2008年11月10日 1284号

15ページ シリーズ(20)

知恵を集める産学共同研究ルポ

製造業は発想力と実行力が命
仕事を任されると、人は発奮する

 多様な製造業が切磋琢磨を繰り広げている備後地方には、官にも学にも頼らずに独自の技術を編み出している企業が珍しくない。今回は、営業マンから技術職人へと転身、徒手空拳で地歩を築き上げた、ユニークな木工業者を紹介する。



16ページ

造船業界の好景気を追い風に好決算

売り上げ前年比40%増の42億円
ヤナセ鉄工、アジア全般を視野に展開

 数年後に上場準備を進めている船体ブロック、ウィンチ製造の〔有〕ヤナセ鉄工(福山市曙町6-15-30、簗瀬潮盛社長、資本金2千万円、電084・953・6200)は、08年7月の決算を発表した。



17ページ

県東部初の女性乳腺外科専門医

福山市民病院に小野亮子医師
マンモグラフィの技師も女性

 05年救命救急センター併設、06年「地域がん診療連携拠点病院」に指定されるなど、広島県東部の拠点病院として体制を強化している福山市民病院(福山市蔵王町5-23-1、浮田 實院長、電084・941・5151)外科にこのほど、乳腺領域を専門とする小野亮子医師が着任した。



18ページ

年賀状・名刺を早く、安く、綺麗に

小ロット印刷の「イー・ショップ」
瀧川デザイン事務所、12月2日まで早期割引キャンペーン

 商業デザイン、印刷物総合企画の〔有〕瀧川デザイン事務所(福山市川口町1-20-30、瀧川正雄社長、電084・920・2204)はこのたび、ハガキ(年賀状)、名刺などを小ロットから短期間で印刷し、ユーザーに送り返す「『e』shop!」(イー・ショップ)の事業を始めた。



19ページ

井上社長は総合プロデューサーに

全国展開の基盤づくりに注力
井上腰痛道場、本院施術は弟子の瀬尾氏に

 〔株〕井上腰痛道場(福山市瀬戸町山北369-3、電084・951・5449)の井上優一社長が、来年の開院10周年を迎える前、本院である現道場の施術を弟子の瀬尾俊一氏に託し、自らは総合プロデューサーとして全国展開の基盤づくりに取り組むと宣言した。



25ページ

福盛寺展示型の収蔵庫を完成

県の重文など収める
12月6日、7日に公開

 真言宗・大坊福盛寺(福山市駅家町新山356、佐藤秀典住職、電084・978・0425)は、寺にある文化財を収蔵、展示する「大日堂」を完成した。大日堂の展示室は12月6日〔土〕、7日〔日〕に開く仏名会(ぶつみょうえ)で公開する。



27ページ

総菜・調味料のテイクアウトサービス開始

倉敷「平翠軒」などでも販売
おばんざい木むら、ちりめんドレッシング等12品

 京風の総菜を提供している「おばんざい木むら」(福山市三吉町南2-9-22、店主・木村廣子さん、電084・927・0808)を経営する〔有〕木むら(木村政幸社長)は、同店で好評な総菜・調味料をテイクアウト(持ち帰り)・発送するサービスを開始した。



31ページ

「国産黒大豆五穀味噌豚汁」を開発

「五穀蔵福山」でも発売
キミセ醤油フリーズドライ製法で製造

 キミセ醤油〔株〕(岡山市妹尾217、永原國夫社長、電086・282・1395)は、岡山県産の黒大豆を使いフリーズドライ製法で作った「国産黒大豆五穀味噌豚汁」を開発、発売を開始した。備後地区も直営店「五穀蔵福山」(福山市瀬戸町山北字川崎200、電084・951・0997)で販売している。



32ページ

備後で医療法人初の高齢者専用賃貸住宅

駅家町に12月「そら」開所
さくらの丘クリニックに隣接

 〔医〕黎明会(福山市駅家町法成寺108、安部博史理事長、電084・972・2400)は12月1日〔月〕、運営する「さくらの丘クリニック」(同所)に隣接して、高齢者専用賃貸住宅「そら」(同市駅家町法成寺100-2)を開所する。



33ページ

サンキューランド新市リニューアル

テレビゲームwanpakuが入店
啓文社新市店、売り場拡張しリフレッシュ

 サンキューランド啓文社新市店(福山市新市町戸手582-1、金本憲司店長、電0847・52・7271)は11月8日、店内を改装しゲームソフト販売コーナーを新設してリニューアルオープンした。