売した=写真。近年、ライフスタイルの変化からペットを飼う家庭が増えており、需要を見込んだ。将来的には1つの柱に育てる。

12ページ

尾道・東部と福山・西部を結ぶ橋

臨港道路山波松永線が完成
3月25日から通行可能に

 尾道市東部の南岸と福山市の機織(はたおり)地区を結ぶ臨港道路山波松永線の架橋工事=写真・上下=が完成し3月25日〔木〕の午後3時から供用開始となる。


13ページ

海事都市尾道に新たな目玉施設

駅付近にサイクリング基地
板張りの遊歩道も新設

 港まち・尾道らしいまちづくりを進めるウォターフロント計画が実現に向け一歩を踏み出した。JR尾道駅前の西側、海岸沿いにある県営上屋2号倉庫(西御所町)のリニューアルを核に一帯を親水性に富んだ地域に仕立てようとする計画で、このほど県から整備予算案が示され現実味を帯びてきた。



14ページ

広島テレビの番組で紹介される


20日「夢の通り道」で放映
過去・現在・未来描くドキュメント番組

鞄s(福山市春日町2-2-43、嵜本 渉社長)が経営している、ステーキ懐石「都」春日(同所、電084・941・9269)が3月20日〔土〕午前9時半から10時まで、広島テレビの番組「夢の通り道」=写真・ポスター=で紹介される。

16ページ
かつての仇敵が手を組む
全国の家具産地
7社が共同で製作
「小売店を元気づけたい」
 「もはや産地間で競い合う時代ではない」−。全国の主な家具産地のメーカー7社が連携して生き残りを図っている。府中家具は高橋工芸梶i府中市高木町1113-1、高橋正美社長、電0847・45・2323)が参加、低価格攻勢で市場を席巻するニトリなどの輸入家具量販店に対抗するため、職人気質の技術者集団による高品質で手頃な価格のパッケージブランド「PROX」を立ち上げ、中小の小売店を支援する。

 

17ページ
カーボンオフセット事業に参入
調査時の排出ガスを相殺
エイチテックコンサルも展開
 土壌汚染調査などを全国展開する平和グループの潟Gイチテック(福山市川口町1-16-35、岡田宏社長、電084・953・2721)は、受注事業で発生した温室効果ガスのすべてを無料でカーボンオフセットする新サービスを始めた。企業が排出する温室効果ガスをクリーンエネルギー開発や森林保護などへの投資でオフセット(相殺)する手法で、機材や人員の輸送、調査機器の運転時に発生するCO2排出量を計算し、当面はインドの風力発電事業10t分と相殺する=写真は顧客向けのオフセット実施証明書(見本)と岡田社長。

 

19ページ
鞆の浦の食品各社が協力する直売所
「鯛工房ウオヒサ」がオープン
サービスエリア的な施設へ
 練り製品製造、販売の潟Eオヒサ(福山市鞆町後地26-234、原田隆史社長、電084・983・5017)は2月27日、同町後地651へ、鞆の浦の食品メーカーの商品直売所「鞆の浦旬鮮市場 鯛工房ウオヒサ」(阿藻一浩店長、電同982・2772)をオープンした。
 

22ページ
サンピア営業終了の影響か
ローズイン備後ハイツ
会議・宴会の予約増える
60本の桜が咲く花見の名所
 宴会・宿泊などでシティホテル並みのサービスを提供している「ローズイン備後ハイツ」(福山市引野町南1-17-32、萩原直純支配人、電084・941・3922)の、会議、宴会予約が増えている。ウエルサンピア福山(同市緑町)が3月末に営業を終了するが、その影響か4月以降の問い合わせが昨年末から増えてきているという。
 

23ページ
家庭でエネルギーを創りCO2削減に貢献を
土居石油
「創エネ・プロジェクト」展開
太陽光発電やエネファーム等
 土居石油梶i福山市入船町2-9-5、土居辰雄社長、電084・922・1213)は関連会社の土居石油瓦斯梶i同市箕沖町116、社長同、電同954・7848)と共に、特約店契約を結ぶ「ENEOS」マークの新日本石油梶$V日石(本社・東京)が提唱している「ENEOSわが家で創エネ・プロジェクト」を本格的に展開することになった。