2008年12月20日 1288号

7ページ 地元議員国会報告

和田たかし氏

民主党広島県副代表
衆議院議員広島7区

 審議しない国会?
 先月の国会報告以降、今回の報告までの間、実質的な審議はあまり行われていません。
 麻生内閣の方針により、臨時国会には第二次補正予算案が提出されないことになり、関連法案も含め、これらの審議が来年の通常国会に先送りされることになったからです。皆様ご存知のとおり、予算案の提出権は、政党にはなく、内閣にしかありません。審議拒否ならぬ予算案提出拒否により、審議できないのです。



8ページ

ワールドビュッフェ・マイカル明石店出店

ホーミイダイニング
本部事業部が店舗運営能力を評価
岡山下中野店は来年4月オープン

 夕食材料宅配業の〔株〕ヨシケイ福山を中核として躍進を続ける「ホーミイグループ」傘下の〔株〕ホーミイダイニングは12月18日、同社3店舗目の「ワールドビュッフェ・マイカル明石店」(兵庫県明石市大久保町ゆりのき通り2-3-1、電078・939・6334)をオープンした。2009年4月中旬には、4店舗目の「ワールドビュッフェ・岡山下中野店(仮称)」(岡山市下中野363-107)の出店を計画している。



9ページ 

庭や墓地の草取りが不要に

「草デン土」の販売本格化
福山ゼネラルサービス、JFEの水砕スラグ等使用

 面倒な草取りから解放されます?。JFEグループのサ?ビス会社、福山ゼネラルサービス〔株〕(福山市鋼管町1番地・JFEスチール〔株〕西日本製鉄所構内、深見正毅社長、電話084・943・7358)は、同製鉄所から発生する「水砕スラグ」などを使った防草・舗装土「草デン土(クサデンド)」の製造・販売を本格化させた。



12ページ

パーソナリティーに塾経営の奥田さん

ギラン・バレー症候群と戦う
レディオBINGO、水曜午前7時?9時に放送

 〔株〕エフエムふくやま(福山市西町2-10-1・福山商工会議所ビル1階、鈴木康平社長・田中宏行局長、電084・920・8777)が運営するコミュニティFM放送「レディオBINGO」で、月曜日から金曜日の午前7時?9時に放送している「GO!GO!Bびんご〜」水曜日のパーソナリティーを学習塾経営の奥田哲生さん(41、同市霞町4-1-3、電同922・1485)が担当、12月10日に第1回目の放送を無事務め終えた=写真。



13ページ

「タカヤグループ」の総帥に林真至氏

故・大塚長六氏の孫で38歳
グループ5社売り上げ1300億円

 電子機器メーカー、タカヤ〔株〕(井原市井原町661-1、電0866・62・2015)=写真=の大塚長六社長は12月5日に逝去した。享年90歳だった。これに伴い、新社長に12月8日付で長六氏の孫に当たる林真至常務(38)=顔写真=が昇格、同時にグループ会社であるタカヤ商事〔株〕、タカヤ繊維〔株〕などの社長にも就任した。



14ページ

「視力の改善効果を試してみませんか」

疲れ目を回復する医療機器
丸昌、フタワソニックの無料体験テスト

 〔有〕丸昌(福山市東川口町4-10-8、福島譽了社長)は視力の回復に役立つといわれる医療機器「フタワソニック」の普及に力を入れている。
 福島社長は「近年、パソコンやゲーム機等の普及もあり、これらの過度の使用によって目の疲れや視力の低下を訴える人が増えている。健康促進事業に携わっている当社としてはこうした状況を見過ごすことができず、改善につながる医療機器などのテストを続けた結果、実績のある視力回復システム・フタワソニックの販売代理店となって普及に力を入れていくことになった」と経過を語る。



15ページ

福山市融資制度、銀行融資について講演

金融支援セミナー実行委員会
「緊急金融支援セミナー」を開催
事業者や税理士が対象で参加無料

 福山地域中小企業支援センター、竹村税理士事務所、諏澤税理士事務所、麦田社会保険労務士事務所で構成している「金融支援セミナー実行委員会」(代表・竹村丙喜税理士、福山市曙町3-1-15、電084・957・5119、FAX同957・2512)は2009年1月19日〔月〕午後2時から4時まで、ウエルサンピア福山(福山市緑町9-7、電同921・3131)2階栴檀で「緊急金融支援セミナー」を開く。



19ページ

「スリープイン石垣島」の支配人に佐久川さん

ベッセルH開発初の女性支配人
「スリープイン」は8カ所展開

 〔ビジネスホテル運営の〔株〕ベッセルホテル開発(福山市南本庄3-4-27、澁谷誠社長、電084・920・1230)は、新人事で「スリープイン石垣島」(沖縄県石垣市浜崎町1-2-7、電0980・88・0101)の支配人に佐久川真由美(さくがわ・まゆみ)副支配人を昇格させた。同社初の女性支配人となる。



21ページ

備後信組は15年連続自己資本比率上昇

自己資本比率10%以上キープ
備後の3信組9月中間決算出そろう

 備後地方に拠点を置く3信用組合の9月中間決算(単独)が出揃った。主要取引先である中小零細企業の倒産や有価証券の評価損計上などにより、本中間決算では業績にバラツキが出た。3信組とも自己資本比率は10%以上を確保しており、地域金融機関に求められている4%以上をクリア、健全性をいずれも維持している。



22ページ

「東手城ヘルスケアモール」来春オープン

日本最大級の医療モール
「総合的な健康増進拠点に」

 東証1部上場企業で医療機器販売・医業経営コンサルティングを展開する山下医科器械〔株〕(本社=福岡市、広島営業所=広島市安佐南区)が福山市東手城町1-1412-1の「糸崎倉庫跡地」に建設中の日本最大級という医療モール「東手城ヘルスケアモール」は来年4月から5月にオープンする予定。



23ページ

住宅瑕疵担保責任保険の扱い始める

東部建築確認センター
09年10月1日瑕疵保険新法を施行
11月に建築関係者集め説明会開く

 住宅・建設関係の保険を取り扱う〔有〕広島県東部建築確認センター(福山市南手城町1-12-6、藤原良通社長、電084・973・8178)はこのたび、住宅瑕疵(かし)担保責任保険の取り扱いを始めた。同社は、備後地域地場産業振興センターで11月19日、「あんしん住宅瑕疵保険」の説明会を開き、建設業の関係者ら約300人が集まり熱心に聞き入っていた。