2008年8月10日 1275号

9ページ シリーズ(17)知恵を集める 産学共同ルポ

北部副都心に新駅は不可欠
設置研究会が活動を本格化

 今回は、いつもの産学官連携事業と異なり、赤字のローカル線に新駅を作ろうと、懸命な活動を続けている市民グループを紹介する。運動が実り、JR西日本という「産」と福山市という「官」との連携が実現したとき、地域は大きく変わる。



10ページ

菅田・福山商議所会頭が辞任か

ホーコス一連の事件で
後任は藤井副会頭が有力?

 福山を代表する工作機械メーカーのホーコス〔株〕(福山市草戸町2-24-20、菅田雅夫社長)が核兵器開発に転用可能な複合工作機械「マシニングセンター」を不正に輸出したとされる事件で、警視庁公安部などが7月31日に同社を家宅捜査、地元経済界は大きなショックを受け、成り行きを注視している。



11ページ

カードで駐車場が利用できます!

8月中旬に笠岡町に登場
タムラ産業、当面ビサ、マスターのカード

 駐車場システム装置の設置・管理で地場大手のタムラ産業〔株〕(福山市卸町15-11、田村久美子社長、電084・920・3525)は、クレジットカードに対応する駐車場システムを展開することを決め、第1号として8月中旬、「TSパーキング笠岡町」(同市笠岡町、25台収容)に導入する。備後地区で初めてという。



12ページ

パンデミックウィルス予備グッズに

「スーパーネッククール」など
ケンユー、大手企業などから問い合わせ

 厚生労働省はこのほど、新型インフルエンザのパンデミック(大流行)へ向けた対策の新ガイドラインを発表。マスコミ各社も毎日のように新型インフルエンザの脅威を伝え、関心が高まりつつあるなか、衛生小物用品の製造・販売で全国トップの〔株〕ケンユー(福山市曙町4-7-21、占部明雄社長、電084・954・2600)の首筋冷却袋「スーパーネッククール」と脇の下冷却袋「わきアイス」=写真=が、「パンデミックウィルス予備グッズ」として注目を浴びている。



13ページ

海洋深層水でデニム生地の色落ち加工

四川(しかわ)「オーガニックWASH」
環境に良く生地も傷まない

 斬新なノウハウを提供して、安定経営を支援している「池永経営会計事務所」(福山市王子町1-2-24、電084・931・1428)所長の池永章・税理士と、同事務所の小川幸信・社会保険労務士は7月28日、起業家を対象にしたハウツー本「いまさら人に聞けない『はじめての経営』これはどうする?」(B6判、明日香出版、225ページ、1575円)を発刊した。全国有名書店で販売している。



14ページ

GPS配車システム「ナビらくだ」を導入

田島タクシー、車両緊急スイッチで乗務員の安全確保
全国どの場所でも車の位置、状況を表示

 ワンコイン(小型車初乗り料金500円)で営業を続けている田島タクシー〔有〕(本部・福山市東川口4-1-19、谷川壽社主、電084・920・2213)は7月24日、国内全域でタクシーの位置確認ができる、〔株〕ケイマックス(神奈川県海老名市、川野泰史社長)製の防犯重視型「PHS活用GPS配車システム『ナビらくだ』」を導入した。



16ページ

国立バレエモスクワなど、名門バレエ団へ卒業生

三原の藤田真弓バレエ教室
9月2日、福山教室を開設

 モスクワ、ウィーンなどの世界的な名門バレエ団に生徒を送り出している藤田真弓バレエ教室(三原市城町1-23-1中北ビル4階、電0848・67・5838)が9月2日〔火〕、福山に教室を開く。



17ページ

「エフエムふくやま」で多言語放送

ポルトガル語、タガログ語など
ワールドシップ、アジアンサミット開催準備

 福「エフエムふくやま」(77・7MHZ)の協力で3月から福山市及びその周辺で暮らす外国人を対象にした「多言語放送」を開始した外国人支援グループ「ワールドシップ」(福山市霞町4-1-25、村田民雄代表、電084・924・4435)はこのほど、ブラジル人を対象にした第1・3木曜日のポルトガル放送を第1・2・3木曜日に拡大し、さらに第4木曜日にはフィリピンの公用語であるタガログ語と英語放送を始めた。



19ページ

大屋冨幸、高齢者らに配慮

階段に電動昇降機を設置
2階は明治初期の雰囲気に

 〔株〕大屋冨幸(府中市鵜飼町574-4、赤毛慶子社長、電0847・45・4583)が経営する和・洋食の食事どころ、大屋冨幸(=おおやふこう、同所)は、社会の高齢化が進む中で、足の不自由な人にも便利に利用してもらえるよう、2階へ上がる階段に電動昇降機を取り付けた。また、2階の部屋はイス席に対応できる雰囲気に改装した。



21ページ

ボール盤のドリル交換が楽に!

様々な太さに対応する工具
田中製作所がスーパー・ドリルドリフトを発売

 〔有〕田中製作所(三原市小坂町3692-10、田中廣光社長、電0848・66・1461)は「スーパー・ドリルドリフト」と呼ばれる工具を開発、同業者などへの普及を図っている。



22ページ

西福山・大田記念病院が合同親睦会

江草氏と大田氏が発案
病状異なる患者らが交歓

 西福山病院(福山市松永町340-1、大h俊英院長、電084・933・2110)の患者らで組織する「さわやか会」(小間正士会長)と、脳神経センター大田記念病院(同市沖野上町3-6-28、後藤勝彌院長、電同931・8650)の同「虹の会」(小林幹弥会長)が7月27日、合同で親睦会を開いた。



24ページ

フレスポ神辺モールのオープンは11月

ミスターマックス、啓文社など
ハローズは3年後にオープン

 福山市神辺町川北南之丁1554-1などの敷地8万7165平方mに建設の進む大型商業施設「フレスポ神辺モール」は、スーパーを除き今年11月にオープンする予定。