2008年5月1日 1265号

8ページ 

大田慎三氏「人に優しい脳血管内治療」出版
図や写真で手術の内容説明
大田記念病院「いい病院ランキング」全国6位に

 脳神経センター・大田記念病院(福山市沖野上町3-6-28、大田泰正理事著、電084・931・8650)の大田慎三脳神経外科部長は4月15日、研修医や手術前の患者向けにカテーテル治療の症例を分かりやすくまとめた「人に優しい脳血管内治療」を執筆し、財団法人・福山通運渋谷長寿健康財団(同所、大田浩右理事長、電084・931・1033)が出版した。



9ページ

先端機器を駆使し、迅速に診断

竹本内科循環器科、中心市街地に開業

 福山市の中心市街地で、JR福山駅にも至近の同市大黒町1-8に4月下旬、竹本内科循環器科(竹本雅雄院長、電050・1220・8886)がオープンした=写真。24時間計測できる心電計や心エコー、超音波、負荷心電図といった最先端の検査機器を導入、確定診断の迅速化を図っている。



10ページ

「お米のパン」普及活動が全国的な広がり

仕掛け人は福山の織田信博氏
シットリ、モチモチの食感が好評

 オフィス・ODA(福山市藤江町762、電084・935・7566)の代表、織田信博氏が展開している「お米のパン」の普及活動が全国的な広がりを見せ、注目を浴びている。



11ページ

「有楽リオン」にリニューアル

エルパラ、2階に「釜や」5月中旬開店
釜飯としゃぶしゃぶの店

 不動産売買、商業ビルなど管理運営の〔株〕エルパラ(福山市内海町崎畑口3782-5、馬場眞二社長、電084・957・2580)は、同社所有の料飲ビル「正興会館ビル」(同市元町13-5)を「有楽リオン」に名称を変えてリニューアル、2階に釜飯としゃぶしゃぶの店「釜や」(金光真二店長、馬場真理・女将)を5月中旬にオープンする予定。



12ページ

府中焼きを全国ブランドに

34店で「広める会」を設立

 府中市民に長く愛されている個性的なお好み焼き「府中焼き」を全国ブランドに育てるため、地元の店主らが「備後府中焼きを広める会」を設立した。店同士が協力し合い、固有の食文化を全国発信しよう?と店主有志らが昨年4月から月1回、情報交換会を開き、設立準備を進めてきた。



13ページ

“おのみちの水”誕生

良好な品質をアピール
三原の田治米鉱泉所が製造
尾道は災害備蓄用に確保

 尾道市(水道局)は災害時の備蓄用として開発した飲用水をペットボトル入り(500リットル)で7500本分確保した。市内の久山田水源地を水源とし、長江浄水場で浄水処理したものをさらに高度処理(活性炭処理・熱処理)したこの水はカルキなどの臭いもなく「おのみちの水」と名付けてその品質のよさをアピールしている。製造コストは1本あたり104円。



14ページ

フロアメンテナンスの悩みを解決

ワックス掛けよりも優れた光沢と耐久性
三原のクローバーUFHコート普及

 ビルメンテナンス業の〔株〕クローバー(三原市久井町下津1393-1、野村俊明社長、電0847・32・7799)は、フロアメンテナンス(床清掃)に「UFHコート」と呼ばれる施工法を導入。従来のワックス仕上げに比べ「滑りにくい」「傷がつきにくい」「美しさと耐久性を持続」などの利点を上げ普及に努めている。



15ページ

オーダーシャツの受注が増加

ベクトル、昨年末から楽天に出店
同社に出向けば採寸も

 〔株〕ベクトル(福山市東深津町3-13-33、田辺敏幸社長、電084・973・2785)が昨年12月、インターネットの楽天に出店し販売している、オーダーシャツの受注が順調に増えてきた。3千円強でオーダーシャツが購入できるとあって、企業家、サラリーマンの間で話題になっている。備後地区では同社に出向いて直接注文するケースが多いという。なお、4月から「ネクタイ・カフスボタンセット」の販売を始めた。



17ページ

バス内で雨傘をパック、降車時に袋も回収

タムラ産業、新型「パオパオ」を開発
静岡のバス会社から開発依頼

 駐車場システム装置の設置・管理で地場大手のタムラ産業〔株〕(福山市卸町15-11、田村敏治会長、電084・920・3525)はこのほど、バス搭載用の雨傘自動パック機と雨傘袋回収機を開発、全国をエリアに販売を展開する。



19ページ

修和産業、レンタル倉庫事業始める

土地所有者の需要開拓

 建設、不動産業の修和産業〔株〕(福山市鞆町鞆136-23、山川孝仁社長、電084・970・5757)は、レンタル倉庫事業を展開する「アーススペース事業部」(電0120・24・7385)を設け、1号店として同市手城町3-646-4にレンタル倉庫「アーススペース」を開設した。