2008年5月20日 1267号

13ページ

商売繁盛でまちづくり

5月24・25の両日に開催のさつき祭りで元気な企業紹介
三原商所の青年部会が企画

 三原商工会議所の青年部会で構成するまちづくり委員会(七川雅仁委員長)は5月24日〔土〕、25日〔日〕の両日、三原市芸術文化センター(ポポロ)付近の宮浦公園で開催される三原さつきまつり会場で「商売繁盛でまちづくり」と題した催しを企画、地元企業の日ごろの活動を市民にアピールする。



14ページ

インパクト、ありますよ!!

大輝 装飾石板を売り出す

 エクステリア工事の〔有〕大輝(福山市川口町1-21-14、さこ輝良社長、電084・953・1955)は、カラフルな自然石を組み合わせた石板「モザイクストーン」を売り出した。庭や玄関、アプローチ、駐車スペース、外壁、タイル張りのテラスなどに用いれば個性的なワンポイント装飾になるという=写真。



15ページ

神原病院の新体制スタート

理事長に神原浩氏、院長に鎌田一郎氏
2年後の百周年に新病棟建設

 特定医療法人 定和会 神原病院(福山市赤坂町赤坂1313、電084・951・1007)は、昨年12月に神原武志・前理事長が逝去して空席となっていた理事長のポストに神原浩院長、後任の院長に医療法人 社団 光生病院(岡山市厚生町)副院長の鎌田一郎氏が就任した。



16ページ

TSUTAYA「1%クラブ」オーナーが福山に

29・30日に鴎風亭でミーティング
モラブス松永・伊勢丘店を視察

 〔株〕モラブス(本部=福山市川口町4-20-8・201号、濱田宏志社長、電084・981・1100)がFC(フランチャイズ・チェーン)加盟しているビデオ・DVD・CDレンタル、書籍販売の全国チェーン「TSUTAYA(つたや)」の「1%クラブ」オーナーミーティングが5月29〔木〕、30〔金〕の両日、ホテル「鴎風亭」(同市鞆町)で開かれる。



17ページ

本誌「基礎講座」の執筆者

「なかさん」一家6人がベトナムに移住
金融、教育などの業務を展開

 本誌「なかさんの基礎講座」担当の中川秀彦さん(45、?インターネットサービス社長=浅口市鴨方町みどりケ丘3-302)は、2年前からベトナムの魅力に惹(ひ)かれ、現地での上場法人の取材および日本企業との橋渡し役となるべくコンサルタント業務を展開してきたが、いよいよ6月に父親、妻、子どもを含め3世代6人でベトナムの首都・ホーチミン市に移住することになった。日本人の3世代家族の移住は同国でも初めてという。



18ページ

ユーホーが県内最大級のホームセンター

東広島に10月開店予定
広店と連携し物流も効率化

 〔株〕ユーホー(福山市多治米町6-3-5、佐藤哲士社長、資本金9600万円、電084・954・9200)はホームセンターとしては県内で最大級となる店舗を今秋東広島市にオープンする。



21ページ

アサムラサキがモンドセレクションで金賞

かき醤油など5品
海外への本格進出も狙う

 しょうゆ、調味料メーカー、〔株〕アサムラサキ(笠岡市茂平989、藤井直彦社長、電0865・66・2727)は、主力商品の「かき醤油」など5品を、初めて世界的に権威のある食品コンテスト「モンドセレクション」に出品し、全品金賞を受賞した。6月2日にオーストリアのウイーンで授賞式が開かれる。



23ページ

独自のM&Aで尾三地区への出店加速

12店目の高須店、7月開店
オンリーワン2年後に15店舗体制めざす

 福山や尾道市内に生鮮食料品ディスカウントストアを展開する〔株〕オンリーワン(福山市引野町1-1-1、下井豊社長、電084・943・5511)は独自のM&A方式で尾三地区への出店を進める。



25ページ

新店舗加え30日リニューアルオープン

福山ロッツ、貸しホール・催事場を新設
ビアガーデンは好評営業中

 JR福山駅西地区の大型商業施設・福山ロッツ(福山市西町1-1-1、三笠博司館長、電084・991・5111)は、新規2店舗を導入し、既存の3店舗ほかを改装、貸しホール・催事場を新設して5月30日〔金〕、リニューアルオープンする。



28ページ

駅家町・蛇円山ふもとにワサビ農園

こだま安全農試、名称は「服部わさび園」
6月7日にオープン

 乾燥野菜メーカーのこだま食品〔株〕(福山市駅家町、児玉昌造社長)の子会社で農産物生産加工などのこだま安全農試〔株〕(同市駅家町法成寺1685-1、児玉達朗社長・こだま食品会長、電084・970・2107)は6月7日〔土〕、新鮮な地下水を利用したワサビ農園を開く。