2009年3月1日 1295号



9ページ

副院長に高倉範尚氏が就任

福山市民病院副院長は3人体制に

 07年に開院30周年を迎えた福山市民病院(福山市蔵王町5-23-1、浮田 實院長、電084・941・5151)の副院長(外科)にこのほど、広島市民病院の副院長・高倉範尚(たかくら・のりひさ)氏=写真=が就任した。副院長は金仁洙(外科)、山田信行(循環器内科)の2氏を含め3人体制となった。



10ページ

下肢静脈瘤の根治手術件数で全国2位に

日本血管外科学会の報告で判明
日帰り手術専門医・山本醫院、1年間に252例(07年)

 特定非営利活動法人・日本血管外科学会が1月に発表した、07年中に下肢静脈瘤の根治手術が行われた各施設の手術件数をまとめた報告によると、山本醫院(福山市引野町北2-8-28、山本裕院長、電084・943・2777)が252例と、全国第2位の手術件数であったことが判明した。



12ページ

食品スーパー・バイキングレストラン出店

ホーミイグループ、広島・岡山エリアのシェア率アップ
グループ年商330億円目指す

 夕食材料宅配業の〔株〕ヨシケイ福山(福山市明神町1-5-8、岡崎雅廣社長、電084・931・4545)を中核として躍進を続ける「ホーミイグループ」は3?6月、食品スーパーやバイキングレストラン出店を計画している。



13ページ

「獺祭」の“超限定酒”

「大吟醸生原酒・槽場汲み」
酒のマエダが17日に限られた店で予約客のみ販売

 全国の地酒を扱う〔有〕酒のマエダ(福山市元町7-6、前田美都子社長、電084・923・1719)は、多くの日本酒ファンから高い支持を受けている「獺祭(だっさい)」(旭酒造〔株〕=岩国市周東町=醸造)の“超限定酒”「無濾過純米大吟醸生原酒・槽場(ふなば)汲み」を3月に発売、予約を受け付けている。締め切りは7日〔土〕。



16ページ

池永経営会計事務所、第2期「経営塾」がスタート

会社経営者・幹部が対象
決算書の見方など分かりやすく説明

 斬新なノウハウで中小企業の安定経営を支援している池永経営会計事務所(福山市王子町1-2-24、池永章所長、電084・931・1428)は3月26日〔木〕から、会社経営者・幹部のための第2期「経営塾」をスタートする。場所は同事務所3階セミナールーム。定員28人、会費無料。



19ページ

かこ川商店、消防署のレスキュー訓練に協力

訓練場所と廃車を提供

 鉄リサイクル業の〔株〕かこ川商店(福山市神辺町川南636-1、水主川賢二社長、電084・963・1358)と、同社の関連会社で車買い取りの〔株〕カーリュース(同町川南590、ル田憲志社長、電同962・2227)は、社会貢献の一環として福山地区北消防署駅家分署のレスキュー訓練に協力し、場所と廃車を提供した。訓練は2月16、23、25日の3日間行われ、署員の救助技術向上に役立った。



21ページ

「千の風になって」の秋川雅史さん出演

7/11に「真夏の『第九』」
福山シティオペラ、江口玲さんらがピアノ伴奏

 福山に音楽とオペラの魅力を伝える活動を行っている福山シティオペラ(福山市大門町2-1-25・専光寺内、藤井文子さん主宰、電084・941・0642)は、7月11日〔土〕午後6時30分からリーデンローズ(同市松浜町大ホール)で恒例の「ばらの街ふくやま真夏の備後ベートーベン『第九』(リスト編曲・2台のピアノによる)」を開催する。



23ページ

新たな飲料水として人気上昇

尾道チャイダーの販路拡大へ
チャイナドラゴンが提携企業募る

 ベンチャー企業支援などを行っている〔財〕ひろしま産業振興機構(広島市中区千田町3-7-47、電082・240・7701)は2月25日、広島県情報プラザで「第11回ひろしまベンチャー交流サロン」を開き、本誌の関係地域から尾道市のチャイナドラゴン(尾道市土堂1-9-14、村上博郁代表、電0848・24・9889)が参加。人気が高まっている「尾道チャイダー」など自家製の飲料水をアピールした。



24ページ

8日に「孔子像」と「孔子廟」の除幕式

福山銀河学院孔子学堂で開催
上海師範大学の副学長も出席

 学校法人・銀河学院(福山市大門119-8、門田峻徳理事長、電084・941・9292)と中国孔子学院本部の支援で設立された「福山銀河学院孔子学堂」(同市御門町3-6-5、倉田秀善学堂長、電同971・3350)に、「孔子像」と「孔子廟」が建立され、3月8日〔日〕午前10時から同学堂で除幕式が開かれる。



25ページ

アイ・エスツール、切削工具の加工・再生の注文急増

現場、対象物に合わせて加工
特注切削工具の受注も好調

 金属加工の〔株〕アイ・エスツール(福山市御幸町上岩成306-2、石原雅也社長、電084・970・2803)は、昨年から切削工具(ドリル)の加工・再生と、特注の切削工具を製造する事業に取り組んでいるが、いずれの事業も軌道に乗り、今年に入り注文が急増している。