2008年1月20日 1255号

9ページ

2月9日に経済リポートの特別セミナー

佐藤貢事務所共催、お金を生み出す経営のコツ
社長も喜ぶ正しい節税の極意

 本誌・経済リポート主催、〔有〕佐藤貢保険事務所(福山市西町1-14-9、佐藤貢社長、電084・925・1880)共催で2月9日〔土〕午後1時半から4時まで、ウエルサンピア福山(同市緑町、電同921・3131)3階梅の間で、“経営者”“経営者の奥様”対象の特別セミナー「会社にお金を生み出す?経営のコツ」を開く。



10ページ

迅速な診断や利便性の向上図り

開放型のMRIを導入
優輝整形備後の診療所で初

 優輝整形リハビリステーション(福山市神辺町川南105-1、重政勝之院長、電084・962・4004)は、圧迫感や閉塞感の少ないオープン型のMRI(磁気共鳴画像装置)を導入した。確定診断の迅速化や患者の利便性向上などが狙いで、高価なMRIを備える診療所は、脳外科を除けば備後地方で初めてという。



12ページ

町工場の経営者が特許を取得

廃液を完全処理する装置開発
東根製作所、環境対策製品に独自のアイデア

 1965年の創業以来、環境対策製品の開発を続けている〔有〕東根製作所(尾道市向島町5578-3、東根秀幸社長、資本金300万円、電0848・44・1393)は昨年、工場などから排出されるさまざまな廃液を処理する装置を考案し特許を取得した=写真。さらに今年は廃材等をガス化して燃料に応用する装置の特許取得を目指して出願を済ませるなど、この分野での地歩を着実に固めている。



13ページ

倒産件数変化なしも環境の悪化が懸念

07年度備後の自己破産は35件

 失われた10年を経て、バブル型の倒産はほぼ終息し、倒産件数は沈静化しつつあるが、勝ち組負け組みの色分けがより鮮明となり、企業の実力・真価が問われる時代に突入した。



14ページ

シャルドネ福山店が本格販売

風格ある自然素材・天然木
イー・ケイ・シー、家具職人の手づくり高級家具

 〔株〕イー・ケイ・シー(福山市曙町1-16-10、安松久美子社長、電084・971・8590)は、自然素材・天然木家具ショップを全国37カ所で展開している〔株〕シャルドネ(岐阜市)にフランチャイズ加盟し、このたび「シャルドネ福山店」(福山市曙町1-16-10、西木康祐マネージャー、電084・971・8570)を出店した。



15ページ

貸金庫や駐車場、大幅に拡充

中国銀行府中支店、駅前で21日から稼働

 府中市高木町の仮店舗で営業していた〔株〕中国銀行府中支店(寺坂幸治支店長)の新店舗が、JR府中駅前の同市府川町1-3に完成、1月21日〔月〕から稼働する。



17ページ

笠岡市富岡に複合商業モール

ハローズ11月にオープン
ププレひまわり、モラブスも出店

 食品スーパー、近隣型ショッピングセンターを広島県東部、岡山県で展開している〔株〕ハローズ(本部・福山市神辺町川北1435、佐藤利行社長、電084・962・5588)は、笠岡市富岡字元8丁目232-1ほかへ複合商業施設「笠岡モール(仮称)」を出店する届け出を提出した。



21ページ

尾道市営バスが4月から民営化

3セクでおのみちバス〔株〕設立
社章とロゴ、キャラクター募る

 08年4月から第3セクターへ移行する尾道市営バスは、新たに設立する「おのみちバス〔株〕」の社章とロゴ、イメージキャラクターを募っている。
 尾道市営バスは1932年(昭和7年)に一般乗合自動車としての免許を受け営業を始めた。以来、70年余の歴史の中で乗客数は1961年の1318万人をピークに減少し、06年には302万人と4分の1に落ち込んだ。



40ページ

日経レストラン・メニューグランプリの決戦に

ビストロブールブランの藤谷さん
ファイナリスト8人に選ばれる

 フランス料理「ビストロブールブラン」(福山市桜馬場町6-29、電084・922・7707)のオーナーシェフ・藤谷エイジさんは、昨年12月に大阪・あべの辻調グループ校で開催されたフードビジネス業界誌最大手「日経レストラン」(日経BP社)主催の「第14回日経レストラン・メニューグランプリ」に出場、3月に開かれる決戦に出場できるファイナリストに選ばれた。