2009年9月10日 1314号

10ページ

贅沢な時間と豪華な食事を社員に

記念日のプレゼントや福利厚生に
都 食事券の法人需要を提案

 ステーキ懐石「都」など3店を経営している鞄s(福山市春日町2丁目2-43、嵜本 渉社長)は、従来個人を対象に販売していた食事券(額面千円、一万円の2種)を、法人需要拡大に伴い、企業にも広げていく。

11ページ

建設機械ミニチュアオンラインショップ

コマツ、ボルボ、CATなど世界メーカー扱う
共和工業 ミニチュア模型公式コミュニティサイト開設

 建設機械販売・修理の共和工業梶i福山市引野町4-4-28、今田徹男社長、電084・941・0500)エンジン事業部(ミニチュア担当)が、「1/1からミニチュアまで」のキャッチフレーズで取り組んでいたネット販売の「建設機械ミニチュアオンラインショップ」が軌道に乗ってきた。



12ページ

生活協同組合が中・四国の配送拠点

尾道流通団地にセンター
10月から順次稼働目指す

 日本生活協同組合連合会(本部・東京都、山下俊史会長)が県営尾道流通団地(尾道市美ノ郷町)に建設している流通センターの完成が近づき、10月下旬から稼働する見通しだ=写真。

9ページ
内視鏡中心の低侵襲治療を普及・発展
18日に第1回MIS研究会
福山市民病院の井谷外科統括部長、全国で初めての結成
 福山市民病院(福山市蔵王町5-23-1、浮田 實院長、電084・941・5151)は既報の通り、井谷史嗣・外科統括部長が中心になって胆嚢(たんのう)結石症に対する新しい内視鏡手術「単孔式腹腔鏡手術(SPS)による胆嚢摘出術」を全国の医療機関に先駆けて実施し、注目を浴びている。
 

14ページ
取扱商品の拡大追求などで業績アップ
ヤマザキ技販を吸収合併
池田ハルク年2件程度のM&Aを実施
 インテリア商品卸売業者である樺r田ハルク(福山市明神町2-14-29、池田邦昭社長、電084・922・8600)はこのほど、潟с}ザキ技販(福山市神島町12-14、化成品販売、電084・952・1155)を吸収合併、同社の100%出資子会社となった。
 

15ページ
水道管と直結できる真空管太陽光温水器
商品名は「サントップ」
寺田鉄工所 国内展示会で「エコ作」が受賞
 産業機械メーカーの且專c鉄工所(福山市新浜町2-4-16、寺田雅一社長、電084・953・0556)は水道管と直接結べるタイプの真空管式太陽熱温水器を開発、発売した。ガラス管内に金属集熱体を配し、タンク内で湯を沸かす。同社によると、水道管と直結できるのは国内では初めてという。
 

19ページ
CTなど備えた動物病院
アニマルケアホスピタルアロハ、福山市引野町に開院
ホリスティックショップも併設
 あそう動物病院(福山市今津町330-3、電084・930・0232)の麻生暁秀院長は8月8日、同市引野町5-12-5に動物病院の「アニマルケア ホスピタル アロハ」(電同983・0232)を開院した。犬、猫を主体に、診療や各種検査、予防接種などに対応する。また、ホリスティックショップ「ケ・セラ・セラ」も併設している。
 

20ページ
アクセのビルに有名店が続々
ファッションのバナーバレットと
カフェのシグネがテナントで出店
 尾道、福山、広島でセレクトショップ「PARIGOT=パリゴ」を展開する潟Aクセ(尾道市久保1-8-1、高垣圭一朗社長、資本金2千万円、電0848・37・3629)が広島市で直営しているファッションビル「アクセ広島」(5階建て、地下1階)に、人気のファッションブランドショップやカフェが入居。地元のTV局がその様子を伝えるなど注目を集めている。
 

21ページ
ガラス瓶から小皿が生まれた
上下の工芸家が商品化
収益で自殺者遺族を支援
 ガラス工芸作家の高橋孝二さん(府中市上下町矢野868・夢一輪工房、電0847・62・5590)が、リサイクルできないガラス瓶を加工した正方形の小皿「再生共生ガラス」を商品化、お食事処ことぶき(同町上下844-1・JR上下駅前、西山佐代子店長、電同62・3226)で売り出した。1枚1千円。
 

22ページ
すり鉢状のコースに興奮必至!!
19度の急傾斜を備える
御調町 サーキット場が完成
 スポーツ走行やレースなどの楽しめる「スピードウェイ広島サーキット」が尾道市御調町の芦品広域農道沿いにオープンした。レーシングサービスの芥.D.O(福山市引野町、板倉日出生社長、電084・945・0856)が山林など7・3haを1600万円で購入、うち1haに1億2千万円を投入し、斜度19度という急勾配の直線コースや20ー30度の横傾斜を備えた、全長680m、幅12・5−18mのコースを建設した。