2009年12月20日 1324号

5ページ

タクロバン・福山交流支援センター設立へ

センター長に三谷干城さん
来年、姉妹都市提携30周年

 既報の通り、大田祐介・福山市議会議員ら福山市民5人は、来年30周年を迎えるものの、現在中断している福山市とフィリピン・タクロバン市の姉妹都市提携について調査するため、11月22日から25日までタクロバン市を訪問した。アルフレッド・ロマルデス市長を表敬訪問し、同市のレイテ島にある福山歩兵第四十一連隊の慰霊碑「平和友好の碑」なども訪れた。

7ページ

食を含めトータルな「美」を提供

「ビューティーワンダーランド」
「ファシオール」来春、松浜町にオープン

  福山市内に3店舗を経営する美容総合サロン「ファシオール」(福山市沖野上町1-1-20、宇田ユミ代表、電084・927・5848)は来春、本店を「緑町公園」向かいの同市松浜町3-79-1に移転する準備を進め、「食を含め内面・外面・精神面とトータルな『美』を提供する」サロン「ビューティーワンダーランド」=写真=の建設に着手した。

13ページ

麻生、眠っている貴金属はありませんか

蛍光X線検査装置で正確計測
金・プラチナ・銀製品その日の価格で

 時計・宝石販売の竃ヰカ(福山市船町1-1、麻生政幸社長、電084・923・0528)は、金、プラチナ、銀製品の買い取りを正確に、円滑に進めるため、田中貴金属工業梶i東京都千代田区)のジュエリー買い取りシステム「RE:TANAKA(リ・タナカ)」に加盟し、専門的な鑑定計量機「蛍光X線検査装置」「特定計量器」を導入した。


14ページ

「東洋と西洋の心を謳う師弟展」

1/5から天満屋福山店で開催
中西さん、中川さんらが出品

 天満屋福山店(福山市元町1-1)は6階美術画廊(電084・927・2521)で、1月5日〔火〕−11日〔月・祝〕に新春絵画展「アンダルシアの出会いと友情東洋と西洋の心を謳(うた)う師弟展」が開かれる。

11ページ
当分の間は空き地のままで
ペアシティ三原東館跡地
公園・駐車場で暫定活用
 JR三原駅前のペアシティ三原東館跡地の開発について、三原市(五藤康之市長)は当分の間現況の空き地で公園や駐車場の暫定活用を図る方針を保っている。
 

15ページ
鞆町ゆかりの人物を使った焼き菓子
「龍馬が見た月」発売
宮本屋「土産物や茶菓子にどうぞ」
 菓子製造販売の葛{本屋(福山市瀬戸町地頭分444-1、工藤秀樹社長、電084・951・0999)は焼き菓子「福山鞆の浦 龍馬が見た月」を開発、発売した。映画「崖の上のポニョ」の舞台となるなど、全国的に知名度が上がっている鞆町に着目、坂本龍馬が「いろは丸事件」で談判した鞆町の「対潮楼(たいちょうろう)」の部屋から見た満月をイメージした。
 

16ページ
しまなみ、両信は大きく改善
備信は唯一、増収増益に
信金・信組の中間決算
 備後地方に拠点を置く信用金庫、信用組合の9月中間決算(単独)が出揃った。景気の低迷などで預金、貸出金が伸び悩み、企業の売上高に当たる経常収益はおおむね低調だったが、有価証券評価損や貸倒引当金の積み増しなどが利益を圧迫した前年同期に比べ、いずれも業績は回復傾向を示した。
 

17ページ
中四国・九州で唯一実施
初めての薬学共用試験
福山大学4年の146人が挑む
 福山大学(福山市学園町1番地三蔵、牟田泰三学長、電084・936・2111)で12月6日、国内初の薬学共用試験があった。病院や薬局での実務実習能力を問う試験で、薬学教育の6年制移行に伴って新設。技能・態度をみる「OSCE(オスキー)」と知識を試す「CBT」の2種がある。この日はOSCEを全国の薬学部・薬科大50校中、6校が一斉に実施、中四国・九州では同校のみで開かれた。
 

19ページ
青葉印刷「社内印刷」支援事業に乗り出す
名刺印刷システムを販売
 青葉印刷梶i福山市曙町2-11-25、松浦秀明社長、電084・957・2222)は、一般企業にパソコンやカラープリンターが普及したことを背景に高まってきた「社内印刷」の支援サービスを始めた。第1弾として名刺の社内印刷を支援するシステムを販売する。
 

21ページ
女性用フィットネスジム出店を加速
来夏、福山市内に出店計画
はっけん3年後には5店舗体制
 人材派遣、フィットネスクラブ経営の鰍ヘっけん(福山市三之丸町11-14、加茂貴久社長、電084・973・8015)は女性専用フィットネスジムの出店を強める。来夏を目途に福山市内に新規出店し、3年後には既存2店舗を含めた5店舗体制にする。人材派遣業が主力だが、フィットネスジム部門を一つの柱に育てる。
 

24ページ
和牛ステーキなど高級食材を使用
持ち帰り用「年越しのごちそう」
壱乃藏、大晦日に温かいまま引き渡す
 ワインとあぶり焼きのレストラン「壱乃藏」(福山市東町1-2-10、林倫男代表、電084・926・6824)は、特製お持ち帰り料理「年越しのごちそう」の注文を受け付けている。1人前5500円、限定130食。申し込み締め切りは12月28日〔月〕。