2009年4月20日 1300号



10ページ

子供と家族対象のエクササイズDVD全国発売

サルーテの松崎主税さん指導
大田記念病院が全面協力

 医学的にサポートしながら、安全で効果的なトレーニングを提供する施設として今年1月にオープンした「メディカルフィットネス・サルーテ」(福山市沖野上町3—6—28・脳神経センター 大田記念病院「福山ガンマハウス」1階、電084・931・1031)のメディカルフィットネストレーナーの松崎主税(まつざき・ちから)さんが指導した、子供と家族のためのエクササイズDVD「Kids Fit〜一生困らない身体のつくり方〜」が、〔株〕ポニーキャニオン(本社・東京)から全国販売され、話題を集めている。



12ページ

ワールドビュッフェ岡山下中野店開店

ホーミイグループ4店舗目で初日売上げグループトップ
間接照明と観葉植物でくつろげる店内

 夕食材料宅配業の〔株〕ヨシケイ福山(福山市明神町1-5-8、岡崎雅廣社長、電084・931・4545)を中核として躍進を続ける「ホーミイグループ」の傘下で、外食産業と給食事業を手掛ける〔株〕ホーミイダイニング(同市南蔵王町6-20-20、同社長、電084・944・4115)は3月31日、同社4店舗目の「神戸クック・ワールドビュッフェ岡山下中野店=写真」(岡山市下中野364-106、丸本孝一郎店長、電086・805・0665)をオープンした。



13ページ

中国5県で初導入の超音波ウェルダー

三和綜合印刷がUV印刷機でポリプロピレンの高精度印刷
クリアファイル10万枚受注可

 オフセット印刷、UV特殊印刷・企画提案の、三和綜合印刷〔株〕(福山市曙町6-1-11、近江良晃社長、電084・953・1969)はこのたび、書類などを挟むポリプロピレン(PP)の「クリアファイル」を大量生産できる「ベルトコンベア自動ライン対応・超音波ウェルダー」(日本ヒューチャー製)を中国5県で初めて導入した。

14ページ

民間初の新6級海技士養成へ海技学院が一役

海事都市尾道推進協議会
船員不足対策も熱心に取り組む

 尾道海事事務所で「第3回海事都市尾道推進協議会」が開かれ、尾道市が掲げる“海事都市構想”の実現に向け意見が交わされた。
この構想は平谷市長が先の選挙で「域内には舶用工業、それに関する鉄工など多くの産業が“海事”という器のなかで運命を共にしている。こうした営みを市を挙げていつくしみ、その歴史を大切に考え、未来ある子供たちに継承させていきたい」と唱え、その公約を果たすために就任後初となる予算編成(08年度)に「海事都市推進事業」として500万円を計上。国交省からの同額補助金を合わせた合計1千万円を財源に一歩を踏み出した。

15ページ

「福山雅治さんを福山に呼ぼう!」

プロジェクト実行委員会結成
実行委員長に細羽雅之さん

 昨年の映画「崖の上のポニョ」のブームで、同作品の舞台と言われている福山市の鞆の浦が改めて注目されている昨今、2010年度大河ドラマ「龍馬伝」のロケを鞆の浦に誘致しようという動きがある。中心となっているのは「福山に福山さんを呼ぼう」プロジェクト実行委員会(仮本部=福山市城見町1-1-6〔株〕サンクレア内、細羽雅之実行委員長、電084・927・0888)で、現在賛同者を募集している。

16ページ

業界最大手の「かっぱ寿司」笠岡に進出

ワシン番町店跡地に9月出店
うどんの丸亀製麺も併設

 回転寿司チェーン最大手、カッパ・クリエイト〔株〕(さいたま市大宮区、徳山桂一社長、電048・650・5100)は9月上旬、笠岡市3番町1、ワシン番町店跡地に「かっぱ寿司笠岡店(仮称)」をオープンする。併設して、〔株〕トリドール(神戸市中央区小野柄通7、栗田貴也社長、電078・200・3430)がうどん店「丸亀製麺笠岡店(仮称)」を出店するなど大規模出店となり、これで笠岡市中心部が活性化するものと期待されている。

19ページ

日経レストラン・メニューGで準グランプリ

「ブールブラン」の藤谷さん
もち豚ソフトステーキで受賞

 既報の通り、フランス料理「ビストロブールブラン」(福山市桜馬場町6-29、電084・922・7707)のオーナーシェフ・藤谷エイジさんは、3月25日〔水〕に東京・中野の織田調理師専門学校で開催された「第15回日経レストラン・メニューグランプリ」に出場し、応募作品「『Pons gout(ポングー)』もち豚のソフトステーキフライドキャベツ添え」が料理部門・準グランプリを受賞した。



17ページ

因島の「陸上養殖」施設が5月完成

閉鎖循環型養殖システム採用
ICRAS9月にトラフグ初出荷へ

 トラフグ、オニオコゼなど付加価値の高い魚を「陸上養殖」するという画期的な事業が具体化、このほど尾道市因島重井町本郷沖新開2708(敷地1216平方m)で施設の建設に着手、5月の連休明けに完成する予定で、全国的に注目を集めている。



19ページ

吉岡システム正目を浮かせた看板を制作

商品名は「楽木(らっきー)」

 建設工事業の〔株〕吉岡システム(福山市駅家町法成寺2149-1、吉岡宏展社長、電084・972・2109)は、板の木目や正目を浮き上がらせるように加工した木彫の看板や表札の制作を始めた。
 商品名は「楽木(らっきー)」。元々、石やコンクリート、木材を削って文字や模様を表現する「ブラストアート」を手掛けていた。「楽木」では、木のブラストアートの正目部分が際立つように削り、思わず触ってみたくなるように仕上げたという。



21ページ

糖尿病などに特化したクリニックが開院

鋼管病院消化器内科部長など経験
永原内科クリニック第3日曜日の午前中診察

 糖尿病、消化器治療に特化した永原内科クリニック(福山市伊勢丘6-1-30、永原靖浩院長、電084・948・9123)がこのほど開院した。大腸カメラや心電図、糖尿病に関する検査機器など、総合病院並みの設備を備え、特に糖尿病に関する検査結果は、1時間以内の短時間に結果説明するなど、柔軟に対応する。



23ページ

「もりかわ内科クリニック」と「しぜん厨房穀灯」

東手城ヘルスケアモールに開業
山下医科器械複合医療施設は6月オープン

 医療機器販売・医業経営コンサルティングを展開する山下医科器械〔株〕(本社・福岡市)が6月のオープンを目指して福山市東手城町1-3-11・12に建設中の複合医療施設「東手城ヘルスケアモール」で主要テナントのクリニックエリアに「もりかわ内科クリニック」(森川民也院長)、飲食テナントに「しぜん厨房 穀灯(こっとん)」(伊藤浩料理長)がそれぞれ開業する。