2008年6月1日 1268号

07ページ

「木村 啓君を悼む」

奥村昭和さんが追悼

 弊社顧問の木村啓(79、三原市皆実)が5月16日に亡くなりました。多くの方々に参列していただき、19日に葬儀が三原典礼会館でしめやかに執り行われました(喪主は妻美喜江さん)=写真。生前、皆さまからお受けしたご厚情に対し深く感謝申し上げます。
 ところで、木村と本誌「奥村教授の散歩道」執筆者、奥村昭和さん(福山大学・福山平成大学名誉教授)は兵庫県立加古川中学校の同期生です。木村の死を悲しんで奥村さんから寄せられた追悼文をご紹介したいと思います。木村を偲んでいただければ幸甚です。



11ページ

阿伏兎工場に生産の集中合理化図る

受注センターを開設
阿藻珍味「うをの里」来年20周年

 〔株〕阿藻珍味(福山市鞆町後地1567-1、阿藻盛之社長、電084・982・3333)は、同所にある本社工場「うをの里」が来年に開設20周年を迎えるのを機に、「うをの里」における商業施設の充実・本社管理機能の集中化と、阿伏兎工場(同市沼隈町能登原明神1436-24、電同987・1984)=写真=に生産の集中合理化を図る。



12ページ

経常利益は大幅にダウン

上場9社の3月期 決算今期も減益を予想

 福山・府中地区に本社を置く上場企業9社の08年3月期決算が出揃った。設備投資の活発化や旺盛な海外需要を背景に、連結ベース(2社は非連結)で6社が増収を確保したが、原油高で製造コストなどが上昇した上、サブプライムローン問題に端を発した株価の急落や円高の進行が響き、経常減益も6社に及んでいる。



13ページ

鞆の浦の風景に感激

「人と自然が文化を創造」
杉原夫妻らにお礼の手紙
ロセッティ夫妻が来福

 既報の通り、杉原耕治さん(現代教育研究所=福山市船町1-12、電084・932・6008=代表、元・盈進中学校校長)の長女で、イタリア・フィレンチェに在住し、フィレンチェ大学で文化人類学を学んでいる、ふみ・ロセッティさんが、IT技術者の夫、ジョット・ロセッティさん、哲学者の父親、リビオ・ロセッティ夫妻と共に4月1日?3日に福山を訪れた。このほど帰国したリビオさんから杉原さんと関係者に、日本と福山の感想を含めたお礼の手紙が届いた。



14ページ

錆、汚れ、落書きをシャットアウト

壁、床、塀など塗った面がガラスに
隆晴が施工、無公害素材の「HLG」システム

 油圧・空圧・エンジニアリングサービスの隆晴〔株〕(福山市新涯町2-18-30、吉野幾太郎社長、電084・954・7677)は、壁面、塀、フローリングなどに塗ると「塗布面がガラス」に変わり、汚れを寄せつけなくなる画期的新素材を使った「常温ガラス・コーティング・システム」(HLG《ヒートレスグラス》・System)の販売・施工を始めた。



15ページ

ベトナム人エンジニアの人材採用セミナー

20日に福山商議所で開催
重政商店VCI人材戦略研究所と共催

 国内企業の技術者不足が深刻化している中、高い能力を持つベトナムからの技術者採用に強い関心を持つ企業が増えているという。これを受けて切削・測定・省力機器工具販売の〔株〕重政商店(福山市沖野上町5-21-16、重政義文社長、電084・923・4160)は、6月20日〔金〕午後2時?5時に福山商工会議所(同市西町)304会議室で「ベトナム人エンジニア 人材採用プログラムセミナー」を開く。



16ページ

日本セレモニーが尾道の山波町に典礼会館

マルニ家具店舗跡に開設
今秋のオープン目指す

 下関市に本拠を置く冠婚葬祭業の〔株〕日本セレモニー(山口県下関市王喜本町6-4-50、神田 忠社長、資本金3億0300万円、電083・283・0088)は尾道市に新たな葬祭会館の開設を計画している。



17ページ

広銀の「エコ・ハーモニー」を適用

環境配慮する企業を優遇
柿原銘板製作所 2回目の私募債発行

 スクリーン及びシール印刷などの銘板を手掛ける〔株〕柿原銘板製作所(福山市箕島町99-14、柿原博樹社長、電084・953・8800)はこのほど、環境に配慮している企業を優遇する私募債を、〔株〕広島銀行(角廣勲頭取)を通じて発行した。



18ページ

日東電工尾道事業所がバスロータリーを建設

従業員のバス通勤を促す
将来は尾道の路線バス乗り入れも

 尾道市北部の工業団地で偏光フィルムなどを製造している日東電工〔株〕尾道事業所(尾道市美ノ郷町本郷455-6、電0848・48・2100)は団地内に自費でバスロータリー(旋回場)を建設。大谷秀清所長が尾道市役所に平谷祐宏市長を訪ね「市内の路線バスにも活用してもらいたい」と寄贈した。



19ページ

県産の食材使ったメニューを提供

「地産地消フェア」を開始
通天樓畜産業者や個人農園と協力

 福山市で焼肉店を3店舗運営する〔株〕通天樓(福山市神辺町新徳田3-526-3、広川準子社長、電084・963・5911)は県産の食材を使ったメニューを期間限定で提供する「地産地消フェア」を始めた。