2009年4月10日 1299号



5ページ

トータルエネルギーコスト40%削減可能

建物の断熱・耐久性能がアップ
山崎建設透湿外断熱システム導入

 山崎建設〔株〕(福山市霞町3-2-23、山崎安育社長、資本金2250万円、電084・923・3456)は、建物の断熱・耐久性能がアップするということから、建築業界で注目されている「透湿外断熱システム『シュトーサーモクラシック』」を中四国地区で初めて導入し、第1号物件として「久松ハイツ」(同市木之庄町)のリニューアル工事に同システムを採用した。



9ページ

副会頭候補に赤松、松本、内海の3氏

所属クラブ、出身高校も考慮?
福山商議所林・新会頭のもとでスタート

 前会頭の突然の辞任で混乱が続いていた福山商工会議所の第7代目となる新会頭は、既報の通り、3月27日に開かれた通常議員総会で筆頭副会頭の林克士氏(67)が選ばれた。任期は来年10月31日まで。


11ページ

貸しホール「Zホール」として開放

ディスカウントS「A—Z」
100平方m5千円から利用可

 温泉施設・ゴルフ練習場経営、警備保障業務など「ケンセイ舎グループ」の1社で不動産管理を行っているZ=ゼット〔株〕(福山市明神町2-12-12、定藤克己社長、電084・928・7172)は、同所で経営のディスカウントストア「エーゼット(A-Z)」1階フロア(1千平米m)=写真=の中央400平方m(20m四方)を貸しホール「Zホール」として開放することになった。



13ページ

上下・吉井寺の薬師如来像をイメージ

シタール奏者・田中峰彦さん
CD「上下楽園」を制作、5月中旬に販売開始

 医王山吉井寺(府中市上下町上下443、林俊仁住職、電0847・62・2798)に安置されている広島県指定重要文化財「木造薬師如来像」(備後大仏)に魅せられ、関西を拠点に活躍するシタール奏者・田中峰彦さん=写真=が同像をイメージしたCDアルバム「上下楽園」を制作、5月16日〔土〕、17日〔日〕ごろ販売を開始する予定。



14ページ

「永遠の幸せを呼び寄せるダイアモンド」

「88+iダイアモンド」開発
関西宝飾直営店「LAPIS」で販売

 ダイアモンドの製造から販売を手掛けている関西宝飾〔株〕(福山市南蔵王町3-8-44、迫恭一朗社長、電084・924・1460)は、「永遠の幸せを呼び寄せるパワーストーンダイアモンド」というキャッチフレーズの「88+iダイアモンド」=写真=を開発、同社の直営店「LAPIS(ラピス)」(同社内、電同924・1531)で販売を開始した。

17ページ

笠岡シーサイドモール開業30周年記念事業を展開

井笠鉄道やカブトガニ展など
19日にはミニSLを運行

 笠岡マルセン開発〔株〕(笠岡市笠岡2388、奥村良一社長、電0865・62・2121)が運営するショッピングセンター「笠岡シーサイドモール」(同所)は、今年11月に創業30周年を迎える。それに当たり2009年は各種記念事業を展開している。4、5月にはミニSLの運行や、生きたカブトガニの展示といった大型イベントも実施する。

19ページ

日経レストラン・メニューGで準グランプリ

「ブールブラン」の藤谷さん
もち豚ソフトステーキで受賞

 既報の通り、フランス料理「ビストロブールブラン」(福山市桜馬場町6-29、電084・922・7707)のオーナーシェフ・藤谷エイジさんは、3月25日〔水〕に東京・中野の織田調理師専門学校で開催された「第15回日経レストラン・メニューグランプリ」に出場し、応募作品「『Pons gout(ポングー)』もち豚のソフトステーキフライドキャベツ添え」が料理部門・準グランプリを受賞した。



21ページ

通行料値下げで高速道路のSAは大賑わい

小谷SAには中国地方初!
シャワー・ランドリールーム登場

 3月28日に高速道路上限千円以下の通行料金がスタートし、山陽自動車道広島IC—小谷ICでは初日の交通量が25%増加。これから春の行楽シーズンを迎えその数は増すと推測する。
 本誌の関係地域には吉備、福山、小谷に大型のSA(サービスエリア)があり、それぞれ昨年中に大規模なリニューアルを行い、通行料金大幅値下げ効果と相まって、たいへんなにぎわいだ。



22ページ

6月を目途にデオデオが出店か

ベスト電器福山本店跡に
東福山店を移転オープン?

 家電販売チェーン店運営大手の〔株〕デオデオ(広島市中区紙屋町2-1-18、友則和寿社長、電082・247・5111)は6月を目途に、閉店する、ベスト電器福山本店(福山市南蔵王町5-21-8、電084・940・5755)に「デオデオ東福山店」(同市春日町1)を移転オープンするもよう。既存店舗は近く閉鎖するという。



23ページ

焼肉「南大門」が曙町に新築移転

2・5倍の店舗面積で14日開店
鍾永フーズ完全個室で国産和牛使用

 焼肉店経営の鍾永=しょうえい=フーズ〔株〕(福山市曙町5-26-13、安田雅恵社長、電084・953・2877)は4月14日〔火〕、焼肉「南大門」(同市多治米町)を福山市曙町5に新築移転する。店舗面積を既存店の2・5倍にし、駐車場も広く取るなど利便性を向上させ、業容を拡大する。



24ページ

景況が少し改善する傾向へ

福山商議所、福山市の景気観測発表
製造業のDIがわずかに好転

 福山商工会議所(福山市西町2-10-1、林克士会頭、電084・921・2345)は、3月に調査した福山市の景気観測を発表した。