2009年1月20日 1291号



10ページ

電子看板「デジタルサイネージ」が登場

「ミルカ」とネーミング
アスコン福山市内に今年中100カ所設置

 チラシの印刷や、タウン情報誌「ウィンク」発行からマルチメディア関連情報サービスまで幅広い事業を展開している〔株〕アスコン(福山市港町1-15-27、林征治社長、電084・920・0111)は、「クロスメディア事業部」(同市明治町2-14、電同920・0228)を立ち上げ、映像による電子看板・掲示板として注目を浴びている「デジタルサイネージ」事業に取り組むことになり、「ミルカ」とネーミングした第1号のディスプレーをJR福山駅のコンコースに設置した。今年中に福山市内約100カ所に設ける計画。



11ページ

カンボジアで井戸を掘る資金に寄付

結婚指輪成約金額一部を充当
ミムラ時計店てんつくマンの活動に賛同

 時計、宝石の〔株〕ミムラ時計店(福山市笠岡町1-10、三村真二社長、電084・923・0899)は、元お笑いタレント・てんつくマンさんが代表を務め、カンボジアに井戸を掘り、きれいな水を供給する活動を行っているNGO(非政府組織)「メーク・ザ・ヘブン」(香川県小豆島町)に賛同、結婚・婚約指輪の成約の際、金額の一部を井戸を掘る資金に寄付するキャンペーンを始めた。期間は今年8月まで。



12ページ

中小零細向けセーフティネット貸付に注力

売上高減少が5%以上に緩和
日本政策金融公庫福山支店、来年3月末まで受け付け

 政府系金融機関が統合し誕生した〔株〕日本政策金融公庫(東京都、安居祥策総裁)の福山支店(福山市光南町2-2-7、三田祥弘支店長、電084・922・6550)は、経営再建中の中小零細企業向けの低金利貸付、セーフティネット貸付に力を入れている=写真。統合と同時に出来た新商品で従来、売上高が10%以上減少した事業主が貸付用件だったが、世界的な経済情勢の悪化などを受け、5%以上に緩和し、間口を広げた。



14ページ

50周年のテーマは「男40歳から自分の磨き方」

本格派理容室あかつき、2月末にリニューアルオープン
「かっこいいオヤジを応援したい」

 本格派理容室あかつき(福山市三之丸町8-20、横溝 誠店長、電084・926・1500)は「男40歳から自分の磨き方」をテーマに、多様で新鮮なサービスと、高級感あふれる接客を提供する方針を固めた。同店は昨年12月、50周年を迎えた。創業後、新たな半世紀を迎えた今年2月、店内を全面改装し、リニューアルオープンする。



15ページ

ガードレール付近の草刈り作業を軽減

「支柱の雑草繁茂防止板」
上谷協三さん、特許庁から実用新案登録取得

 寿司(すし)・日本料理店「みゆき」を経営している〔株〕鮮味社長のほか、陶芸家としても知られている上谷協三さん(福山市松浜町1-13-34、電090・4809・7327)は、「ガードレールの支柱の雑草繁茂防止板」=写真=を開発、特許庁から実用新案登録第3147160号を得た。



16ページ

幻の銘酒・十四代で乾杯!

尾道で日本酒を楽しむ会、尾道でべら会2月22日に催す

 尾道で日本酒を愛する飲食店が集まって発足した「尾道でべら会」(事務局・宮徳内、尾道市久保2-23-16、電0848・37・3652)は2月22日〔日〕に尾道で開く「第1回日本酒を楽しむ会」の参加者を募っている。事務局を務める宮徳は“せいろすし”で知られる一方で、近年は“酒”にこだわった店としても有名だ。



17ページ

体調管理に特化したスポーツジムに

5月を目途にリニューアル
フィットネスアリーナ中島、今年で開設10周年

 プロレス道場を併設した国内唯一のスポーツジムとして全国的にも有名な「フィットネスアリーナ中島」(福山市木之庄町2-13-55、中島一学代表、電084・928・0651)は5月を目途に、体調管理に特化したスポーツジムにリニューアルする。開設10周年を迎え、ボディービルダーのように“魅せる筋肉”から、より実用的な筋力を付けることで基礎代謝の向上や、高齢者の介護予防に役立てる。コンディショニングに重点を置くスポーツジムは福山市内では初めてで、県内でも珍しいという。



21ページ

回転寿司店「スシロー」が福山に進出

3月中旬新涯町にオープン、105円の寿司60アイテム提供

 回転寿司レストラン運営の〔株〕あきんどスシロー(大阪府吹田市江坂町2-1-11、矢三圭史社長、電06・6368・1001)は3月中旬を目途に、福山市新涯町3-18、ハローズ新涯店西隣に回転寿司店「スシロー福山新涯店」をオープンする。広島県内2店舗目で備後地区初進出となる。



23ページ

時価2億円、金のオブジェ展示

世界恐慌で金の価値を再認識
麻生が啓蒙のため田中貴金属が製作

 時計・宝石販売の〔株〕麻生(福山市船町1-1、麻生政幸社長、電084・923・0528)は1月15、16日、1階に東京芸術大学工芸科彫金研究室・飯野一朗教授の指導で学生が製作した、金のオブジェ「大切な贈り物」(純金約20kg使用、時価2億円)を展示、多くの市民が見学に訪れた。



24ページ

日経レストランメニューグランプリ決勝に

ビストロブールブランの藤谷さん
もち豚のソフトステーキで

 フランス料理のビストロブールブラン(福山市桜馬場町6-29、電084・922・7707)のオーナーシェフ・藤谷エイジさんは、フードビジネス業界誌最大手「日経レストラン」(日経BP社)主催の第15回「日経レストランメニューグランプリ」に出場、応募総数703人の中から第1・2審査を通過し、3月に東京・中野で開催される決勝に出場できるファイナリスト10人の中に残った。



39ページ

登下校中の子どもの位置情報を管理

ICタグリーダー、GPS組み合わせ
山陽KSC「見まもりタグシステム」発売

 測量、設計などの〔株〕山陽KSC(笠岡市大井南53-7、桑折義一社長、電0865・63・5521)はICタグリーダー(電子札読み取り機)とGPS(衛星利用測位システム)を組み合わせ、登下校中の子どもの位置情報を管理するシステムを構築、発売した。