2009年9月1日 1313号

7ページ

世界的ピアニスト徳江陽子さんも演奏

9日に開館20周年記念式典
中川美術館「重陽の節句」9時9分に

 中国美術の紹介で世界的な中川美術館(福山市熊野町・鶯の里、電084・959・1248、中川健造館長)は、開館20周年と中華人民共和国建国60周年を記念し、長寿を祈る「重陽の節句」に当たる9月9日〔水〕午前9時9分から同美術館で式典を行い、翌10日〔木〕から11月23日〔月・祝〕まで「中国美の至宝名品展」を開く。

8ページ

自分史などの印刷製本を安価で受けます!

団塊の世代に向け展開
キシマ印刷新型印刷機を導入

 製本印刷業の泣Lシマ印刷(福山市御門町3-10-8、鬼嶋英三社長、電084・923・3415)は、写真を織り交ぜた旅行記や自分史などの冊子を安価で印刷製本するサービスを始めた=写真。

10ページ

10/19「第1回びんご倶楽部」開催

明治安田生命・福山支社企業経営者・幹部対象の交流会
「最近の経済情勢について」講演

 明治安田生命保険相互会社・福山支社(福山市昭和町2-3、片山淳一支社長)は10月19日〔月〕、福山ニューキャッスルホテル(同市三之丸8-16、電084・922・2120)で異業種交流会「第1回びんご倶楽部」を開く。



11ページ

来春、市立川口小学校西側に出店

コスモス薬品、医薬品・化粧品など2万点
初年度年商6億円めざす

 ドラッグストア運営大手の潟Rスモス薬品(福岡市博多区博多駅東2-10-1、宇野正晃社長、電092・433・0660)は来春を目途に、福山市多治米町2-10・市立川口小学校西側=写真=に「スーパードラッグコスモス福山川口店(仮称)」を出店する。

9ページ
「ANA@desk」説明会9月9日に福山で開催
法人向け出張手配システム
出張業務を強力バックアップ
 全日空広島地区総代理店の中国ターミナルサービス晦NA・CTSトラベルセンター(広島市中区胡町4-21、電082・544・2688)は、9月9日〔水〕午後1時30分−2時30分に福山ニューキャッスルホテル(福山市三之丸町8-16)で開く法人向け出張手配システム「ANA@desk」説明会の参加者を募集している。参加無料。
 

12ページ
最先端のシワ・たるみ治療
手も若返り、鼻は高くなる
荒木医院2種の注入療法を導入
 荒木医院のメディカルエステ福山(福山市笠岡町1-1、荒木英俊院長、電084・920・9292)は、従来のヒアルロン酸、コラーゲンのシワ、たるみの治療から進化した注入剤「レディエッセ」と「セルリバイブジータ」の治療を8月から始めた。
 

13ページ
宮脇建設、ボールの転がりで地震を緩和
震度7を4に軽減する
定評の免震住宅を拡販
 宮脇建設求i神石郡神石高原町865、宮脇康行社長)は住宅向け免震システムの販売に乗り出した。基底部の金属ボールが地震時に回転し、揺れを緩和する装置でトップシェア(戸建て部門)を誇る蟹AU(東京)と特約店契約し、信頼度の高さや低コスト、優遇税制などを武器に需要開拓する。
 

14ページ
三原に最大のホームセンター
円一町に6600u余の規模
ダイキ9月中旬にオープン
 四国に本拠を置くホームセンターのダイキ梶i愛媛県松山市美沢1-9-1、佐藤一郎社長、資本金70億5800万円、電089・927・1111)が三原市の円一町に建設を進めている大型店のオープンは9月中旬になるもようである。
 

16ページ
ツマヨウジが1本ずつ出せる
「携帯用つまようじ」を開発、綿棒・サプリメントにも応用
サトウ製作所が特許を申請
 プラスチック製品の製造・販売業者、潟Tトウ製作所(福山市神辺町十九軒屋38-1、佐藤憲示社長、電084・962・2793)は、「携帯用つまようじ」を開発、特許を申請中した。
 

17ページ
島のこし火山灰を利用した干物を販売
魚の旨みそのままに
笠岡の新たな特産品へ
 鞄のこし(笠岡市北木島町9768-29、柚木義和社長、電0865・69・1008)は、火山灰を利用して作る魚の干物「灰干し(はいぼし)」の販売を始める。笠岡の新たな特産品を目指す。
 

20ページ
福山初登場ワールドのファッション
「MRK」ショップスタート
ナカムラ18日、さんすて福山にオープン
 シューズを中心にしたファッションの7店を展開する潟iカムラ(福山市引野町5-33-10、中村公隆社長、電084・941・1514)は、「さんすて福山」(同市三之丸町)にある3店舗を一部組み替え、9月18日〔金〕にシューズ、レディース、スポーツ関係ファッションを販売する「MRK」ショップとしてスタートする。