2008年10月20日 1282号

11ページ 地元議員国会報告

亀井静香
国民新党代表代行
衆議院議員広島6区

日本人の心を取り戻す
国民新党のテーマソング

 郵政民営化法案に反対した前衆議院議員を中心に結成された「国民新党」。今号は、代表代行を務める亀井静香氏に党のテーマソング「お母さん」の生みの親である川内康範氏との親交などについて話を聞いた。



14ページ

エブリイ来春西条店、尾道店をオープン

新規店舗年間2?3店で出店加速
2号線沿い尾道新浜SC内に建設

 夕食材料宅配業の〔株〕ヨシケイ福山を中核として躍進を続けている「ホーミイグループ」の食品スーパーチェーン〔株〕エブリイは7月29日、生鮮壱番館エブリイ焼山店(呉市焼山西3-5-4、池田太店長、電0823・69・0505)を出店したが、来春エブリイ西条店(東広島市西条町西条東字山崎1033外)と尾道店(尾道市新浜1-9-1外)を出店すると発表した。



15ページ

船員不足対策にも熱心に取り組む

海事都市尾道構想の実現へ
推進協議会でプロセス検討

 10月14日、尾道海事事務所で「第2回海事都市尾道推進協議会」が開かれ、尾道市が掲げる“海事都市構想”の実現に向け意見が交わされた。



17ページ

地元食品業者も品質保証の方針を明確に

「業者摘発・逮捕の恐れも」
日本マネジメント、検査キット導入をアドバイス

 今年は国内の食品業界にとって大きい変革期となった。農薬汚染米の不正流通、ウナギの表示偽装と発がん性の抗菌剤被害、殺虫剤混入の冷凍ギョーザ事件、有害物質「メラミン」が検出された牛乳など、中国製食品による健康被害や風評被害が、食の安心・安全を揺るがす深刻な状況を呈している。



21ページ

瀬戸内地ぱんの工場が完成

紫萌堂 25日に店舗もオープン

 無農薬農産物などの企画・加工・販売を手がける平和建設グループの〔株〕紫萌堂(福山市川口町1-6-35、岡田吉弘社長、電084・953・2713)は、同市鞆町後地26-76に「瀬戸内地ぱん」の製造工場「紫萌堂 瀬戸内地ぱん(鞆の浦)工場」(野田直幸工場長、電同982・2978)を完成した。



23ページ

杭谷一東後援会の会員が200人を突破

来年5月にローマで彫刻展
プロジェクトの協力呼び掛け

 世羅郡世羅町出身の環境彫刻家・杭谷一東さんの彫刻展が、来年5月から約6カ月間、イタリア・ローマのアッピア旧街道沿いの古代遺跡を含む3カ所で開かれることが決また。



25ページ

トヨタホーム広島が福山に営業所開設

11月1日、「ピッピ駅家」に
備南で16ラインナップを展開

 住宅メーカーのトヨタホーム広島〔株〕(広島市中区竹屋町8-8、川西祐二社長、電082・504・4480)は11月1日〔土〕、福山営業所(福山市駅家町近田219-1・ピッピ駅家住宅展示場内、前田忍所長、電084・944・8500)を開設する。



33ページ

ライブファクトリーが緑化優良工場に

緑化面積が敷地の73%も
ヒロボーギャラリーも子どもに人気

 ヒロボー〔株〕(府中市本山町530-214、松坂敬太郎社長、電0847・41・6780)の「ヒロボーライブファクトリー」(同市桜が丘3-3-1、電同47・6105)が10月9日、工場緑化を積極的に推進し工場内外の環境整備に顕著な功績があった08年度の「緑化優良工場」として、中国経済産業局長から表彰された。



39ページ

新市にテニス・フットサル専用コート

11/3「ディーフィルド」オープン
ディーフェイズ「嘉楽」で喫茶や食事も

 繊維製品の貿易業務やナース・介護向け製品の販売を行っている〔株〕ディーフェイズ(福山市新市町戸手105-2、池田訓清社長、電0847・54・1388)は、隣接地にある元「戸手テニスクラブ」(敷地1300平方m)をテニス・フットサル(1チーム5人で行うミニサッカー)専用コート「D?FIELD(ディーフィルド)」に衣替え、11月3日〔月・祝〕にオープン、午前10時からオープニングイベントを行う。