2010年1月1日 1325号

3ページ

新春特別企画 予告

 ベールに覆われていた国家予算の査定が白日の下に晒される−。事業仕分けの現場を目の当たりにした国民の多くが、政権交代を実感したことだろう。事業の必要性について微に入り細を穿ち、仕分け人らが担当官僚を問い詰める場面は、同時に、富を分配すればこと足りた経済成長期の閉幕を知らしめた。成長経済から成熟経済へと産業構造が大きく変わろうとしている今、国も地方も企業も、さらには庶民一人ひとりにも、チェンジ=変革が求められている。

19ページ

「ハーンの精神」などを象徴的に抽象化

モニュメント彫刻が松江に
福山出身の野田正明さん、ふくやま美術館にも設置

 福山市新市町出身の現代美術家、野田正明さん(59)は、10年10月9日〔土〕|11日〔月〕に松江市で開かれるギリシャ生まれの作家、小泉八雲ことラフカディオ・ハーンの生誕160周年記念祭を記念してモニュメント彫刻「ザ オープンマインド オブ ラフカディオ ハーン」を製作、松江市内に永久設置されることが決まった。

22ページ

1月の箱根駅伝に出場

福山出身の久保岡諭司選手
優勝候補・日体大の4年生

 正月の風物詩で多くの人がテレビ中継にクギ付けとなる東京箱根間往復大学駅伝(通称・箱根駅伝)。86回の大会が1月2〔土〕、3〔日〕の両日東京・大手町から箱根・芦ノ湖入り口までの往復217・9qで繰り広げられる。20校が参加し、各校10人がタスキをつなぎ、毎年感動的なドラマが展開されている。今回は本命不在で、09年総合3位の日本体育大学も優勝候補に挙げられている。その中に福山出身の久保岡諭司=さとし=選手(4年生)=写真上=がおり、活躍が期待されている。


23ページ

いろは丸事件に因んだ焼き菓子開発

「鞆の浦サブレ」発売
蔵本スチールホテル鴎風亭などで販売

 鋼材販売、飲食店経営などの藏本スチール梶i福山市鞆町後地26-90、藏本一社長、電084・982・3211)は「いろは丸事件」をモチーフにした焼き菓子「鞆の浦サブレ」を開発、発売した=写真。

5ページ
備後地域の政財界人が語る
地域経済の行方
 昨年、このリード文で09年は「不景気という『地震』が押し寄せる初期微動の『P波』に過ぎない。大きな揺れ『S波』を覚悟すべきかもしれない」と予言≠オた。残念ながらその予言≠ヘ当たっていたようだ。10年は景気が回復するどころか、5月ごろ『二番底』を迎える、という声が起こっている。製造・サービス業という枠を越え、あらゆる業種を飲み込もうとしている。腹立たしいのは、かつて大都市が好景気に沸いていた時に地方がその恩恵≠ノ浴していなかったのに、不景気になった現在、大都市と同じような波を受けなければならないのか、ということだ。政権交代で地方の不条理さ≠解消してくれるのではないか、とかすかな期待を寄せたが、どうもそういうことになりそうにない。突き詰めれば、「自分の身は自分で守る」ということにはならないだろうか。幸い、地元には自立している企業人が多く、この不景気をはね飛ばしてくれるのではないか、と期待しているが。
 

17ページ
あしな台フェスタの内容、さらに充実へ
あしな台販売センター1月10、11日に開催
 福山市新市町のあしな台販売センター(中村浩二所長、電0847・40・3050)が毎月開いているハウジングイベント「あしな台フェスタ」が好調だ。2009年は1年間で計800組以上が来場。10年は、内容をさらに工夫、充実させていくという。
 

21ページ
団塊の世代の社長が40%近く占める
09年版企業年鑑近く販売
経済リポート、10年版企業年鑑近く販売
 経済リポートは「2010年(平成22年)版企業年鑑」を近く発行、郵送のほか有名書店と発行所で販売する。地元企業、出先機関など約3500社を備後地区、岡山県の全企業から無作為に抽出、収録し、さらに地元企業2048社を資本金、従業員、売上金額別、社長生年月日別に分析した。
 

39ページ
おしゃれで、繰り返し使える
唐草柄のダンボール箱
笠岡アルライトが売り出す
 各種包装資材を製造・販売する潟Aルライト(笠岡市茂平長瀬2918-12、橋口幸造社長、電0865・66・3000)は伝統的な風呂敷の図柄「唐草模様」をプリントした一般向けのダンボール箱を考案、「DAN FLO(ダンふろ)」のネーミングで売り出した。宅配に用いれば先方に喜ばれそうだ。
 

40ページ
尾道でドラム缶60本分の石油抑制
10月のレジ袋無料配布中止効果
辞退率は83%、約65万枚を削減
 広島県が推進している「ストップ地球温暖化県民運動」に呼応して、尾道市内の小売店でもレジ袋の有料化が始まって3カ月。その取り組み実績がまとまった。
 

41ページ
尾道YMCA福祉専門学校
生徒減少し経営難に陥る
尾道さつき会が受け継ぐ
 広島YMCA学園尾道YMCA福祉専門学校(尾道市久保町1760-1、電0848・37・2222)の学校運営が社会福祉法人尾道さつき会(尾道市久保町1786、山根良彦理事長、電同37・7272)で受け継がれることになった。
 

43ページ
社会体育施設整備のため寄付
神原病院が羽田福山市長から感謝状
1/21病院駐車場で献血実施
 社会医療法人定和会・神原病院(福山市赤坂1313、神原浩理事長、電084・951・1007)は昨年福山市に100周年行事の一環として支えられた地域の皆様への恩返しに寄付を行った。寄付に対して12月15日、羽田 皓・福山市長から感謝状が贈られた。