2008年12月10日 1287号

8ページ

日本や世界各国の食材を集めた大型施設

来春、中国・上海にオープン
尾道・グローカルジャパン
「日本の安全・安心な商品を」

 国内外において環境、農業などを中心にさまざまな分野で新規事業を計画・実施している〔株〕グローカルジャパン(尾道市浦崎町大平木1349-15・マリンパーク内、丸谷克己社長、電084・987・5100)は、世界有数の消費大国になった中国の上海に、日本や世界各国の食材を集めた大型施設「GL?JAPAN PLAZA(グローカルジャパン・プラザ)」(仮称)=写真・完成予想図=の建設を計画、来春オープンする。



9ページ 産学共同研究ルポ 知恵を集める(21)

イチゴの黒斑病予防に効果あり

アイデア企業が画期的方法を考案

 急激な景況の悪化で、思わず眉間に皺を寄せる経営者が多い中にあって、独自の技術と確固たるマーケットに支えられ、眉を上げ、快活に展望を話す経営者もいる。「ものづくりには夢がある」をモットーに、施設農業分野で躍進を続ける企業と、技術開発を側面から支える研究機関があることを紹介する。



10ページ

大田記念病院、最新の脳腫瘍治療施設

「福山ガンマハウス」を建設
脳梗塞・脳血管障害検査施設も

 脳神経センター・大田記念病院(福山市沖野上町3-6-28、大田泰正理事長、電084・931・8650)は、敷地内に「福山ガンマハウス」(新検査棟)を建設しているが、12月13日〔土〕に1階のフィットネスクラブをオープンし、以後来年1月中旬を目途に、すべての医療機器の設置済まし治療を開始する。



11ページ

窯で焼くピッツァや茹でたてパスタも

「菜園ブッフェ・ピソリーノ」
鞆スコレ・コーポレーション、16日に春日店をオープン

 ホテル「鴎風亭」「景勝館漣亭」など運営する〔株〕鞆スコレ・コーポレーション(福山市鞆町鞆421、村上正高社長、電084・982・1123)の外食事業部は12月16日〔火〕、同市春日町6-3(敷地1698平方m)に「菜園ブッフェ・ピソリーノ」春日店(電同943・2474)をオープンする。



12ページ

「おいしさの決め手は地物産のもち米」

シーズン迎え“杵つきもち”発売
山本屋地産地消にも一役

 和菓子製造の〔株〕山本屋(尾道市美ノ郷町本郷1-74、山本浩矢社長、電0848・40・0356)は正月に向けて需要期を迎えた“丸もち”の新製品を発売。地元世羅高原産のもち米を100%使用しているのが特色で「山本屋のこだわり?杵つきもち」の商品名で地元の量販店などへ出荷を始めた。



13ページ

「地域医療への貢献とサービスの拡充」

治田精一院長が方針打ち出す
福山循環器病院、心臓外科手術実績は県東部最多

 特定医療法人財団竹政会(竹政敏彦理事長)が運営する福山循環器病院(福山市緑町2-39、電084・931・1111)の治田精一院長(はるた・せいいち)はこのほど、「患者と人材、病院を第一に」をスローガンに掲げ、8月に同市住吉町から新築移転した新病院を中心に医師、看護士などが一丸となり、地域医療に貢献、さらなるサービスの拡充を図ることを明らかにした。



14ページ

子ども用プレイルームや専用の治療室設置

レーザー照射機なども完備
ハーベストデンタルクリニック、神辺町新湯野に開院

 菅茶山記念館近くに歯科医院「ハーベストデンタルクリニック」(福山市神辺町新湯野3-39-5、橋本泰伸院長、70120・52・4122、電084・960・4122)が12月1日開院した。床面積は約181・8平方mで、〔株〕鈴木工務店(同市丸之内)が施工。



17ページ

モラブスツタヤ笠岡富岡店を開店

コミックレンタルが4万冊

 〔株〕モラブス(本部=福山市川口町4-20-8-201号、濱田宏志社長、電084・981・1100)は12月6日、書籍販売、CD・DVDレンタルの「TSUTAYA(ツタヤ)笠岡富岡店」(笠岡市富岡233-1・ハローズ笠岡モール内、電0865・69・7501)をオープンした。



21ページ

備後地区初の「ほっともっと」春日町に開店

出来たて弁当約40種類販売
広島のブレンズ3年後、備後地区に30店舗

 持ち帰り弁当店をチェーン展開する〔株〕ブレンズ(広島市東区愛宕町2-18、山田博幸社長、電082・262・6151)は福山支店(福山市春日町3-1-40、山城勝次福山エリア責任者)を開設し、備後地区初の「Hotto Motto(ほっともっと)」春日町店(同所、電084・943・1616)をオープンした。



23ページ

来年4月「朝日医療専門学校福山校」に

理事長に本徳義明氏が就任
CACビジネス校など廃止

 11月17日、民事再生手続開始を申し立てた学校法人・上田学園は27日、学生・保護者への説明会を前に報道陣に倒産に至った経緯及び今後の方針について説明した。上田学園側の出席者は、上田晋資副理事長、朝日医療学園の本徳義明理事長、朝日医療専門学校岡山校の安神校長、代理人弁護士2人の計5人。上田三池子理事長は体調不良で欠席した。



25ページ

廃油回収のためドラム缶を設置

地球温暖化防止と地域サービス
タケダフーズ、完全燃焼のボイラー導入

 タケダフーズ〔株〕(府中市上下町井永187-1、武田勉社長、電0847・62・3213)はこのほど、一般家庭で処分に困っているテンプラ油などの廃油回収を始めようと、自社工場敷地内とJR備後矢野駅前にドラム缶を設置した。