2008年8月20日 1276号

5ページ

養殖特有の臭みなく繊細な味が楽しめます!

「尾道のヒラメ」を販売
ICRAS 来年はトラフグも養殖

 トラフグなど、付加価値の高い魚を陸上で養殖する事業を来年10月にスタートする予定の〔株〕ICRAS=イクラス(尾道市新浜町1-4-7・豊和ビル4階、伏見浩社長、電0848・29・3322)は、トラフグに先駆けて養殖魚「尾道のヒラメ」=写真=の販売を始めた。



9ページ

安価なショッピングサイト構築用パッケージS

商品名は「ゼンカートプロ」
ビッグマウス 携帯サイトにも販路を

 システム開発業の〔有〕ビッグマウス(福山市南蔵王町5-13-4、杉本裕司社長、電084・946・6646)は操作性に優れ、安価なショッピングサイト構築用のパッケージシステムを開発、発売した。オープンソースと呼ばれるライセンス形式の商品を利用したことで、従来の10分の1の価格にした。



10ページ

折り込み紙「求人情報でござる」発行

ネット掲載、メール配信で効果上げる
山陽テクノサービス 人材総合サービス業へ脱皮

 人材派遣の〔株〕山陽テクノサービス(福山市南蔵王町4-17-43、河田庄二社長、電084・926・0481)は9月15日〔月〕、求職者向けの新聞折り込み紙「求人情報でござる」を発行する。月1回程度の発行を予定しているが、次の発行までに企業の要請があれば、提携求人情報誌に求人情報を掲載する。



11ページ

「フレスポ神辺モール」に出店

伊料理店「キャナリィ・ロウ」
備後地区に初出店、11月開店

 イタリア料理店などを全国展開する〔株〕キャナリィ・ロウ(愛知県豊橋市平川本町1-2-12、鈴木義人社長、電0532・64・6555)は既報の通り、11月上旬、福山市神辺町川北南之丁に建設予定の大型商業施設「フレスポ神辺モール」にイタリア料理店「キャナリィ・ロウ」をオープンする。県内3店舗目で備後地区初進出となる。



12ページ

北京五輪の厳重な警戒の中をフリーパス

国務院の招待で開会式に
中川美術館館長夫妻 「文化の金メダル」と絶賛

 中川美術館(福山市熊野町1205・鶯の里、電084・959・1248)の中川健造館長と夫人の恵子さんは既報の通り、中国の最高行政機関・国務院から招待を受け、8月8日に北京の国家体育場(通称「鳥の巣」)で開かれた北京オリンピックの開会式に出席した。



13ページ

若手ホープのピアニストのコンサート企画

府中市の草田政昭さんら
10月7日に田村響コンサート

 07年に世界的な「ロン・ティボー国際コンクール」ピアノ部門に弱冠20歳で優勝した若手のホープ、田村響さん(21)のコンサートが既報の通り、10月7日〔火〕午後7時からリーデンローズ(福山市松浜町)で開催される。



14ページ

新鮮な魚介とコシヒカリ使う

釜や 今月の釜めし(蛸)が人気
魚貝・焼きしゃぶも絶品

 商業ビル管理運営の〔株〕エルパラ(福山市内海町崎畑口3782-2、馬場眞二社長、電084・957・2580)所有の料飲ビル「有楽リオン」(同市元町13-5)2階に5月、同社が出店した、釜めし・釜しゃぶ「釜や」(同所、電084・973・9330)では、近海で捕れた旬の魚を使った、「今月の釜めし」(8月は蛸)の企画をスタートした。このたびスタートした新メニュー「魚貝・焼きしゃぶ」も好評だ。



15ページ

松永町に1900坪の敷地を確保し倉庫・工場を増強

山陽工業が大型受注に備え資
材の保有量と加工能力アップ

 空調・配管の資材販売と施工およびホテル事業の山陽工業〔株〕(尾道市高須町904、高橋宏明社長、資本金8800万円、電0848・46・1212)は、福山市松永町で6270平米m(1900坪)に及ぶ用地を取得。年内にも引き渡しを受け、倉庫及び工場として稼働させる計画を進めている。



17ページ

楽寿会、井原市に適合高齢者専用賃貸住宅

高齢者の自立生活をサポート

 介護付き有料老人ホームなどを備える「高齢者総合ケアセンターいばら」経営の〔有〕楽寿会(井原市下出部町2-17-4、原田常司社長、電0866・67・3200)は、同町2-17-2へ井原市では初となる適合高齢者専用賃貸住宅「コーポラティブらくじゅ」を開設した。



19ページ

11月に因島と1月に尾道で記念の演劇公演

本因坊秀策の記念館完成祝い
尾道てごう座 劇団発足10周年の記念行事

 市民劇団NPO法人「尾道てごう座」(尾道市新高山2-2631-73、田島美鈴理事長、電0848・46・3552)は、劇団発足10周年事業として因島出生の碁聖・本因坊秀策囲碁記念館完成を祝い、偉大な秀策の生涯と囲碁文化を題材とした演劇公演を、今秋11月9日〔日〕因島市民会館、来春1月11日〔日〕尾道しまなみ交流館でそれぞれ行うことを決め、準備に着手した。



21ページ

高速船小型化などの新戦略を展開

土生商船 屋形船運行も経営安定に寄与

 因島?三原間の高速船・フェリーを運行する土生商船〔株〕(尾道市因島土生町1684-2、弓場丞社長、電0845・22・1337)は、燃料高騰などによる経営環境悪化の打開策として、高速船の小型化や屋形船の運航などの新戦略を打ち出した。



22ページ

プラネタリウムで「銀河鉄道の夜」体感

頭上を包む最新デジタル映像
甲奴のカーターセンター、開館15周年迎え開催

 カーターシビックセンター(三次市甲奴町本郷940、電0847・67・3535)は、「平和の鐘」が奇縁となって、ジミー・カーター元米大統領が同地を訪れたことを機に建てられ、今年で15周年を迎えた。同館のプラネタリウムで、6月以降、最新のデジタル映像で上映されている「銀河鉄道の夜」が評判を呼んでいる。