2009年2月1日 1292号



9ページ

南蔵王エリアは回転寿司店の激戦区に

東深津町に「無添くら寿司」出店
くらコーポレーション、広島県内で初進出

 回転寿司店経営大手の〔株〕くらコーポレーション(大阪府堺市中区深坂1035-2、田中邦彦社長、電072・276・7188)は福山市東深津町3-18-20のスロット店跡地=写真=に「無添 くら寿司福山東深津店(仮称)」をオープンする。岡山県には2店舗あるが、広島県内初進出となる。



11ページ

12日に「タメになる『戦略社長塾』」開催

暁・誠、経営の基本を学びたい社長対象
講師は妹尾悟氏(せのお法務サービス)

 企業経営者・次期経営者を対象とした経営塾を主宰している〔有〕暁・誠(福山市横尾町1-60-1、電084・970・2528、FAX970・2533)は、2月12日〔木〕、経営を基本から学んでみたい経営者へ「タメになる『戦略社長塾』〜弱者の戦略を勉強することで、経営の改善ポイントがはっきりわかる〜」を同所で開く。



14ページ

ファミリーマート本部の機関誌に掲載

好事例として三吉町店を紹介
フューレック今年中に10店舗体制へ

 〔株〕フューレック(福山市笠岡町4-4、藤本慎介社長、電084・924・1820)のフランチャイズ事業部が運営するコンビニエンスストア「ファミリーマート福山三吉町店」(同市三吉町5-1-54、塚原環店長)は、同チェーン本部の〔株〕ファミリーマート(東京都豊島区、上田準二社長)が発行する機関誌「FAMILY1月号」の特集記事「元気です!」に紹介された=写真。



18ページ

麻生、パールフェア開催

クラスプパーツの加工も

 時計・宝石販売の〔株〕麻生(福山市船町1-1麻生政幸社長、電084・923・0528)は2月15日〔日〕まで、「パールフェア」を開いている。
 パール(真珠)はフォーマルな印象が強いが、他のアイテムを重ねづけしたり、少しの加工でデイリーな雰囲気に変える事ができる。アイデア次第で無限に楽しみ方が広がるジュエリーと言われている。



19ページ

「新型ウィルス対策セット」を販売

中小企業、家庭向けにマスク等
ミドリ安全福山、新型インフルエンザに対応

 産業用安全衛生保安用品の販売を手掛けるミドリ安全〔株〕(本社・東京)の関連会社、ミドリ安全福山〔株〕(福山市東深津町4-20-1、松村不二夫社長、電084・928・8220)は、世界的大流行(パンデミック)を起こす危険性があるとされる新型インフルエンザに対応したグッズで、中小企業や家庭向けの「新型ウィルス対策セット」を本格的に販売することになった。



20ページ

山陽地域エネルギー環境教育研究会を開催

14日に倉敷芸術科学大学で
エネルギー教育地域拠点大に選定

 経済産業省資源エネルギー庁の委託事業として社会経済生産性本部・エネルギー環境教育情報センターから「エネルギー教育地域拠点大学」に選定され、岡山県や広島県東部を含め「山陽地域におけるエネルギー環境教育連携ネットワーク支援プログラム」を研究・実践している倉敷芸術科学大学(倉敷市連島町西之浦2640、添田 喬学長、電086・440・1111)は、2月14日〔土〕午後1時?5時に同大学・本館会議室で第2回「山陽地域エネルギー環境教育研究会」を開く。参加無料。内容は次の通り。



21ページ

「地下に設置される送迎場に異議あり!」

福山駅前広場整備、導入路がヘアピンカーブに
掛谷泰男氏意見広告を新聞折り込みに

 福山市がJR福山駅前で進めている広場整備と福山城遺構保存整備計画で、今まで遺構保存問題について議論が集中した感があるが、ここに来て広場整備、特に地下に設置される送迎場に異議を唱える地元住民が現れた。「駅前広場整備に関する懇談会」委員でもある東桜町町内会の掛谷泰男会長(福山市東桜町2-11、電084・921・2600)がその人で、1月30日に意見広告「奥さん ヘアピンカーブを運転できますか?」を新聞に折り込んだ。



23ページ

WEBポイント管理システムで特許

ツールバーで情報を管理
シンクライズ利用者の利便性向上へ

 WEBシステム開発の〔株〕シンクライズ(福山市箕島町5816-63、内田弘人社長、電084・981・2826)は、特許出願中だったWEBポイント管理システムと、そのポイント管理方法に関しての特許査定書を受領し、事実上特許を取得した。



28ページ

形状が変えられる桐製のペン立て開発

府中のフルブル、「ツインズボックスデルタ」
東京ギフトショーに出品

 アイデア商品開発販売の〔有〕フルブル(府中市府中町142、竹岡規行社長、電0847・41・7776)は用途に応じ、形状が変えられる桐製のペン立てを開発、2月3日〔火〕に発売する。府中市内の家具メーカーに製造委託しており、“府中発の木製文具”として全国からの需要を見込む。



29ページ

立春の朝搾った酒をその日に販売

朝日米と高梁川の伏流水使用
嘉美心酒造「立春朝搾り」を限定4500本

 酒造メーカーの嘉美心酒造〔株〕(浅口市寄島町7500-2、藤井進彦社長、電0865・54・3101)は立春の朝搾った酒をその日に販売する季節限定商品「嘉美心 立春朝搾り」を2月4日〔水〕に売り出す。