2007年3月1日 1223号

11ページ

お互いに刺激し合って技術向上

倶楽部よんじゅう志
40歳代の店主4人が結成

 福山市内の中心街で頑張る40歳代の店主4人が、お互いに刺激し合って技術を向上するためにグループ「倶楽部よんじゅう志(し)」を結成した。



12ページ

「中華ダイニング・青冥」にリニューアル

洗練された空間で創作中華を
フューレック3月中旬にオープン

 備後地区で映画館、サウナ、レストラン経営の地場大手、〔株〕フューレック=前・藤本興業〔有〕(福山市笠岡町4-4、藤本慎介社長、電084・924・1820)は同町4-1のインペリアル会館1階にある中華料理「青冥(ちんみん)」をリニューアルし、3月中旬に「中華ダイニング・青冥」(電同931・3505)としてオープンする。



13ページ

「比婆連山の水」を全国展開

磁気活性水の製造プラント吾妻山麓に完成
山水工業アトピーも改善した!!

 JFEスチール向けに機械器具設置工事、修理を手がける山水工業〔株〕(福山市鋼管町1、松井良治社長、電084・943・0580)は、磁気を利用した活性水「比婆連山の水」の製造販売に乗り出す。



14ページ

ウェブラジオの実証実験始める

内海町など難聴エリア対策
エフエムふくやま、ネット回線で音声と動画配信

 コミュニティ放送局の〔株〕エフエムふくやま(福山市西町2-10-1福山商工会議所ビル1階、鈴木康平社長・田中宏行局長、電084・920・8777)は3月1日〔木〕から、音声とスタジオ内外の映像を、インターネット回線を通じて「ストリーミング配信」する「ウェブラジオ」の実証実験を始める。



15ページ

Uターン希望者、ピークからほぼ半減

景気回復で売り手市場に

 Uターン就職の希望者が減り続けている。福山、府中市とハローワークなどでつくる福山地方Uターン就職協議会(事務局=福山市労政課、電084・928・1040)によると、今年度の登録者はピーク時からほぼ半減し、逆に、Uターン希望者の雇用に前向きな地元企業は増加傾向にあるという。



16ページ 

新たな産業団地の開発へ

旺盛な需要にこたえる
尾道市が調査費を予算化

 尾道市の県営流通団地は3月の完成前に企業誘致説明会を開催、110社が集い熱気に包まれた。1・2工区の分譲率は98%とほぼ完売。最終の3工区も既に3社が買うことが決まっており、残り30%余の分譲地も今回の説明会に出席した企業が関心の高さを示していることから間もなく完売の見通しだ。



17ページ

全国431店目、岡山9店目

食辛房、まいどおおきに・岡山総社食堂出店
フリースタンディングで自由に選ぶ

 韓国家庭料理・焼肉レストランを広島・岡山両県で展開している〔株〕食辛房(福山市沖野上町1-9-30、徳永靖諷躾社長、電084・927・9141)は2月14日、まいどおおきに食堂「岡山総社食堂」(総社市総社31-1、0866・92・0141)を出店した。



19ページ

広島スチール工業本社・工場を移転

効率アップなど図る
チタンの加工も可能に

 鋼板加工の広島スチール工業〔株〕(井上阿佐雄社長、電0865・66・1213)は、笠岡市西茂平9から第二工場のあった同市茂平1372-4へ本社を移転した。



21ページ

エッ、大根おろしを粉末に?

こだま食品、「さっ速(そく)おろし」を製造・販売
業界初農水省・経産省の認定

 「せんい&ミックスベジタブル」で昨年、野菜粉末として日本初の特定保健用食品の認可を受けた、こだま食品〔株〕(福山市駅家町法成寺1575-9、児玉昌造社長、電084・972・7777)は経済産業省の新制度「新連携計画」の認定を受け、大根おろしパウダー「さっ速(そく)おろし」の製造販売に着手する。



25ページ

新店やリニューアルオープン

DEPAPEPEライブが4日に
福山ロッツ10日に春日クリスティ宏美トリオライブ

 JR福山駅西地区の大型商業施設・福山ロッツ(福山市西町1-1-1、三笠博館長、電084・991・5111)は3月3日〔土〕―25日〔日〕まで、「スプリングフェア」を開く。フェアに合わせた新店舗のオープンと館内リニューアル、各種イベントがある。