2008年3月20日 1261号

11ページ

環境にやさしく、衣類に安心な溶剤を使用

中四国初、ソルカンドライ機を導入
ハクスイ「チーム・マイナス6%」参加申請

 クリーニング業の地場大手、〔株〕ハクスイ(福山市山手町5-30-22、山田益司社長、電084・949・0456)はこのほど、オゾン層破壊係数ゼロの環境にやさしく、衣類に安心な溶剤を使う「ソルカンドライ機」(〔株〕東京洗染機械製作所製)2機=写真=を中四国地区で初めて導入した。



12ページ シリーズ

福山市議選立候補予定者はかく訴える 第4回

落合真弓(おちあいまゆみ)(56)

 まちづくりの決め手は、地域のいいところを住民が見極め、活かしていくことにあります。
 たとえば、福山の顔である「福山城」「鞆の浦」をどのように活かすかです。福山城の外堀の遺構を活かして公園を造ろうという「水辺公園プロジェクト」には、2ヶ月余りで10万人以上の署名が集まりました。これは、今までの福山市の事業の決め方への異議申し立てに他なりません。
 また、鞆の埋め立て架橋事業も、住民の合意形成や正確な説明責任がないまま進められています。イコモス(世界遺産の調査機関)が福山市に3回も計画中止を勧告しているにもかかわらずです。
 市議会議員の役割とは何でしょうか? それは住民の意見をきめ細かく聞き、それをまとめ、対等な立場で議論できる場を作ることです。町づくりの計画を住民とともに作り、予算を取ってくる力は、これからの地方分権時代において必須条件と言えます。
 私はしっかりと役割を果たして、住民満足度の高い市議会を実現していきます。
▽プロフィール=1952年生まれ。法政大学文学部卒。10年前、転勤により福山に。ごみ5R推進本舗代表。環境カウンセラー。FMふくやまの環境コーナーを担当。ばら祭では、中学生らボランティアとともに、20トンもあったごみをゼロに。エコでえ〜ことキャンペーンの企画、環境・生活情報誌『エコロジンα』の発行など、環境に優しいまちづくりを推進している。
▽後援会事務所=福山市三吉町南1?11?20、電084・971・7565。



13ページ シリーズ

福山市議選立候補予定者はかく訴える 第5回

小林しげひろ(こばやししげひろ)(52)

 “生(く)活(ら)してみたい街、福山”をテーマに私は行動します。
 現在我が国は、少子高齢化社会への対応、地球温暖化対策、景気低迷への対応、教育などさまざまな課題が山積しています。これらの課題に対応するために、国や地方自治体では現在大幅な改革を断行しています。
 50万都市としての備後の中核を担う福山市にとって、これからは県同士の合併を行う道州制や地方分権の推進、さらにはそれらに伴う制度改革や景気の動向など予測困難な時代へ突入することが予想されます。
 こうした状況の中で、福山市民の福祉をいかに確保していくか、また今後の福山市をどのように発展させていくかが次期へ向けてのテーマです。
 これからは、今後の福山市の市政運営に携わる一員となり、さらなる資質の向上と市民の皆様の付託にお応えできるよう努めてまいる所存です。
▽プロフィール=1955年9月生まれ、走島出身。福山市立走島中学校、広島県立葦陽高校卒業後、広島大学生物生産学部へ入学。卒業後、水産関係に携わり、92年に福山市議会議員初当選後4期連続当選。昨年6月には福山市議会副議長に就任。
▽後援会事務所=福山市草戸町2丁目10-11、電084・921・3250。



14ページ

「地元の人もウエルカム」

下り線の商業施設を一新
山陽自動車道福山SA

 道路公団の民営化で誕生した西日本高速道路サービス・ホールディングス〔株〕(本社・大阪市)は「立ち寄る場所から行ってみたい場所へ」をキャッチフレーズに高速道路のサービスエリア(SA)を相次ぎリニューアルしており、関係地域では福山SA(下り線)を全面改築中でゴールデンウィーク前の完成を目指している。



15ページ

介護施設にエコロードを設ける

生協ひろしま 地元のNPOと提携

 〔生協ひろしま(廿日市、林 辰也理事長)は4月1日、コープデイサービス山手・はいから坂(福山市山手町2-7-16、相坂千之管理者、電084・949・0810)をオープンする。



16ページ

2人を1人で手厚くケアします

山手町の風花 利用者は10人まで

 利用者を10人以内に絞り、家庭的な雰囲気の中で1人ひとりを手厚くケアする少人数制のデイサービスセンターが福山市山手町にオープンした。



17ページ

オーザックが太陽光発電設置

二酸化炭素の削減狙い
NEDOとの共同研究進める

 ワイヤーロープの結合金具など製造の〔株〕オーザック(福山市鞆町後地白茅26-229、岡崎隆社長、電084・982・3258)は、環境負荷軽減への取り組みとして本社工場の屋根に太陽光発電装置を設置した。



21ページ

歩くだけで半年間に20kgもダウン

正しい靴選びと歩き方で実現
酒井純さんシューズラボ「Cue」の顧客

 ウオーキングだけでわずか半年間に約20kg近く体重を落とした?。シューズラボ「Cue(キュー)」(福山市宝町2-26、電084・921・1366)の利用客からそんなデータが出て、オーナーの松下誠さんも驚いている。



24ページ

企業再生を支援するSRC広島支部発足

備後地区に専門家10人
4月10日に広島で設立総会

 中小企業の活性化や支援を目的に税理士、公認会計士などの専門家で作る、有限責任事業組合(LLP)企業活性化支援センターひろしま(広島市中区八丁堀6-11、大原邦夫代表組合員、組合員40人、電082・224・5104)は企業再生を支援する専門家全国ネットワーク「有限責任中間法人事業再生支援協会」(略称SRC、本部・東京都新宿区、出津 平理事長)と業務提携し、4月10日〔木〕、中国地区2番目となる広島支部(深山暁支部長)を発足させる。



44ページ

グループブランド「TERAL」導入

4月1日から〔株〕テラルに
グループ会社は国内外11社

 ポンプ、送風機のトップメーカー、〔株〕テラルキョクトウ(福山市御幸町森脇230、菅田博文社長、電084・955・1111)は、4月1日付けで新しいグループブランド「TERAL(テラル)」を導入、社名をテラル〔株〕に変更する。