2008年2月20日 1258号

9ページ

2階にミックス・オーがオープン

福山ロッツスプリングフェアを開催中
屑星、妹尾みほ、ミスティのイベント

 JR福山駅西地区の大型商業施設・福山ロッツ(福山市西町1-1-1、三笠博司館長、電084・991・5111)は2月20日〔水〕、スプリングフェアをスタートした。3月23日まで。
 フェア春の抽選会は、5千円の買い物をすると応募できる。A賞グァム旅行、B賞韓国旅行、C賞沖縄旅行、D賞黒川温泉旅行などが当たる。



9ページ

社告

福山市議会議員一般選挙立候補予定者の皆様へ。

 福山市選挙管理委員会は2月6日、立候補予定者説明会を開き、4月6日〔日〕、市議会議員選挙を実施する予定で計画を進めています。
 弊社は、普段から企業、個人を問わず講読者の方からの取材依頼にはできるだけ対応するようにしています。
 弊誌をご購読していいただいている市議選立候補者の方で、紙面にマニュフェストを掲載したい、事務所開きの告知をしたい、立会演説会の日時を掲載したい?などのご要望がございましたら、対応致しますのでご一報下さい。
 なおマニュフェストにつきましては、「福山市議選候補者は かく訴える」という表題で記事フォームを決めていますので、それに沿って情報提供頂ければ幸いです。
経済リポート代表電話TEL084・931・2000 FAX084・921・0244
Eメール info@keizai.co.jp。



10ページ

コーマ生地やストライプ柄の帆布など使用

ユナイテッドビーズ、新タイプのバッグを販売
地元の優秀企業とタイアップ

 帆布製小物や文房具の企画、販売でユニークな商品を開発し、全国的に知られるユナイテッドビーズ〔株〕(福山市南手城町2-21-4、高上徳浩社長、電084・973・1168)はこのほど、手触りの良さと強度を持ち合わせているコーマ生地や、先染め糸で織り上げた鮮やかなストライプ柄の帆布や、牛革を使用したトートバッグ(大きな手さげ袋)とツーウェイバッグ(多機能バッグ)など計8種類を発表し、同社直営店「さんすて福山店」(同市三之丸町30-1、電同973・0260)で販売を開始した。



11ページ

「品質、安全、環境の法令順守について」

日本マネジメント、3?7月に人材育成セミナー
企業が果たす社会的責任を強調

 ビジネスコンサルティンググループの日本マネジメント西部地区事業部(福山市紅葉町3-33・第一福山ビル6階、外園重光理事長=写真、電084・923・8731)は、3月から7月まで行う「08年度 即戦力養成コース 人材育成セミナー」を発表した。



12ページ

買い物代行サービスで高齢者に安心を!

介護サービス事業のあんしん
送迎に加え4月からスタート

 尾道と福山で高齢者の通院送迎を行っている〔有〕あんしん=介護サービスあんしん(尾道市浦崎町4608-3、神原暢幸社長、電084・930・5055)は、4月から全国的にも珍しい「買い物代行」を新たに加え、高齢者の暮らしに役立つサービスを充実させる。



13ページ

院長に奥野哲二氏が就任

日本鋼管福山病院、形成外科も診療開始

 日本鋼管福山病院(福山市大門町津之下1844、電084・945・3106)の新院長に内科医の奥野哲二副院長(58)が就任した。前院長の吉田智郎氏は医療法人理事長として後方支援に回り、副院長には整形外科部長の内田陽一郎氏が就いた。



14ページ

5月にコミュニティーハウス愛の郷笠岡

エルダーサポート協会、高齢者向け賃貸住宅を開所
小規模多機能Hに併設

 グループホーム「愛の郷」を5施設、小規模多機能ホーム4施設、高齢者向け賃貸住宅2カ所を福山や笠岡市で運営するNPO法人エルダーサポート協会(福山市千田町藪路924-2、田辺敏雄理事長、電084・955・2379)は5月、高齢者向け賃貸住宅「コミュニティーハウス愛の郷笠岡」(笠岡市生江浜585-3)を開設する。愛の郷引野(福山市引野町北)、同道上(同市神辺町道上)同様、小規模多機能ホームに併設して建設する。



15ページ

06年度後期政務調査費を検証

福山市民オンブズマン
領収書・報告書が添付され評価できる
高価備品の年度末まとめ買いは問題

 税金の無駄遣いを監視するため市民らで結成した「福山市民オンブズマン会議」(福山市北美台、丹下一夫代表、電084・927・7253)はこのたび、2006年度後期の福山市議会議員政務調査費について分析を発表した。



16ページ シリーズ

福山市議選候補者は かく訴える 第1回

門田雅彦(もんでんまさひこ)(53)

 市民の皆様が安心して暮らせるよう、また活力あふれる福山市を作りたいとの思いで立候補を決意しました。明日の福山市のために精一杯努力する所存です。立候補する際に次の3点をアピールしたいと思います。?「生活者の側に立つ政策!」=市民参加の清潔な市政の確立▽少子・高齢化社会に対応した環境づくり▽心身障がい者対策など社会福祉のさらなる向上?「活力あふれる福山市を!」=中小・零細企業の保護・育成と地域経済の活性化▽青少年の健全育成を図り、水と緑豊かな住みよい生活環境づくりを推進?「環境、自然との共生、教育の充実を!」=共生循環型社会(リサイクル社会)へのシステムづくり、災害などの危機管理体制の確立▽豊かな人間教育、潤いのある文化、スポーツの振興推進。
 特に、美術大学出身の経験を生かし、多くの方が住みよく、かつデザイン性の豊かな街づくりに尽力できれば、と考えております。
▽プロフィール=1954年9月生まれ。福山市立南小学校、同立城南中学校、広島山陽高校を経て武蔵野美術大学産業デザイン学科へ。卒業後、全国チェーンの〔株〕三松に入社し、店舗デザインを手掛ける。82年に帰福し、美術大学進学塾経営後、84年に印刷会社の〔株〕セイブンドー入社。今回の市会議員立候補するため1月末に退社。現在、公明党広島第7総支部 福山中央支部副支部長。
 趣味は音楽・映画鑑賞。好きな言葉は「継続は力なり」。
▽後援会事務所=福山市昭和町7-17、電084・922・1027。